JAOの趣味日誌

テレビドラマ・音楽・特撮・アニメ
時代劇・プロ野球などの趣味の日誌です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

連続テレビ小説 花子とアン(136)「アンとの出会い」

2014-09-04 17:39:16 | テレビドラマ

宇田川が帰国した。ラジオでの帰国報告講演に、日頃から戦争の話を避けたがる花子を
苦々しく思っていた漆原は戦意高揚を熱く語る宇田川に絶賛するのだった。
戦争の話を避けるのは花子の小さな抵抗だと私は感じた。一方蓮子の家では娘の富士子
が学校で石を投げられたという。まったく酷いことをするものだ。
純平と龍一が親子の衝突。 龍一は正しいことを言っている。しかしこの時代では
純平が正しくなってしまう。改めて戦争の惨さを感じた。
一方村岡家にスコット先生が訪れた。カナダへ帰国するという。
スコット先生が花子に差し出した本。それはあの本だった。

 

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2014.5.5 京セラドーム大阪 ... | トップ | 連続テレビ小説 花子とアン... »

コメントを投稿

テレビドラマ」カテゴリの最新記事

3 トラックバック

花子とアン (第136回・9/4) 感想 (ディレクターの目線blog@FC2)
NHK総合・連続テレビ小説『花子とアン』(公式) 第23週『アンとの出会い』【第136回】の感想。 なお、本作は8/26にクランクアップしたため、当記事は、ほんの僅かな編集への期待と愚痴と重箱の隅突きなっております。楽しくご覧になっている方や重隅突きはウザいと思う...
Anne>『花子とアン』第136話 (もう…何がなんだか日記)
醍醐ちゃんったら本命は吉太郎君ではなく郁弥さんだったのね郁弥さんったらかよちゃんへのプロポーズはどこへ?…なんてドラマと現実を混同している視聴者がここに>ぉそれより...
Anne>『花子とアン』第136 話 (何がなんだか…ひじゅに館)
醍醐ちゃんったら 本命は吉太郎君ではなく郁弥さんだったのね 郁弥さんったら かよちゃんへのプロポーズはどこへ? …なんて ドラマと現実を混同している視聴者がここに>ぉ それより 花子でなく醍醐ちゃんの恋愛がスクープされるなんて 実は醍醐ちゃんこそ...