アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争

社会構造を分析しています。

女性を完全に敵に回した安倍政権の凋落が始まっている

2016年07月04日 | 記事
『 #保育園落ちたの私だ』で女性を敵に回し、わざわざ3月11日に移民法(国家戦略特区改正案)を閣議決定したことで保守系右派からも叩かれている安倍首相…。残る手はバレバレの不正選挙しかない?

 ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

『女性を完全に敵に回した安倍政権の凋落が始まっている』(リンク)「カレイドスコープ」より転載

スポーツ界の自民党・読売巨人も、同じように暴力団と手が切れない。
なべつねは、あっさり辞任の後、沈黙を守っている。
読売グループそのものが反社会勢力の巣窟であるということだ。外国メディアの論調も完全に変化してきた。
諸悪の根源・自民党の凋落が始まっている。

■今度も不正選挙をやれば自民党は永遠に葬られるだろう

あり得ない自民圧勝の選挙。ありえない東京都知事選の開票結果。

誰もが、安倍の関係している「ムサシ」による不正選挙を疑っている。
そして、今度も、安倍晋三なら当然、不正を行うだろう、と多くの国民が考えている。

エコノミストは、アメリカの不正選挙を2002年の段階で報じている。
エコノミストだけではない。メジャーな企業メディアのほとんどが、「アメリカの大統領選では不正が行われてきた」と暴露しているのである。

「不正選挙のやりかた」に関する記事をまとめたサイトもできている。
検索には、たった10秒しか時間をかけていないので、不正選挙に関してもっと核心に迫る記事がたくさんあるであろうことは想像できる。

今まで「ムサシ」に騙されてきた日本の有権者も、今度は逆に選管を監視しようという動きに出てくるだろうから、凝りもせず、不正選挙を画策している者たちは、まさに命がけだろう。

そんな空気を察してか、最近の安倍晋三の顔は、徐々に土気色に染まり、まるで土偶のようだ。

憲法を蹂躙し、国民を騙している間に完全独裁体制を築いてしまおうという晋三の閣僚たちの魂胆は、見事に主婦に見破られてしまった。

女性の真の怖さを知らない政治家は政権を取れない。どうやら、晋三の顔色が悪い原因は、ここにもありそうだ。

それしても、彼の周辺からのリークは、日に日に増えている。
これは、何を意味するのか、晋三がいちばんよく知っているのだろう。まっとうな官僚が静かな造反を起こしているのだ。

興味深いのは、上の画像(リンク)を巡る安倍信者の狼狽ぶりだ。

さすが、安倍の内閣支持率が実は10%台しかなく、寿司トモメディアによる捏造であることが明らかとなった今、どうやら自分たちは多勢に無勢らしいぞ、と神経質にならざるを得ない気持ちも分かろうというもの。

「選挙のためだったら何でもする、こんな無責任な勢力に負けるわけにはいかない」と、晋三が野党連合にネガティブなスピーチを送った場面にテロップが貼張り付けられた。それが上のキャプチャーが画像だ。

これは、そのままそっくり晋三に、跳ね返って来た。
そもそも、「自社さ」の村山連立政権では、自民党は、まさになりふり構わず社会党と組んで政権に居座ったのを忘れたのだろうか。

「では、自公はどうなんだ」、「カルト宗教をバックにつけた公明党と組む自民党よりマシだ」、「選挙のためだったら何でもするのは、自民だろうに」といった具合だ。

これが、安倍の「自民党ためなら何でもする」CIAポダムのコングロマリット放送局が流したものだから、B層白痴ネット右翼たちの憤懣はやるかたがなくなっている。

晋三を応援するためなら何でもやってきたCIAポダム・メディア・コングロマリットに足をすくわれた信者たちは、今度は、日テレを攻撃し始めた。

「これは、日テレのミスだ」「偶然だ」・・・白痴B層たちは、いったいどこまでお人好しなのだろうか。

彼らは、日本の避けられない終末では暴徒と化すだろう。
公安は、むしろ、こうした連中を今のうちに内偵して、潜在的犯罪分子としてリスト化しておくべきだろう。決して無駄にはならないはずだ。

さて、今度の選挙戦に異変が起きていることに気が付いているだろうか。
それは、2012年12月に衆院選のとき、投票前に、すでに勝ち誇った表情をしていた安倍晋三と比べて見れば一目瞭然だろう。

2012年、彼を徹底的に後押ししていた欧米ロスチャイルドのメディア群が、いっせいに安倍と距離を置き出したのだ。

それだけでなく、国連でさえ、日本の行き過ぎたナショナリズムを辛辣に批判しているのだ。

それとも、この漢字の読めない日本の最高権力者を相手にするのが面倒くさくなってきたのだろうか。

とりわけ、安倍晋三の大失態は、アンダーコントロールに始まって、アベノミクス、郵政3社の株式上場、TPP、非正規雇用化促進で労働者の奴隷化、大学の学費アップ、待機児童対策放置(選挙までの話。選挙が終われば、スッポカシは見えている)、経済的徴兵制への準備着々、年金消滅から消去へ、世界支配層のプッシュによる国民監視システムであるマイナンバー制、国家破綻の密かな予行演習、自民党への多額のキックバックを目論んだオリンピック詐欺、甘利をはじめとする刑事罰を免れない閣僚による凶悪犯罪の数々。電波停止恫喝・・・。


☆緊急事態条項は、安倍完全独裁への強力な布石であることは間違いがない。
書ききれないので、「安倍晋三のウソ一覧」をどうぞ。

安倍:『TPPに参加しないと約束したな、あれは嘘だ』

安倍:『竹島の日式典を開催すると約束したな、あれは嘘だ』

安倍:『朝鮮総連幹部再入国禁止!と言ったな、あれは嘘だ』

安倍:『竹島提訴すると約束したな、あれは嘘だ』

安倍:『生活必需品は消費増税の対象外と約束したな、あれは嘘だ』

安倍:『尖閣に公務員置くと約束したな、あれは嘘だ』

安倍:『老人の医療費2割自己負担と約束したな、あれは嘘だ』

⇒(以下続くリンク)

             < 中略 >

※トランプが米・大統領になれば、安倍晋三政権は、日米間だけでなく、国際的にも存在感を完全に失うだろう。
そして、東京五輪のときは、おそらく自民党政権ではなくなっているだろう。

いずれにしても、選挙前に何か大きなことが起こるだろう。



瀬部倫一郎
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 米大統領選 トランプ躍進でT... | トップ | ウクライナの事実を、日本の... »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
国際法と憲法前文を参照し「9条自体が憲法違反」 (愛信)
2016-07-04 23:30:30
国際法と憲法前文を参照し「9条自体が憲法違反」
https://twitter.com/natsunomiz/status/749934409441173504

【関連情報】
中共の周辺国への軍事的膨張主義に対して、インドは
http://www.aixin.jp/axbbs/kgs/kgs1.cgi#5月9日_19:19:55

インドのモディ首相は日本には戦犯は一人も居ないと言明しました。
 安倍晋三総理は靖国に眠る英霊を犯罪者として南朝鮮(現韓国)大統領に謝
罪しています。
 インドのモディ首相の伏し目がちな表情から貴方は何を感じ取りますか。

安倍晋三総理は未だに、あほな日本民族はまだ騙せると考えている。
 インドのモディ首相と見解は正反対の裏表なのに握手の写真を撮って、日本
民族を騙し、インド国民を騙す支那朝鮮資質。

詳細は
【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

コメントを投稿

記事」カテゴリの最新記事