デザイナーの色メガネ

写真付きで日記や趣味を書く

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

おせちと血糖値

2006-01-02 19:16:44 | 日記・エッセイ・コラム

あけましておめでとうございます

読者の皆様、今年もどうぞよろしくお願い

申し上げます。

それにしても、お正月はいいもんだ。

なぜなら、私は「おせち」が大好きだから。

特に、「ク・ロ・マ・メ」には目がない!

今年は、去年の片付けの残党があって、

元旦から、ほこりまみれの掃除だったが、

黒豆がある!と思ってがんばった。

_002

それこそ、マメマメしく働い

たのだから、堂々と黒豆を

いただけるというもんだ。

息子たちも、若いクセにおせちが大好き

なのだが、黒豆にはそれほど手をださない

ところが、なかなか良い。

そういえば、「田作り」のことを、「ごまめ」

とも言うことを、今年、初めて知った。

「ごまめの歯ぎしり」というのは、大豆の

ような豆がぶつかり合っている状態なの

かと…。それにしても、随分飛躍した表現

だと思っていたが、飛躍していたのは私

だったらしい。

飛躍ではなく、基礎知識の不足ともいう?

さて、おせちはいいのだが、実は私は

血糖値を気にしているのだ。

母方が糖尿病の家系で、母親から息子へ

が一番遺伝しやすい、というではないか。

私は胃腸は丈夫で、食べることが好き

だから、やっかい極まりない。

定期的に検査にも行っているが、ひどくは

ならないまでも、スッキリハッキリ下がって

くれなかった。

フフフ…ここで「なかった」と過去形にして

あるのは、ここのところ、快調!なのだ。

原因はなんとなくわかっているので、その

うち「お困り高血糖さん」にお教えします。

まあ、家族の暖かい励ましがあってこそ!

です…。こんな標語を作ってくれています。

「血糖下げて、収入上げる

ありがたや、ありがたや…。

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 人口減少と私 | トップ | 消えゆくものへ »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事