ニュイ☆別館

温泉旅行あれこれ
塩素消毒しない
源泉かけ流しの宿

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

蓼科高原ホテルハイジ③~

2009年09月14日 | 蓼科高原 ホテルハイジ

蓼科高原 ホテルハイジ③ 食事
http://www.hotelheidi.co.jp/


夕食は、品数少な目のライトミールコースを選択。
前菜、スープ、メイン1品、デザート、コーヒー。

お品書き見た時は、「物足りないかな」と感じたが、実際は味にもボリュームにも十分満足だった。

レストランというよりビストロっぽいアットホームな雰囲気。

凝った演出の料理ではなく、シンプルな定番ぽい献立だが、美味しく頂いた。
特に自家製スモークサーモンと牛ホホ肉の煮込みが美味しかった。
また食べに来たいなと思った。

写真が下手くそで、料理が全然美味しそうに写っていないのが残念!

 

 
自家製スモークサーモン

 

 
 

 

 
ポタージュスープ。

 

 
 

 

 
牛ホホ肉の赤ワイン煮。とても美味しかった。
(または黒むつのポワレ ラタトゥイュ添えも選択可)

 

 
 

 

 
 

 

 
朝食は窓際の席で。
ジュース、トースト、卵、ベーコン、コーヒーなど、
ごく普通の洋朝食で、印象なし。



 
隣の席との間にはめ込まれた、ステンドグラス風のガラス窓。



 

朝8時頃から芝刈り機の音が…
朝食の時も、かなり耳障りだった

あの綺麗な芝庭をキープするために、こまめにお手入れをしているのはわかるのだけど、時刻を考えてくれたらな~。

庭も建物も、露天風呂も良く手入れされており、オーナーの思い入れ、愛情が随所に感じられるホテルだった。

夕食の料理も美味しかったし、料金もリーズナブルなので、また行きたいと思った。

2009年8月泊ひとり15500円

             おわり



目次のページへ戻る
ニュイ別館 塩素消毒しない源泉かけ流しの温泉宿中心

 

コメント (2)

蓼科高原 ホテルハイジ②~

2009年09月14日 | 蓼科高原 ホテルハイジ

蓼科高原 ホテルハイジ② 露天風呂
http://www.hotelheidi.co.jp/

 

中庭の外れに、露天風呂がある。
比較的最近作ったらしい。
部屋には、露天風呂に行くのに便利なサンダルが備えてある。
備品の寝巻きはあるが、部屋の外で着られる浴衣やリゾートウエアは無いので、自分の服を着ていく。
タオル類は脱衣所に備えてある。
「浸かるためだけの露天風呂」なので、石鹸、シャワーの類は備えてない。
体を流すための、上がり湯はある。

まず、部屋のお風呂で体を洗ってから、露天風呂へ出かけた。

 

 
中庭から撮った建物。
写真左方向へ行くと↓のような散歩道が露天風呂へと続く。

 

 
足元はそんなに悪くないけど、ヒールだと歩きにくいかも。

 

 
手前右が女湯。奥の青い暖簾が男湯

 

 
 

 

 
脱衣所。中はとてもきれいに掃除されている。

 

   
脱衣所窓から見下ろした露天風呂。
緑に囲まれて良い雰囲気
フラッシュなし。

脱衣所出るとまず、上がり湯が注がれる槽があり、それを手桶で汲んでかけ湯する。
そこから階段3段下がると湯船がある。

階段の上から見下ろした浴槽。
野趣溢れる雰囲気だが、綺麗に掃除してあり葉っぱとかゴミなど何も落ちていない。
屋根も付いているので雨に濡れる事もない。

 

「源泉100%」??

