ぬめちのラーメン諸々覚え書き
名古屋周辺のラーメンと釣りについて主に書いてます。
調べたいお店があれば、左下の検索窓からどうぞ。
 



今日・明日と愛媛県は今治市に出張。
年に数回こちらに来る用事がある。
いつもは出張先の社長さん方々と夕食をご一緒する。
今治は、魚介類がおいしい。
“鯛めし”が有名な割烹瀬戸もオススメ。

一番お気に入りなのが、もりもとや
ここの名物は“えびかつ”。
簡単に言えばエビフライだが、エビが丸まったまま串に数個刺さっているのが特徴。
串に刺してから揚げているんです。
他にも大好物が1つ。
厳密には今治市より少し東にある新居浜市の名物になるが、
ここ「もりもとや」でも食べられる“ふぐざく”。
ふぐの皮と身を小間切れにして、白子とモミジおろしとネギ(わけぎ)を載せてから、
ポン酢を掛けて完成!
こいつをかき混ぜて食べる。
もう「ウマイ!」としか言いようがない。
ふぐが嫌いな人はダメだろうが、たいていの方には満足してもらえると思う。

さらに食べ終わった後にオプションがある。
白子の旨味がとけ込んだポン酢が残るが、ここに湯豆腐を投入!
もうウマイったらありゃしない。
ふぐだけに多少お値段は張りますけど。
新居浜料理飲食業協同組合が“ふぐざく”の通販をやっているらしいので、
いつか頼もうと思っている。
どなたか名古屋でふぐざくを食べられるお店をご存じでしたら、
ぜひ教えて下さい!

今回は初めて出張組だけで夕食。
どこにしようか、携帯電話をカタカタ。
宿泊ホテルがブロードバンド対応だと、もっと楽なんだけどな…。
近場で発見。
鳥林という焼鳥屋さん。
実は、今治市は焼き鳥が名物。
ここの焼き鳥は串に刺さずに、そのまま鉄板で焼くのが特徴。
コテや鉄板で上から押さえつけて焼くようだ。
とりあえずビールと“かわ焼き”を注文。


かわ焼き¥250


皮と言いながら、名古屋で食べる串焼きと違って、
軟骨が一緒にくっつている。
皮のモチモチとした食感と軟骨のコリコリした食感がタマラナイ。
タレは甘辛く、少しつけて食べると最高!
ビールが進む進む。

他の肝だとか身だとかもウマイ。
蓮根の穴にかしわミンチを詰めて焼いたのもおいしかったなあ。
2人でビール大瓶3本を空けて、焼き物で腹一杯になっても、
4000円とちょっと。
つまり1人2000円少々。
安くておいしくて、幸せ!な夕食でした。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 2月13日(... 2月15日(... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。