デザイナーの色メガネ

写真付きで日記や趣味を書く

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ちょっと放浪

2009-08-16 13:22:23 | インポート

Img_1614

16日より1週間ほど、ぶらぶらしようと思っているので、しばらくコメント欄を

閉じておきます。

最近、ときどきではありますが、つまらないコメント(はっきり言うと不愉快な

コメント)をポイッと落としていく人がいます。

いつも訪ねてきてくださる方にも失礼だと思いますので。。。

では、ちょっと放浪してまいります。

写真は朴の大木です。(足柄の山にて)

コメント

夏は空

2009-08-10 16:40:25 | インポート

Img_1687

ああ~夏空だなあ、という日が少なすぎる。

そして湿度が高すぎる。

すこ~んと晴れた濃い青空に白い雲が見たいものだ。

今日は朝から大雨。たまにうっすらと日が射すという不快指数満点日。

写真は立秋の日の空。(もう立秋!!)

このあたりからなんとなく夏休みが色褪せてきたような、遠い記憶がある。

学校があったところで勉強はしないで遊んでばかりいたくせに、

夏休みの遊び放題はものすごく魅力的だった。もう格別だった。

思えば遠くきたもんだ。。。

↑中也の、確か冬の詩だったと思うが、私は上のフレーズを読んだ途端に

夏がぱ~っと浮かんだ。

それだけ子供の頃の夏の記憶(というか夏休みの記憶)が強烈なのだ。 

いまや憧憬に近い。

Img_1734

さて、8日の土曜日の夜、東京湾の花火見物に行った。

湾岸の高層マンションに引越した知人が呼んでくれたのだ。

前日は夕方から大雨だったので、当日ももしや。。。

と心配したが、ずっと曇り空だった。

22階の知人の部屋からは、入り江に浮かぶ屋形船、ヨット、

巡視船、レインボーブリッジ、東京タワーが一望できる。

もちろん花火を眺めるにも遮るものは一切ない、という立地。

上の写真はどうもオリンピックを意識した花火らしい。

上空には遊覧ヘリコプターや遊覧飛行船まで飛んでいる。

この飛行船から夜景を眺めるツアーは常時あるらしいが、

乗船料金は20万円だそうだ。ほんとかな~。

Img_1705

花火の写真は難しかったが、この写真は気にいている。↑

大型花火がチラチラと消えていくところ。

下界の首都の灯の方が、よほど明るいという東京湾ならではの花火(?)

であった。

Img_1691

高層マンションから帰宅した我が家、草木と土の匂いがむんむんとして、

この世へ帰ってきたような感。

コメント (4)