デザイナーの色メガネ

写真付きで日記や趣味を書く

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

縁起がいいわい。

2008-10-23 11:35:19 | 散歩

Img_0508

前回、「ひとり神楽」の予告をしておきながら随分と日にちが

経ってしまったような。

この芸人さん(と呼んでいいのかなあ)が、その口上で

「大江戸神楽ナントカ会」と言われたので、これは大道芸じゃ

なくて神楽なんだ!と思ったのだが、囃子はなし…

どちらかというと演芸場で観るような芸…??

古風な芸ではありました。

Img_0492 はい、まずは小手調べ。

見物客はまばら。

しかもみんな遠巻きに見ている。

見ているどころか、後ろには

熟睡中の方、うたたねの方。

しかし、ここで芸人たるものメゲてはいられませんよ。

Img_0493 そこで、人目をひくちょっと派手めの

傘を取り出し…

とざい、と~~ざ~い~~!

「みなさまの福を願ってやらせていただきます」

このあたりで見物客が増え始め、熟睡おじさんも

もぞもぞと動き始めた。

Img_0501 まずは、金輪まわし。

金回りがよくなるそうだ。

そしてトップの写真にある

茶碗まわし。

こちらも縁起のよいことを

コジツケて言っていたが、忘れてしまった。

茶碗回しは音が良かった。カラコロカラコロ…♪

その音を聞きたさに、見物人は近くへと集まっていく。

(なかなか考えてるな、この芸人さん)

最後に大きな升を回して、「ますます皆さまの

幸せが増していきますように!」と。

傘芸の次は、Img_0514 水芸、というのかなあ。

これ、けっこうな技だった。

後ろのうたたねおじさんも

ほら、パッキリお目覚め。

見物人も「わ~~!」とか

声を上げ始め、芸人さん

ノッテきました!

くわえたまま、芸の説明まで

するのだから、ひとり神楽はなかなかたいへんだ。

Img_0520_2

それっ!

最後の大技。棒を巻いた紐を伸ばすと…

茶碗の水がキラキラと降り注ぐ。

「ひゃ~~!」と大歓声。

芸人冥利につきる大拍手。

私ももちろん惜しまず拍手。

そして、傘で回した大きな升に見物客は心付けを入れて

三々五々に境内へ。

10月とは思えない暑い日だったので、日向で見物する

のはちょいときつかったが、楽しかった。

Img_0439 さて、帝釈天のシメはやはり名物の

団子とImg_0440 …、

この方。

駅には銅像もあった。

Img_0527 みやげに買った菓子。

高木屋さんの「柴又もち」

(左)がとても美味しかった。

心の中では「たいした

ことはないだろう」と

思っていたのだが驚きの美味しさで、もっと買って

くればよかった、と悔やまれた次第。

寅さんの産湯……

ねこぼーしさんより、寅さんの「産湯」って?という

質問がありましたので、調べてみました。

★寛永年間の頃より湧き出している「御神水」が現在まで

枯れることなく湧いている。(境内にある)

あの有名な「寅さんのつかった帝釈天の産湯」とは

この水のことだ。★

と金町紹介のサイトで見つけました。

そうだったんだ~~。

ちなみに芸人さんが水芸で使った水も、この帝釈天の

御神水だったのです。

コメント (10)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

帝釈天

2008-10-14 16:14:31 | 散歩

Img_0486

10月に入った土曜日、かねてより行ってみたいと思っていた

柴又の帝釈天へ小旅行。

同じ東京でありながら、時間的にも感覚的にもまさに

「小旅行」気分を味わった。

私の住む町とは対角になるのかな、柴又は。

とにかく行きにくい。遠い。

しかし今回はがんばって、はるばるとやって来ましたよ!

Img_0437 ←駅からすぐに参道がある。

いい味わいじゃないか。

いつもお祭り騒ぎのような

浅草よりいいなあ。

ガラクタがいっぱいのみやげ物屋はなく、川魚料理の店や

和菓子屋、漬物屋、佃煮屋、蕎麦屋、と食べ物屋さんが

殆どというのが嬉しい。

う~ん、あっちこっち寄りたいが、まずはお参り…だよなあ。

Img_0446 松が青々として美しい拝殿。

経栄山題経寺というのが、

帝釈天の本名。

立身出世、開運の神様と

して寛永初期に建立された

そうであります。

「立身出世」というけれど、当時はなにをもって立身出世と

言ったのだろう。

今はさしずめ「有名になって金持ちになること!」

という社会だから、祈願するのも厚顔だな、とくだらんこと

を思いつつ一礼。

拝殿の奥、本殿壁面彫刻と庭が拝観ができるとあったので、

もちろん拝観。

Img_0456 まずは、彫刻。

関東随一といわれるだけあって、

(帝釈天関係の人の弁)

見応えあり。

欲をいえば、埃をはらっておいてほしかったけれど。

Img_0450_2 とにかく彫刻だらけ。

ゆっくり眺めていると、半日くらいは

Img_0454 かかりそうだったので、

後半はざっと 眺めて

庭園へ。

しつこいが、綺麗に拭いてあればもっと良かったと思うなあ。

Img_0461_2

秋の日が射して、気持ちの良い回廊。(シルエットは息子)

Img_0475 のんびり庭を歩いて、

さて、境内へ戻ってみると、

なにやら大きな人声が

するではないか。

なんだ、なんだ!?

Img_0493 大道芸、というよりは、

ひとり神楽の

はじまり、はじまり~~!

ということで、「おめでたづくしの神楽」は次回、詳細に…。

コメント (8)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする