国際交流のススメ

舞台芸術・海外公演に関する情報をニューヨークから発信します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

June Havoc Theaterって

2009年08月31日 | NYの小劇場



今日はNYでレンタル可能な小劇場を紹介したいと思います。

その第1回目はJune Havoc Theaterです。マンハッタンの34丁目から57丁目の間、6アベニューから西側をシアター街(Theater District)と呼びますが、ブロードウェー・ミュージカルを上演するような大劇場以外にもJune Havoc Theaterのような小規模の劇場が多数存在しています。その殆どの劇場で客席数は99席以下に抑えられています。実はこの99席以下というのにはスペースの問題以外に大きな理由があります。

テクニカルスタッフにユニオンがあるように、役者にもActors Equity と呼ばれるユニオンがあります。Actors Equityでは、客席数と役者へのギャランティに一定のルールを定めています。例えば99席以下の劇場での公演はShowcaseと呼ばれるカテゴリーに入るのですが、このカテゴリーの場合、謝礼の最低保証が交通費程度で最も安く、これを超えますと、その最低額が何倍かに跳ね上がります。

またNYは土地が非常に狭いですから、元はオフィス・ビルだった建物の一室を改装して劇場としているところも多く、どうしても天井高も低くくなりがちです。また機材はどこも(日本に比べると)古くて、台数も少なく、メンテナンスの状態も良くありません。ただ、99席以下の場合、1週間のレンタルで$2000ぐらいからありますし、高い劇場でも$4500程度で借りられます。また床や壁も塗装できる劇場が殆どですから、そういった自由度も高くなります。

June Havoc Theaterは1週間$4200程度(2009年8月現在)から借りられますが、レジデント・カンパニーと呼ばれる劇場付の劇団が存在しており、スケジュールの中心は、そのレジデント・カンパニーの公演にあてがわれます。また同じスペースにDorothy Strelsin Theatreと呼ばれる56席の小さなブラックボックスタイプの劇場もあります。




以下、June Havoc Theaterの諸条件です。

・ 間口が20尺半(6m15) x 奥行きが17尺(5.1m)
・ プロセニアムの高さが約12尺半(3.8m)
・ 床面は厚ベニヤ貼りで舞台高が1尺(30cm)
・ 照明バトンまでの高さが約13尺半(5.25m)
・ バトンはだいたい1.2m-1.5m間隔
・ 4-6人用楽屋が2部屋
・ 2.4kディマーが48個
・ 照明機材はエリが38台、パーライト12台、パーネル14台、ミニストリップ3台
・ 音響機材は 2 CD playback. Stage: 4 Meyer UPM-1P, 1 Meyer UPM-1P subwoofer; House: 4 Turbo Sound TCS-30,. 2 QCS PLX-1104 amplifiers. Mixing board: Mackie 1604.





コメント   この記事についてブログを書く
« FringeNYC フェス... | トップ | Dorothy Strelsin Theater って »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

NYの小劇場」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事