サヒロの個人美術館

趣味の油絵製作活動を写真付きで日記風にgooブログ。

夏のシーボニア・・・・余った絵の具で新たに製作開始

2013-12-06 21:41:59 | 日記
今、モネの睡蓮の模写を鋭意製作中ですが、詳細部分の位置、形、色合わせ作業段階に入ると、俄然進捗スピードが落ち、また頭、目、肩が疲れます。パレットに出した白、青、赤、黄の絵の具を全部使わない内にやめたくなります。

今年春から油絵を再開することになり、勘を掴むために始めた摸写も早3点となりました。大分筆使いも慣れてきたようです。

そこで、その残り物の絵の具たちを使って、模写ではなく、自分の絵の創作をすることにしました。絵筆は摸写の時と異なり、比較的柄が長く、毛が固く、平筆を多用することになります。キャンバスの中を、自分の感じるままに、大胆に、サクサクと筆を動かすので、摸写作業のストレスが多いに解消される効果があります。

題材は、今年の夏に神奈川県三浦のシーボニアに海を眺めに行ったときの1コマです。夏の明るい日差しの中、ハーバーにのどかに停泊する船を描いています。夏の間、居間に飾っておけるよう、頑張って仕上げようと思っています。今回は、描き始の段階なので、新築の家を建てることに例えて言えば、基礎工事段階で、まだコンクリートを打ってないところもあるような絵をアップすることになりました。完成を楽しみにお待ちいただければ幸いです。





コメント