デザイナーの色メガネ

写真付きで日記や趣味を書く

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

金魚坂

2007-07-27 01:46:24 | まち歩き

Img_5464

文京区の本郷界隈は坂が多い。

文学散歩で有名な菊坂の途中には、狭い路地の坂が

右に左にとあるが、中でもこの金魚坂は、ユニークだ。

本郷通りから菊坂に入って、少し歩いた右側にある。

Img_5466

←菊坂から見たところ。

得体の知れない看板に

一瞬たじろぐが、なんとも

わくわくする雰囲気だ。

ところで、なぜ私がここに

行ったのかというと、

金魚を買うため。

(いたってシンプルな理由)

以前、睡蓮鉢に住んでいた金魚が猫のオモチャになって

しまったので、ボウフラが育つ季節に新顔さんに住んで

もらって食べていただこうという計画だ。

近くのDIYセンターやペットショップでも売られているが、

せっかくだからと、老舗の金魚卸問屋さんまでやって来た

というわけだ。

ここの名物の女将さんは6代目だというから、江戸時代

創業…くらいかなあ。

Img_5460 いつのころからか人はこの店の前の坂を

金魚坂呼ぶようになったらしい。

そして、それが屋号になったとか。

まあ、中に入ると金魚だらけ。

店の人が黙々と働いている。

作業の邪魔をしないようにプールのような水槽を見て

歩くと、金魚の釣堀や、金魚すくいのコーナーもある。

なおも奥へと進んでいくと、突如、洋風のレストランが出現。 

スイス風?…かなあ。

ちょっと、待ってよ!というくらい唐突だ。

ここで、冒頭の写真の看板に納得、となる。

食事は済ませていたので覗くだけにしたが、メニューが

これまた、ちょっと待ってよ!なのだ。

京風おばんざいからカレー、コーヒーから中国茶、

ケーキから…葉巻!(キューバ産だそうだ)

要するにごちゃ混ぜなんだが、妙に統一感がある。

店頭の金魚グッズを眺めていると、颯爽と女将が

着物姿でお出ましになった。

涼しげな白い絽(というのかな…)の着物に、帯は

金魚柄。ほお~、さすが粋なお姿。

このお姿で、水槽に渡された板の上をさっさとお歩きあそばすのだ。

Img_5458 私が購入したのは『三つ尾和金』を三匹。

色のバランスや、尾ひれの優雅さなど

店の方が丁寧に説明をして選んでくださった。

Img_5484 ←この子たちだ。

名前は「ミツオ」「キク」「ケンジ」

とまあ、元気に泳いでいる。

金魚の寿命は15年くらいだと

いうから、これからけっこう

長いつきあいになるかもしれないな。

Img_5476 最後にナイショですが、美味しい店。

菊坂を下りきったところにある

アトリエ・ド・マヌビッシュ

ご存知かな?

仏レストランの出店だが、ここは本郷に行ったら外せない。

パン、惣菜、デザート、とどれも丁寧につくられていて好きだ。

上の写真は『シューシトロン』。

爽やかなクリームがこの季節に合うんだなあ。

が、なんといっても…『ライ麦パンのラスク』が一番!

(あ、食パンも捨てがたい~)

いやいや、本郷ワンダーランドはなかなか手ごわいのだ。

★おまけコーナー↓(けっこう楽しい)

日曜日の選挙前に「えらぼーと」で確認。

コメント (18)   この記事についてブログを書く
« 気になるんだ | トップ | 朱夏 »
最新の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
チャーマンさんへ。 (ベンベエ)
2007-07-27 10:08:24
チャーマンさんへ。

「金魚ぱくぱく台詞を付けてあげやうか」
おお、き、金魚の記事!とうろたえて喜んだあとに (ねこぼーし)
2007-07-27 17:42:47
おお、き、金魚の記事!とうろたえて喜んだあとに
看板をよく見ると珈琲・中国茶・お食事・葉巻!?
とまた別の意味でうろたえて思わず猫を転がしてしまいました。
中国なのか日本なのか定められない看板絵に
欧州的つたのからまる装飾の取り付け金具。
わあ、あやおもしろそう~(←あやしげで面白そう)。

水槽の画像にはわくわくしました。ああ、ここに金魚がたくさん…
と思っただけで渡し板に貼り付きたくなります。
釣堀、金魚すくいとこれは一般の方にとってのディズニーランド、
私にとってのワンダーランドです。ああ、行ってみたい。

って、ここで何故洋風レストラン?この流れで行くと
和食、あるいは中華料理屋さんなら「う…うん」とうなずけますが
これは「う…ううっ?」とのけぞってしまいますよ。
しかもチャーマンさんの「スイス風」とのお言葉にまた混乱!
さらに女将さんが着物に金魚柄の帯と来ると
かえってこの「カオス的世界」が気持ちよくなってきますね。

『三つ尾和金』とは尾が三つに分かれているのかな。
ていねいな説明があるのは嬉しいですね。安心できます。
ちゃんと名前がついてますがネーミングはチャーマンさん?

「えらぼーと」、やってみましたよ。私と政党の一致度は
ほとんど横並び。一番下と上で9%の差しかありませんでした。
でも参考になりました。楽しかったです。
ベンベエさん、こんばんは。 (チャーマン)
2007-07-27 23:14:16
ベンベエさん、こんばんは。

「金魚」は夏の季語なんですね。
そして確かに、うちの金魚たちもしきりにパクパクと口を動かして、3匹で日がなおしゃべりをしているように見えます。

どんな台詞をつけてやりましょうか。

「う~ん、俳味があって自在な句、こういう句をさらっと作れるといいなあ。」とは妻の弁です。
ねこぼーしさん、このあやおもしろげなる(ねこぼ... (チャーマン)
2007-07-27 23:39:31
ねこぼーしさん、このあやおもしろげなる(ねこぼーし語録を借用)混沌の世界は、
あやおもしろがる(←あやしげなものを面白がる)ねこぼーしさんには、ドンピシャでしょう!

