今日のエンドロール

10点満点の採点つきで年間約120本。観る前も観たあともクスッと笑えるレビューをお届けします。

キツツキと雨 8

2012-02-24 15:38:29 | 逆転サヨナラHR
これがオトコの癒し系。
役所広司演じる木こりのおじさんと、その山にホラー映画のロケでやってきた若い映画監督が出会い…って話。
感情を表現するのが苦手な2人が撮影を通じて徐々に心を開いていくわけだけど、終始朗らかな気分だった。
その最大の理由は役所広司の見事な演技。はじめはぶっきらぼうで愛想ないオヤジが、今まで触れたことのない世界に巻き込まれ楽しくなっちゃう。こないだは揺るぎない信念を持った山本五十六だった男が、この映画では完全にちょっと浮かれて「男の子」の気分に戻ってる可愛いおっちゃん。そこに引っ張られていく周りのキャラクターも魅力的で素晴らしい作品になっていると思う。自分的にはさらにポイントを高めているのが撮影現場の楽しさ。監督の不安な気持ちも似たような体験したことがあるし、みんなで一つの作品を作り上げる楽しさってのも堪らない。現場やりたい!改めて思った。
コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« サウダーヂ 7 | トップ | アニマルキングダム 4 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

逆転サヨナラHR」カテゴリの最新記事

2 トラックバック

やるの? やんないの? (笑う学生の生活)
15日のこと、映画「キツツキと雨」を鑑賞しました。 田舎 人里離れた山村、映画撮影のために訪れた若い監督 幸一 妻が亡くなり 息子2人暮らしの木こり 克彦は撮影を手伝うはめになり・・・ なんともほのぼので クスッと笑え、ほっこり温かくなる 日本映画らしさが 木....
【映画】キツツキと雨【不器用だけど温かい二人】 (ドンカンはツミである)
『南極料理人』の沖田修一監督作品。楽しみだったのです(^^) 思った通り、コンスタントにウフフフクスクス笑いが続く映画でした! 『南極料理人』でもそうでしたけど、一つ一つのシーンやセリフの「間」がイイですね。 私が映画監督だったら、「間」がコワイから...