デザイナーの色メガネ

写真付きで日記や趣味を書く

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

天上の花

2008-09-25 23:37:27 | 日常の中の物語

Img_0411_2 

少し前から気にかかっていたことがある。

野良猫を見かけなくなったことだ。

それはもう、奇妙なほど見かけなくなった。

庭に来ていた常連さんたちは、1年くらいは音沙汰なし。

すぐ近くの猫好きの家では、いつもごはんが用意してあって、

三々五々に猫たちが集まってきていたのだが、そこにもいない。

少し離れた猫の溜まり場でも、一匹も見かけなくなった。

それどころか、だいたい町を歩いていても猫たちの気配がない。

想像したくはないが、猫狩りでもあったのだろうか。

おかしすぎる。

猫たちがウロウロしている町は健全だと思うのだが、どうも

それは少数意見で、分が悪いらしい。

かたやペットとして可愛がられている深窓の猫たちが増えて

いるというから、猫たちにも格差が広がっているのだろう。

一昔前を思い出してみると、飼い猫も外をふらふらしていたし、

ノラたちももちろん、ふらふらしていた。

それでいて「迷惑だ!」と問題になっていたようには思えない。

まあいえば、猫たちも並べて中流だったわけだ。

Img_0416_2

今年は例年より、たくさんの曼珠沙華が咲いた庭。

24日の朝日新聞の夕刊に、曼珠沙華のことが書かれて

いたが、梵語では、天上に咲く花という花の名だそうだ。

庭に遊びに来ていた猫たちが、もし人間の「迷惑だ!」という

嫌猫権の犠牲になり、天上に行ってしまっているのなら、

そこでのんびり、ゆったりしてほしい。

誰もが権利を主張できる世の中になって、それは良いこと

だと多くの人は了承していたのだが、結局、強者や多数派の

権利がまかり通りやすくなったように思う。

嫌煙権などもそのひとつ。

いや、こちらは煙嫌いの私にとっては都合がいいのだが…。

という具合に、権利の主張など自分の都合でころころ変わる

といういい例ではないか。

正しい権利を正しく主張することは実に難しい。

それこそ流行の、人としての『品格』の問題ともいえる。

Img_0413

難しいことはさておき、

動物が身近にいると、人間が

いかに勝手な動物であるかと

気付かせてくれる。

そんな素朴な感覚は、えてして

忘れているものだ。

コメント (13)

キラキラーン

2008-09-18 16:06:05 | 日記・エッセイ・コラム

Img_0404

昨日、所用があって銀座に出かけたのだが、平日だというのに、

ワンサカと人が歩いている。

特に、4丁目の交差点から新橋方面に向かう銀座通りは

ナンダコリャ!という人の波だ。

ニュースでも流れていたH&M現象だった。

なんと、店に入るために行列ができているではないか!

中を覗いてみると蟻の巣のようにウジャウジャと人がいる。

正直、私は身震いしてしまった。(集合体に弱いので…)

なんでもH&Mは、72時間で世界中のすべての店舗に

新商品が届くというシステムを開発したらしい。

だから、とにかく新しい商品が次々と店頭に並び、消えていく

というわけだ。

新しいモノを買え、買え!と。流行遅れは敵だ!

ここまできたらファッションはファッショだね。

というようよりも、私には日用品や食品の部類に感じられる。

『ファッション』という名称には、もっと時代の感覚があった

と思うからだ。

まるで女剣劇と見紛うような化粧の若い女性たちが、

「学校、いつからだっけ~?」などと話しながら並んでいるのを

見ても、もうギョッともしなくなった自分に、今の時代を感じる

けれど…。

Img_0309 さて、そんな銀座の雑踏から

突然ですが、京都の龍安寺へ

ワープ。

先週、家人が京都に遊んだ折

に撮ってきたつくばいの写真。

『吾唯足知』『口』部分に水が湛えられている。

今年のImg_6863

水戸の偕楽園のもの。

Torahikoさんがコメントで京都の龍安寺

に同デザインのものがありますよ、と

教えてくださったのですが、アリマシタ!ね。

半年ほどの間に、2ヶ所でこのデザインに遭遇するとは…

よほど「足るを知れ~~っ!」という思し召しであろうか。

Img_0301 それはともかく、

この写真、龍安寺の

近くにある金閣寺の

屋根の鳳凰だが、

(家人が撮ってきた)

よく見るとおもしろい。

人間染みた顔をしているんだなあ。

なんか小泉元首相に似ているようで、笑ってしまった。

派手なパフォーマンスがなかなかいいではないか。

「みなのもの、足るを知れ~~っ!」 キラキラーンと

鬨を挙げているんだな、きっと。

しかし、この顔、どう見ても足るを知らない顔だと思うよ。

鳳凰の写真は是非クリックしてみてください。

コメント (4)