いちごポッキーとミルクティ

うさぎ
時々好きなもの、好きな時間

あきらめ

2016-07-29 08:41:53 | 日記
今日の朝ゴミだしに出たら、綺麗な濃い青空に大きなむくむく積乱雲が。

夏になりましたね~。

確かに梅雨が明けてるわと思いました。


5月下旬から浄化がありまして。

持っていた「あきらめ」の気持ちがどっかーーーんと出てきました。

今思うとものごころ付いた時からずっとこの思いは私と一緒でした。

あまりに一緒なので、持っていることすらわかってなくて。

ただ、なんか普通に生きているのに、普通の生活の中でふっと「むなしーーー」と湧いてきたり、楽しいことをしているのにテンションがあまりあがらないとか。

私はもとのテンションが低いんだなと思っていましたが、どうもずっと「あきらめ」の思いが底辺に漂っていたのかなと思います。

それが浄化が過ぎるに従って少しずつ少しずつわかってきました。

そして本当はあきらめていたくなんかなかったし、いろいろ希望を持ちたかったし、未来を信じていたかったんだなと思いました。


5月下旬から足の筋を痛め、実はずっとおなかの調子も悪く、心もまっくらけで結構しんどかったんですけど、ようやく全部上向いてきました。

二ヶ月かかりました。

それでもこの「あきらめ」を自覚できたのは本当に大きかったです。

自覚できれば、対処もできるし、自分を癒す努力もできます。

楽になっていきたいと思います~。
コメント

アジフライ

2016-07-25 19:52:18 | ごはん
週末、生協の店舗に骨が抜いてある新鮮なアジがあったので、買ってフライを作ることにしました。



やっぱりおいしかった~。

惣菜のアジフライを買うこともたまにありますが、やっぱり揚げたてはものすごくおいしかったです。

週末は私とだんなさまと二人でご飯を作れるので、普段はめんどうで避けるフライも作れます。

今度はイカフライもいいな。

キャベツの千切りはだんなさま作で、以前の1センチの千切りからものすごい進歩してます。



今日はトリートメントの補講でした。

前はトリートメントをすると体が硬直して、本当に疲れやすかったんです。

でもトリートメントへの苦手感が減って、体の緊張が減って、今回はあまり疲れなかったです。

受けるほうも気持ちがよくて結構寝ていました。

楽になったなぁ、嬉しいなぁと思っていました。


コメント

メロンプリン

2016-07-22 15:21:03 | おやつ
先週土曜日にモロゾフでメロンプリンを買ってみました。



メロンだから色は緑?とか思いましたが、普通のプリン色でした。



味は確かにプリンでした。

香料がすごいのでしょうか、本当に夕張メロンっぽかったです。

普通においしかったのですが、この後普通のプリンを食べて、やっぱり普通は偉大だと思いました。。。


猫たちは相変わらず家の周りにいます。

昨日は夜中に4回ぐらい鳴かれて、起きました。

なんで真夜中に鳴くんでしょうね~。

二種類の鳴き声があったので、母ネコと子猫が鳴いていたのかな。

なんだかここらへんはちょこちょこネコが真夜中に鳴きます。


コメント

子猫

2016-07-18 19:38:41 | 日記
夕方、だんなさまが庭の枝きりをしてくれていたのですが、始めてから3分ぐらいして私を呼びに帰ってきました。

何かなと思ったら、子猫がいる!と。

あらまぁと見に行ったら、門柱の裏あたりにいました。

まだ小さいから声量がなくてまったく迫力はないのですが、「ふしゃー」って口を逆三角にして威嚇してます。

でも、こちらを威嚇しつつも動こうとしないんです。

しょうがなくだんなさまはその10センチそばあたりの枝をばちんと切ったら、ぶしゅとどっから出ているのかわからない音を発して飛び上がって逃げていきました。

二人ともかわいいと思いつつ、いつかれても困るので、困ったね~という感じで、私は以前買った猫の匂いの忌避剤をいたあたりにまいておきました。


だんなさまの枝きりを見るべく、窓から見ていたら、またすたすたーーと逃げていく子猫を発見。

門柱の近くです。

よっぽどここらへんが気に入っているのでしょうか。


さらに枝切りも終わり、だんなさまも家に入った後、なんとなくまた来ないかなとカーテンを少しあけて外を見ていたら、また子猫が来ました!

さっき逃げた方からまた来ています。

でもだんなさまが枝きりした枝がどんと道を防いでいるので、子猫はそろりそろりといつもの石垣の道からはずれ、枝きりの山を迂回してゆっくり用心して歩いていました。

その歩き方が本当に地雷でも埋まっているところを足をそろりと出しながら歩く感じで。

とても可愛かったです。

私はカーテンの隙間からじーーーっと見ていたのですが、気づかれなかったです。

私の目の前をそろりと歩いていって、一番初めに見つけた門柱の裏にどっかり座り込みました。

それがこの写真。

このたたきを横切って行ったんです。私はずっとカーテンの隙間から見てました。

美猫です。


お風呂からあがっただんなさまも呼んで二人で見ていたら、またふしゃーーって小さな声で威嚇されました。


そして数十分後、母猫がやってきて(鳴いたのでわかりました)、子猫は去っていきました。

あんなにあの場所にこだわったのは、母猫と約束でもしていたのでしょうか。ここに迎えに来るからと。


それにしても私はこのたたきのそばにそれなりの量の猫の忌避剤をまいたのですが、やっぱりこういうのは本当に効きませんね。。

コメント

調べ物

2016-07-15 10:21:12 | 日記
ネットのことを素晴らしいと思うのは調べ物をしたいと思い立ったときです。

さすがにとても専門的なことは無理ですけど、新聞に書いてあることで何か疑問が浮かんだときにネットを調べるとある程度の答えを得られます。


私が大学生の時、大学院生の時もこんな便利なものはありませんでした。

わからなければ、本をいろいろあたって調べなければいけません。

で、その本がなければ図書館にまでいかなければいけません。

そこまでするほどじゃない・・・じゃいいやっていうのが多かった気がします。


例えば集団的自衛権、この言葉の意味が知りたいと思っても、昔だと多分そのものを書いてある部分にたどりつくまで時間がかかります。

新聞をいくつか見たり、あと辞書も引いたり(あるのかな?)。

だいぶ時間と労力をかけてやっとわかります。

でも今なら検索にかければ一発でwikiが出てきます。

本当に便利だな~と感心します。


ただ、ネットの情報は玉石混交、いろんな情報があるので、全部を鵜呑みにはできないというのがありますよね。

もともと本だって全部を鵜呑みにはできないんですけど。

グリム童話の論文を調べていた時に、本当に書く人によって正確さがものすごーーーく違うことに驚きました。

適当な人は引用も適当。(笑)

私がついていたグリム童話の研究者の先生(もう退官された先生でした)はものすごく正確で厳格で誠実でした。

そばでそのお仕事への姿勢を見させていただきながら、ずっと尊敬していました。

そしていろんなグリム童話に関しての論文があるなか、多分この先生が一番厳格だと感じていました。

なので、本が出てるとそれだけで正しいことが書いてあると思いがちだけど、鵜呑みにしない姿勢は大事だなと思ったのでした。


今はまだ手をつけていないんですけど、コーランについて知りたいなと思っていて。

イスラム教の原典にどんなことが書いてあるのかな~と思っているのでした。
コメント