露天風呂に行くと、強い塩素の匂いに気付いた。
脱衣所の成分表を見たら「塩素消毒あり」の表示。
匂いも強いし、カブれるとイヤなので、残念ながら温泉は諦めた

帰宅後、HPを確認したら「源泉100%かけ流し」と書いてある。

「塩素消毒あり」なのに、「源泉100%」とはどう解釈すればいいのだろう
混乱してしまった。

お湯に塩素を混ぜている場合
何かを混ぜたら「100%」ではないわけで、
塩素を混ぜているなら当然「源泉100%」とは表示できないはず。
塩素入りなのに、「源泉100%」と表示したら、事実と異なる虚偽の表示になってしまう。この場合「源泉かけ流し。塩素添加あり」と表示すべき。

・掃除の時のみ塩素を使っている場合
「掃除の時には、浴槽を塩素系洗剤で洗うけど、
掃除の後、その塩素は綺麗にすすぎ流し、
浴槽に張る温泉には塩素を混ぜていない」という場合は、
お湯に塩素が入ってないので「源泉100%」と言えるだろう。

ホテルハイジの「塩素消毒」がどちらのタイプなのか、あるいはどちらも併用なのかわからないが、次回リピートする時は確認したいと思った。

                        

私は皮膚がかぶれやすいので、温泉に何度も浸かる目的の旅行であれば、塩素入り風呂は避けるようにするが、

施設によって事情は様々だから、一概に「塩素消毒しているから悪い宿」とは思わない。

湯量の少ない所とか温泉に恵まれない分、サービスや料理を工夫している魅力的な宿は、たくさんある。

実際、ホテルハイジは、雰囲気や料理が気に入って、温泉が無くてもリピートしたい気持ちになった。

不利な情報はなるべくうやむやにしたい気持ちもわかるが、
ごまかそうとしたり、事実と違う表示をすれば、うさん臭い印象を与えて、
かえって信用を失ってしまう。

不利な情報でも、正直に明確に表示している施設の方が誠実で好感が持てるのは言うまでもない。

 ……と、思うのです。

 

目次のページへ戻る
ニュイ別館 塩素消毒しない源泉かけ流しの温泉宿中心

 

コメント

蓼科高原 ホテルハイジ①

2009年09月14日 | 蓼科高原 ホテルハイジ
蓼科高原 ホテルハイジ① 外観・ロビー・客室など
http://www.hotelheidi.co.jp/


気分はスイス!
(スイスには行ったことないけどね)
チロリアン風の建物、中も外も可愛らしい♪




 
いきなりメルヘンチックな可愛らしいゲートがお出迎え

 

 
 

 

 
 

 

 
良い感じに古い木の看板。
「HEIDI」の「DI」が取れちゃってる

 

 
ゲートくぐって坂道を登ると突き当りが駐車スペース
長いアプローチって、ワクワクする。

 

 
「東伏見家別邸」と掘られた石の門柱。
もともと皇族の別荘だったそうで、今でもオーナーは東伏見さんという方です。

 

 
正面入口。

 

 
控えめな玄関。
白い漆喰に両開きのアーチ型の木の扉♪
ワクワク♪

 

 
こちらはロビーのようなラウンジのような場所。
ちょっと暗い。

 

 
廊下。ちょっと暗い。

 

   

2階のスタンダードツインガーデンビュー。34㎡。
ベランダ付の窓が2つ。

 

 

   
   

 

   
  インテリアや小物など細かなところまで凝っていて、心がくすぐられます。

 

   
  バスタブ浅め。



 
アメニティは基本的な物のみ。
ハイジのイラスト入りパッケージ!中身は多分普通。
使わないけど写真だけ撮りました。

 



   
   

 

   
部屋のバルコニー。ここにも可愛らしいデザインが  
 

ベランダから見た芝生の中庭
芝生の緑がさわやかです。
小さな小屋はかつて売店として使用していたそうです。




 長野県 蓼科高原 ホテルハイジ①建物・客室
 長野県 蓼科高原 ホテルハイジ②露天風呂
 長野県 蓼科高原 ホテルハイジ③食事・感想~ 

 

目次のページへ戻る
ニュイ別館 塩素消毒しない源泉かけ流しの温泉宿中心

 

コメント (2)