JAOの趣味日誌

テレビドラマ・音楽・特撮・アニメ
時代劇・プロ野球などの趣味の日誌です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

相棒7 第6話「希望の終盤」感想。

2008-11-26 22:53:35 | テレビドラマ

テレビ朝日|相棒7

この事件は、6年前の対局からはじまった。

大野木が西片にわざと2歩の反則で負けたと西片も畑も思っていた。

西片はそのことでプロの資格はないと思い余って自殺をした。

畑は西片の名誉を守るため偽装工作をした。

しかし、大野木はわざと負けたのではなくミスで負けたのだ。

そのことを6年前に知っていれば、西片も死なずにすんだかも知れないし

畑も公務執行妨害という罪をおかさずにすんだかも知れない。

 

人気ブログランキング   ←応援クイックよろしくお願いいたします。


コメント   この記事についてブログを書く
« アニメ☆7「ヤッターマン限定... | トップ | 小児救命 第6話感想。 »

コメントを投稿

テレビドラマ」カテゴリの最新記事