ヨハネの福音書とはどのような書か

2017-07-21 10:32:03 | 牧師のつぶやき
 7月19日付けのWEBRONZAの「『ディープラーニングの父』に会ってきた」という有料記事に載っていた図に触発されて下のような図を作成しました。



 WEBRONZAの図では「A」という文字が使われていますが、ここでは「G」を使いました。神(God)と福音(Gospel)の「G」です。
 左図(ア)だけを見ると、この図が何を示すのかよくわかりませんが、右図(イ)のように三つの円を重ねてあげると、「G」という文字であることがわかります。人間の視覚には、このような不思議な性質があるそうです。
 これはヨハネの福音書に大変に似ていると思いました。ヨハネの福音書は目に見えている部分だけを見ると難解なよくわからない書です。しかし、旧約聖書と共観福音書(マタイ・マルコ・ルカの福音書)と使徒の働き(使徒言行録、使徒行伝)を重ねてあげると、この福音書に描かれている神の福音が霊的によく見えるようになります。
 もちろん視覚と霊覚とはまったく異なるものでしょう。しかし、人間の霊覚には視覚に似た不思議な性質があるようです。私はヨハネの福音書がどのような書であるかを人に理解してもらうのに苦労しています。もしかしたら私たちは見えていない部分にどのような重なりがあるのかを想像することが、あまり得意ではないのかもしれません。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 十字架から二千年は紀元何年... | トップ | 戦災の危機へのイエスの警告 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

牧師のつぶやき」カテゴリの最新記事