デザイナーの色メガネ

写真付きで日記や趣味を書く

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

鷹の空

2009-01-20 16:55:20 | 日記・エッセイ・コラム

Img_0942 

東京都港区にある汐留電通ビルの屋上。

よ~~く見てください。

中央より少し右、屋上より少し上に小さな影があるのが

わかりますか?

この影はハヤブサです。

電通ビルは地上200メートル(47階)にあるスカイレストランが

自慢だそうですから、屋上は200数十メートルでしょうか。

ここから通りを隔てた浜離宮の庭園に待つ鷹匠をめがけて

(厳密には鷹匠の振る鳩をめがけて)

このハヤブサが一気に降下してくるのです!

Image140_2 ←おおお!なんと凛々しい姿。

目の輝きが強烈で、チラッと

目が合うとまさに「射られる」

ようでありました。

こういう曇りのない眼を新年に

見るのは、なんと清々しい!

とはいえ、振り餌となる鳩は

生きているわけで。。。。

必死にバタバタと暴れる。

紐に結わえたその鳩を

鷹匠は大きく大きく回し降りながら、

ハヤブサを呼ぶ。

ビルから飛び立ったハヤブサは、ビル風に煽られながらも

真っ青な空を大きく旋回し、だんだん高度を下げてくる。

周りにはカラスや鳶も飛んでいるので、見失いそうになる。

鷹匠の目線を追ってハヤブサを確認。

「あそこだ!!」

と、ものすごい速さで地面すれすれを飛んできて、

あっ!という間に鳩をしとめた。

「うわ~~っ!」と見物人の歓声があがった。

Img_0946 

新聞でも紹介された女性の鷹匠さんもいらっしゃったが、

清らかでいかにも聡明そうな美しい人!

浜離宮庭園に咲く水仙のような雰囲気がありました。

というわけで、次回は少し鷹匠について書いてみようか

と思っております。

コメント (6)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ごあいさつ

2009-01-03 00:50:36 | 日記・エッセイ・コラム

2009_nenga_2

       明けましておめでとうございます。

     本年もどうぞよろしくお願いいたします。

Img_0936

おめでたい写真をどうぞ! 「松に鷹」です。

たまたま我が家の庭の松に鷹が舞い降りてきたので、

「これは、新春より吉兆じゃないか!」と…はやる気持ちを

抑えて撮影したのであります。

というのは「夢」ではなく嘘でして、実は浜離宮恩賜公園にて、

諏訪流放鷹術を観賞してきたのです。

(初夢を見られなかったので、初嘘をついてみました)

雲ひとつない新春の大空を鷹が飛翔する清々しさは、それは

格別の「めでたさ」でありました。

つまり「めでたさ」とは、無条件なる生命賛歌。

後日、詳細を記事にしようと、今は思っております。。。

コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする