今日のエンドロール

10点満点の採点つきで年間約120本。観る前も観たあともクスッと笑えるレビューをお届けします。

隠し剣鬼の爪 6

2004-11-04 00:16:19 | タイムリーヒット
味噌汁みたいな作品だ。
我々の生活には西洋が溢れている。衣食住全てが明治以降に流入した西洋文化に圧倒され、それなしで生きていくのは不可能だろう。確かに便利だし快適だから人々に受け入れられたわけだが、DNAにしかけでもあるんだろうか、時々和風に身をゆだねてみたくなることがオレはある。

シネコンなんかに行くとスクリーンにはバタくさい洋物が溢れている。見た目も派手だし、大きな資本を投下して作られた作品はしっかりマーケティングしてあり、誰が見てもそこそこ面白いように作ってある。マ○ドみたいなもんだ。でもそれだけが全てだと思って脇にある煮物やらキムチやらを毛嫌いしていると、感覚の「スーパーサイズ・ミー」みたいになってしまうに違いない。

この作品はその点、全く派手なところはない。人情でとったダシ汁にゴボウと豆腐、少々の大根役者を入れて煮込み、それを長年培った味噌でまとめた。殺陣のネギは薬味程度。「うまい!!」と感激するほどの味ではないが、日本人なら飲んだ後「ふぅ~っ」ため息がでるほど落ち着いた味に仕上がっていると思う。ただ客席を振り返ると「夫婦50割引」利用者ばかり。テレビの人気番組を工夫なく持ってきたり、ダシガラ状態の昔のスターで団塊世代をあつめるだけでなく、この味噌汁の旨さをいかにコンビニ世代に味あわせるか?それが日本映画界の課題だろう。

オレはハンバーグ定食でも魚フライ定食でもスープではなく、ご飯と味噌汁が欲しい方だ。でも、だからといってあの店でカレーライスについてくる味噌汁はサービスとはいえ、微妙だ…。

鬼の爪を見て往年のマンガ、ブラックエンジェルスを思い出した人はクリックして下さい!(映画風呂具ランキング)
コメント (14)   トラックバック (15)   この記事についてブログを書く
« 髑髏城の7人 7 | トップ | いま、会いにゆきます 8 »
最新の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
たしかに (ハリネズミ)
2004-11-04 01:26:51
うまい例えですね~なんだか妙に納得してしまいました。
確かに… (牛太郎)
2004-11-04 01:27:15
松屋の味噌汁はタダだけど、微妙ですね。でも吉野家のは機械から出てくるんであれよりかはマシかと。
懐かしい! (白天使)
2004-11-04 01:39:06
ブラックエンジェルス、ジャンプでやってたやつですよね。決め台詞は地獄に落ちろでしたっけ?
なんだか・・・ (Cold)
2004-11-04 01:42:13
初めて、コメントさせていただきます。



「嫌なんだけど、命令だから仕方なく決闘する。」という、前作の「たそがれ清兵衛」と同じようなシチュエーションには「またか」感がありますね。

・・・嬉々として決闘に行かれても困りますけどね。

味噌汁ですか (kid2002)
2004-11-04 01:50:15
なるほど、海外旅行の時とか欲しくなりますもんね。それはそうと最近は妙にキムチがバタ臭いのが気になりますが。
隠し剣がちょっと (100s)
2004-11-04 02:09:45
私的には隠し剣があっけなかったです。原作はシリーズものみたいですけど、映画も寅さんみたいにシリーズ化されるんでしょうか?ゴボウと豆腐って永瀬さんと松さんのことですか?
違いが・・・ (cyaz)
2004-11-04 08:46:56
TB、ありがとうございましたm(_ _)m



「○リープを入れないコーヒーなんて」って言うCMもありましたが、違いがわかるんですかねぇ(笑)?! 山田食堂もやや客の入りが悪くなってきましたねぇ(笑) ただ間違いなく老人社会になってくると、こういう映画も必要なんだと、お茶の間化した劇場のシートに腰掛け納得している自分がいます(爆)。。。
味噌汁の味 (kossy)
2004-11-04 08:54:26
が~~ん。

今朝、昨日の残りのカレーライスと味噌汁を食べたところです(笑)

大根って、吉岡くんのことですか?
TBありがとうございました。 (spring-springer)
2004-11-04 09:40:44
派手なところはないけれど、

落ち着いていて、しみじみする映画でした。
なるほどねぇ (wakuo)
2004-11-04 16:26:42
この映画が味噌汁なら、たそがれ清兵衛は何になるんですかね?お吸い物?煮物?ちょっと寂しげだったから酢のものあたりかな

コメントを投稿

タイムリーヒット」カテゴリの最新記事

15 トラックバック

「隠し剣 鬼の爪」 深化したたそがれ清兵衛 (odateh blog)
2004/10/31 AMCイクスピアリ <ネタばれご容赦m(__)m> だまされてはいけません。 山田洋二監督、藤沢周平原作、東北の小藩の田舎侍の、真面目で真摯な生き様を描く、という時点でもう、どこが「たそがれ清兵衛」と違うのだろう?という思いはぬぐえない。実際、登場人
隠し剣 鬼の爪 (ネタバレ映画館)
 『たそがれ清兵衛』から2年。山田洋次監督による藤沢周平原作の第2弾作品が公開。  下級武士という設定。終盤では謀反を企てた罪人を討つというストーリーもそっくりになってしまった。地方の小藩が現代の公務員の階級制度と酷似していて、武士の魂が無いことを除けばすん
隠し剣 鬼の爪 (煩悩日記)
10月25日(月)の試写会に行ってきました! お話はと言うと、 幕末の東北。海坂藩の平侍、片桐宗蔵(永瀬正敏)は、母と妹の志乃、女中のきえ(松たか子)と、貧しくも笑顔の絶えない日々を送っていた。やがて母が亡くなり、志乃ときえは嫁入りしていった。ある日宗蔵
「隠し剣 鬼の爪」試写会にて (xina-shinのぷちシネマレビュー?)
試写会で『隠し剣 鬼の爪』を観てきました。題材が時代劇なだけに客層の平均年齢は高かったですね。 原作は「藤沢周平」、監督は「山田洋次」。『たそがれ清兵衛』のコンビでございます。短編『隠し剣 鬼の爪』と『雪明かり』を脚本化したものとの事。 幕末、東北の小藩
隠し剣 鬼の爪[10/26試写会] (日々徒然ゆ~だけ)
 日付変わって本日公開なんで,基本的に通常鑑賞と同じモードで書きまする。  時は幕末。激動の少し前。東北の小藩の貧乏侍・片桐宗蔵は,母の生前に奉公に来ていた娘・きえと再開する。大店に嫁いだはずのきえはしかし,不幸な面ざしをしていた…  山田洋次。山田
第28回目は、「隠し剣 鬼の爪」で御座います (ノリーな日々)
第28回目は、「隠し剣 鬼の爪」で御座います 最初に、オイラは・・・オイラは、すっかり歳を取ってしまった様である・・・ オイラは、小さい時母方のじーちゃんとばーちゃんと一緒に暮らしていた 夜になると、2人してテレビに噛り付いて時代劇をよく観ていたっ
『隠し剣 鬼の爪』はスパイスの名前 (よみびとしらずのヨミズム)
「あわきこと、水のごとし」 「ほめているのですか? それとも、けなしているのですか?」 「ほめているんだ」 「へえぇ……」 「えらくこざっぱりしているし、派手さもない。でも、退屈はしない。どこかに『品の良さ』のようなものがある」 「京料理みたい
隠し剣 鬼の爪 (今夜、スクリーンの前で)
評価・・・☆☆☆このブログのトップバッターを飾る映画は「隠し剣 鬼の爪」です。同じ山田洋次監督の「たそがれ清兵衛」が良かったのと、予告編で、雪が積もった町のシーンがとても」印象的だったので期待していました。その期待に十分応えてくれました。ストーリーは・・
映画「隠し剣鬼の爪」 (定年後の楽しみ方)
妻はウォークの会とやらで、青梅の方へ紅葉見物に行った。命の洗濯とばかり、近くのホームセンターの二階にある「複合映画施設(?)」に映画を見に行く。 一ヵ所に六つの映画館がある、最近よくある施設だ。切符売 ...
隠し剣 鬼の爪 (fang-lang.net)
武士道を志す者として、「必ず観なければ!」と心に決めていた映画です。 この映画のおかげで、侍とは何たるかというのを再確認できました。 『鬼の爪』はまさしく『必殺技』ですね。 この映画を観た帰りに、武士道をさらに極めるべく、本を買って帰りました。 武士道 五輪書
隠し剣  鬼の爪 ( FOR BRILLIANT FUTURE)
本当はもっと早くに見に行こうかなと思いつつも今頃になってしまいました。 これは、シネコン上映なんですが気になったのは、最初のクレジットが流れている時にもう既に寝ている人が…。(笑)面白いか面白くないかも分らないうちに最後まで眠り続けているなんて凄いなあ。
隠し剣 鬼の爪 (Akira\'s VOICE)
静かに優しく胸を打つ素敵な時代劇!
隠し剣 鬼の爪 (僕の中の世界)
 『隠し剣 鬼の爪』を観た。  このDVDを借りた時は『たそがれ清兵衛』にテイストを期待していたというか、予想していたんだけれど結構違っていたので驚いた。  『たそがれ~』ほど暗くないこと。それが最初の感想。「ご恩と奉公」やそれに伴う苦労を描いてはいる...
隠し剣 鬼の爪 (空想俳人日記)
超えられる 分かっており申すゆえ 超えませぬ  あのなんでもないなんとなくな日常をさらりと描きながら、得体の知れない不可解な世界も覗かせる作風を併せ持つ特異な作家、川上弘美さんが、いつか読まねばならないであろう作品、そう信じて買っておいて、足の踏み場
隠し剣 鬼の爪 06年35本目 (猫姫じゃ)
隠し剣 鬼の爪 監督 山田洋次 + 原作 藤沢修平 ほか、「たそがれ清兵衛 」のスタッフによる第2弾。 でも、この題名、あたしはてっきり、隠密ものだと思っていました。違ったのね、、、 同じ人達が作ったから、二番煎じとは言わないのね。しかし、たそがれ清兵衛は.