Whatever will be, will be.

気まぐれ日記。

日本ダービーの展望-その2

2019-05-20 12:03:55 | G1
3着馬の傾向。

来ない馬
(1)前走、G1、青葉賞、プリンシパルS、京都新聞杯以外。
(2)オープンクラスの1800m以上で連対なし。
(3)重賞連対なし。
(4)前走、青葉賞で2着以下。ただし、逃げて2着だった馬は除くと前々走、重賞勝ち馬は除く。
(5)前走、京都新聞杯で、2着以下。
(6)前走、プリンシパルSで、3着以下。
(7)前走、NHKマイルCで、3着以下。
(8)皐月賞で、4番人気以下でかつ4着以下。


残った馬
ヴェロックス
サートゥルナーリア
ダノンキングリー
ランフォザローゼス
リオンリオン
レッドジェニアル

6頭。

こちらも良い感じ絞れた!!

さらに絞ると・・・。

ほとんど来ない馬

前走、皐月賞で4着以下。(ダービーが良馬場になる場合)
→今年は該当なし
1800m以上の重賞で連対なし。
→今年は該当なし
青葉賞を僅差勝ち、または2着以下。
→ランフォザローゼス、リオンリオン


さらに残った馬
ヴェロックス
サートゥルナーリア
ダノンキングリー
レッドジェニアル

4頭。

ダノンキングリーは連対馬のイチオシなので、それ以外から。

サートゥルナーリアイチオシ!!

とりあえず、3着馬の傾向ではあるが、残りの馬ではレッドジェニアルは明らかに見劣り、それ以外から。
ヴェロックス、サートゥルナーリアの2択。
3着馬の傾向なので、どちらでも良いというのが本音だが...。
ヴェロックスは連対馬の次点扱い。
ダノンキングリーとヴェロックスが2着以内ならばサートゥルナーリアが3着という事になる。
コメント

日本ダービーの展望-その1

2019-05-20 00:29:35 | G1
連対馬の傾向。

来ない馬
(1)前走、G1、青葉賞、京都新聞杯以外。
(2)前走、青葉賞で1馬身差以上で勝った馬以外。(2着以下は無条件でアウト)
ただし、上り33秒台でかつ半馬身以上で勝った馬は除く。
(3)前走、京都新聞杯で2着以下。
(4)前走、NHKマイルCで4番人気以下で2着以下。
(5)前走、NHKマイルCで2着以下。ただし、1800m以上の重賞勝ち馬を除く。
(6)皐月賞で、5番人気以下でかつ7着以下。

残った馬
ヴェロックス
クラージュゲリエ
サートゥルナーリア
ダノンキングリー
ダノンチェイサー
レッドジェニアル

6頭。

良い感じに絞れた!!

さらに絞ると・・・。

勝つ馬という点で考えると。
過去10年のダービー馬。
ロジユニヴァース、エイシンフラッシュ、オルフェーヴル、ディープブリランテ、キズナ、
ワンアンドオンリー、ドゥラメンテ、マカヒキ、レイデオロ、ワグネリアン

古馬になってG1を勝っている馬。
種牡馬で活躍中の馬がほとんど。
あるいはダービー前までに素質を十分感じさせるレースや戦績だった馬。

明確に言えることポッと出の馬がここで劇走して勝つということは有り得ないのがダービーの歴史である。
ダービー馬には、そういうスター性、エリート性がないとなれない!!


ダービーまでの成績は・・・
スケールを感じさせるレースをしている。
凡走は殆どしていない

あとは。
新馬勝ちする馬が多い。(特に楽勝する場合が良い)
無理使いしていない。(レースを使いすぎない)


さらに残った馬
ヴェロックス
サートゥルナーリア
ダノンキングリー

3頭。

皐月賞上位3頭になった。

ダノンキングリーイチオシ!!

レースぶりに関しては皐月賞3着でも負けて強しの内容で先着を許した2頭に全く劣るものではない。
共同通信杯で東京競馬場を経験し、そこで距離適性の差の問題もあるが、アドマイヤマーズに完勝している。
東京競馬場の方が力は発揮できるタイプであるはず。
また、3頭の中では唯一、新馬戦から鞍上が変わっていないのも良いし、
その鞍上の戸崎は一応、一流騎手でもある。

ダービーを勝つためのステップをしっかり踏んできて、ほぼ傷のない戦績
血統、厩舎、騎手もG1を勝てる条件は揃っている
敢えて難癖を言えばダノン冠であることだが...。

ダービー馬にはダービー馬に相応しい馬名というのがあって、冠馬名はあまり良くない。
ただ、ダノンの馬はG1を勝てるようになってきているし、ある意味、過去最大のチャンスであったはずの昨年に
ダノンプレミアムで勝てなかった(勝たせてもらえなかった)という貸し、借りがある。
そろそろダノンの馬にもダービーを勝たせてもらえる順番が来たと解釈したい!!

残りの2頭も十分、ダービーを勝つ資質のある馬で、鞍上はG1に関して言えば、戸崎より上とも言える。
ただ、ダービー馬になるには乗り替りがない方がより相応しいと思うので、ダノンキングリーよりも評価を下げた。

一応、次点扱いヴェロックス
サートゥルナーリア3番手
アクシデントで仕方がなかったとはいえ、ダービーで乗り替りになるのは極めて異例
鞍上の手腕には問題ないが、ある意味、この乗り替りの時点でダービーを勝つ運を失ったようにも思う。
コメント