☆・。.・☆写真エッセイ&工房「木馬」

日々の身近な出来事や想いを短いエッセイにのせて、 愛犬のハートリーと共に瀬戸内の岩国から…… 茅野 友

移り気

2018年05月31日 | 生活・ニュース

 梅雨入りが発表されて3日目、庭には梅雨を象徴する花であるアジサイが満開の時を迎えている。我が家を訪れた女性から「アジサイの花言葉を知っていますか?」と聞かれた。知らなかったが「移り気というそうです」と言われたのを機会に、アジサイの花言葉を調べてみると、アジサイの種類などでいろいろあることを知った。

 フランスではアジサイの開花シーズンである6~7月頃はカラリとしてとても過ごしやすく、赤やピンクなどの可愛らしい色の花、気持ちの良い気候というイメージで「元気な女性」と付けられている。

 また、アジサイの小さな花びらが寄り集まって咲いている姿から「一家団欒」「団結」という花言葉がある。アジサイの開花期間が長く、しとしとと降る雨の中、じっと耐え忍ぶように咲いている姿から「辛抱強い愛情」というものもある。

 アジサイの原種であるガクアジサイの花言葉は「謙虚」である。我が家の玄関アプローチに、数日前から色づき始めているが、咲き誇るという風情ではなく、各1輪の所々で、そそとガクを咲かせているところから名付けられたに違いない。

 こんな花言葉がある一方、マイナスイメージの有名な花言葉がある。アジサイの花の色が変化する特徴から生まれた言葉で、色が移ろっていく姿を、心が変わっていく様に重ね合わせたもので「移り気・浮気・変節」と付けられている。

 「移り気」とは、興味の対象をたやすく別のものに向けることをいうが、今の世の中、移ろうスピードが速すぎて、身体も頭もついていかないというのが現状。せめて、アジサイの色の移ろいを、カタツムリと共に移り気などせずに、ゆっくりと眺めてみたいものである。

コメント