ここに足を一歩踏み入れると、「なんでこんなことになってるの?」という素朴な疑問が、フツフツと湧いてくるのですが、暫くいるうちに違和感が心地よくなってくる。

金魚の飼育をしている方たちは、見るからにプロ。
ゴム長靴に作業着で寡黙に働いていらっしゃるその中を、マダム風の女将さんがあでやかな着物姿で颯爽と歩き回られる…いや、初めて見る光景でした。

スイス風、に混乱されましたか、やっぱり。
私は「葉巻」にも混乱をきたしました。

『三つ尾和金』は、おっしゃるとおり尾が三つに分かれていて、優雅にひらひらと泳ぎます。
名前はちょっと安易ですが、私が名づけ親です。
なんだか、ものすごい食欲で元気です。
ボウフラも混乱したことでしょう。
さすが金魚坂育ちです。

「えらぼーと」、まあ、予想通りの結果がでますよね。
さて、今回の投票率はどうかな。
チャーマンさん。 (ベンベエ)
2007-07-29 00:29:20
チャーマンさん。
ほんとうにこの看板、見れば見るほど味わいがありますね。和服にソフト帽というような大正浪漫主義・・・・。雑然をいつの間にかしっくりさせてしまう見事な感性。もはや貴重なお宝です。こういうものを発見した時は嬉しいでしょうね。骨董屋ではなく往来では尚更のことでしょう。
こんばんわ^-^ (早乙女)
2007-07-29 19:38:40
こんばんわ^-^
チャーマンさん~♪
早乙女です。

いやはや、暑くて蒸しますね(^^;

金魚坂とは、また良いお名前のところですね(^-^)v
奈良県の大和郡山市も金魚の産地。
軒先で育てている金魚屋さんも沢山あります~♪
金魚すくい大会もありますよ~♪
夏の風物詩ですね~☆★☆
大切にしてくださいね(^0^)b
この看板綺麗で、新品のように見えます。 (バオバオ)
2007-07-29 21:09:09
この看板綺麗で、新品のように見えます。
子供の頃の、夜店に並んでいたブリキやセルロイドのおもちゃのイメージです。
チャーマンさん、目ざといですね。

一連の店は金魚屋サンの経営なんでしょうか?
ゆっくり滞在型の金魚屋サンで敷地も広そうですね。

金魚の寿命が猫並みに15年もあるなんて、知りませんでした。
金魚の、錦鯉のような柄いきも、和服姿の粋なおかみさんも楽しいですね。
お江戸にはこういった場所も有るんですね。

ところで、三匹の名前、お地味で堅実、15年はゆうに持つと思われます。
睡蓮蜂の丈夫そうな鉄格子?はニャンコちゃん除けですか?

あ~ら!おいしそうなレモン風味のシュークリーム?かな。
うちの近くにもおいしいケーキ屋さんがあって(住宅地のしもた屋をそのままお店にしたような)
注文するとその場でシューに、クリームを入れてくれます。
ほんのりした甘さの滑らかな舌触り、薄いシューの張りのある歯ざわりがいいのです。

チャーマンさん、いつもおいしいもの見つけていいな~。

「えらぼーと」、トライしてから選挙に行きました。(^.^)
ベンベエさん、こんばんは。 (チャーマン)
2007-07-29 23:31:58
ベンベエさん、こんばんは。

大正浪漫、いいですねえ。
『大正』という時代は、短いですが文化的には興味深い時代
ですね。

この看板を見つけたときは、それはそれはワクワクしました。
「どんな所だろう、なにが出てくるんだろう」と、もう好奇心全開です。
せまい路地の奥にチラリと見えるところが、またニクイ!と思いましたよ。

早乙女さん、こんばんは! (チャーマン)
2007-07-29 23:42:07
早乙女さん、こんばんは!

奈良県の大和郡山市ですか、行ってみたいですねえ。
金魚すくい大会!!
金魚はストレスかもしれないけれど、楽しそうだなあ。
軒先で育てている、というのもいい。風景が目に浮かびます。

ああ、そうだ、早乙女さん!蝉が穴から出てくるのをご覧になったとか、コメントにありましたが、感動されたでしょう!?
「がんばれ!」とか心の中で叫んでいたのではありませんか?早乙女さんのことだから…。
チャーマンさん おはようございます。 (Torahiko)
2007-07-30 05:20:17
チャーマンさん おはようございます。

チャーマンさん一家の一員となった金魚たち、今の暑い季節にはチャーマンさん達に涼をを提供してくれるのでしょうね。

僕もグッピーを飼ってみようかと考えたりするのですが、水の交換・水槽の掃除などの手間を考えると(そう頻繁に行うものでないことはわかるのですが・・・)二の足を踏んでしまいます。

「ミツオ」「キク」「ケンジ」という名前の由来にもToraとしては興味があります。漢字でなくカタカナと云うところにも・・・

今回紹介された本郷の金魚坂、全く知りませんでした。漱石の文学散歩で何度か本郷界隈には足を運んでいるのですが僕の目にはとまりませんでした。アトリエ・ド・マヌビッシュという店も・・・

「漱石先生、僕たち甘い物好きにはこたえられない店をチャーマンさんはいくつも知っていますね。僕たち甘い物好きとしては、五感を研ぎ澄ませて、これらを検証する使命がありますね。」と漱石先生といつの日か『シューシトロン』を味わうことを誓いました。

ちなみに

コメントを投稿

まち歩き」カテゴリの最新記事