香ばしい町並みブログ ~昭和レトロな町並み~

当ブログでは日本各地にある「どこか懐かしく、ノスタルジーを感じさせる」昭和レトロな町並みや建物をご紹介していきます

【岐阜県・大垣市】セピアなこの町、大垣 其の1

2019年05月19日 20時03分07秒 | 愛知・岐阜
(2016年10月撮影)

 岐阜県の大垣市が香ばしいと聞き及び出かけてまいりました。
大垣駅はJR東海道線の他、養老鉄道(旧近鉄養老線)も通っており、
電車も昭和後期の近鉄カラーで懐かしい感じ。


 「養老」という元号がかつて存在したそうで、1300年記念のイベントが養老公園で行われたそうです。


 早速駅前をポコポコ。ちょうどお祭りで歩行者天国でした。ビルも昔ながらの長屋でいい感じ。
一宮や岐阜市など、かつて繊維で栄えた町と同じような雰囲気の街並みです。





 駅を出て東へ歩き、県道212号線に突き当たるあたりで、昔ながらのうどん屋さんが。
電飾が目を引きますが、かつてはピッカリ光ったのでしょうか。


 残念ながら最新のストビューでは更地になっていました。。


 同じ通りには昔ながらの薬屋さんもありました。こちらは建物は健在のようです。


 駅に戻る途中、とんかつのエビス食堂。

 
ぶたさんがとても楽しそうな表情で、いい味。


 大垣駅前も路地裏チックな場所がちらほらと。






 駅前から大垣城へ向かいます。
このあたりも昔ながらの建物のホーコでした。




 いい雰囲気の洋裁教室。かつてはあちこちに洋裁学校や教室があったものです。
いまは軽工業が発達して安く衣類が手に入りますから、型紙を元にお家のミシンでほしい衣類を作る、、なんて
いうのもかなり少数派でしょう。


 次回、お城のそばの横丁へと突入します。



イイネ!と思って頂いたらポチッとお願いします☆ にほんブログ村 旅行ブログ 古い町並みへ

コメント   この記事についてブログを書く
« 【東京・大田区】梅屋敷駅周... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

愛知・岐阜」カテゴリの最新記事