池袋の永井格税理士事務所      ながい いたる の心の通う ブログです             

 池袋で事務所を開いて18年。経営者の皆様と心の通ったおつきあい。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ポイント付与したら、消費税はどうなるのでしょう?

2017年04月11日 20時06分02秒 | 仕事のこと

量販店で買い物をすると

ポイントがつきますね。

たくさん買えば買うだけ

ポイントがつきます。

このポイントを売買すると、

これは課税取引。非課税では

ありません。

ポイントは「証書」ではないので

「物品切手」に該当しないから。

では、量販店がポイントを付与した場合は

消費税の扱いはどうなるのでしょう?

これは判断がむつかしいです。

ポイントを付与しても、それだけでは

対価性があるわけではないし・・・。

課税の対象にはならないと思いますが、

どうでしょうか?

 無料相談随時OK! 

ご相談やご質問は、ながい いたる税理士事務所

 

 

 

 

 

 

 

コメント

マイナンバーは恐ろしい!どうしよう。

2017年04月03日 18時45分26秒 | 仕事のこと

 所得税の確定申告書に

マイナンバーを記載しなくても

税務署はちゃんと受理します。

ペナリティなどありません。本当です。

相続税でも贈与税でも同じです。

 ところで、先日銀行の窓口で

預金口座の住所変更をしようとしたら、

マイナンバーを提出していないから

ダメといわれました。

これでは、どうにもなりません。

 これに対して、金融庁は、金融機関に対して

マイナンバーの提出がなくても「柔軟な」対応を

するようにとの異例の通知を出したそうです。

 確かにこれが現実的な対応でしょう。

金融庁はなんとお優しい!ということに

なりそうですが、ちょっと待ってください。

 

 消費税法が施行された平成元年のころ

「弾力的運用」という言葉がありました。

 今では信じられませんが、後出しで

「簡易課税制度選択届出書」を出しても

簡易課税が認めらたし、とにかく消費税は

こんなにゆるいものなのか、という印象を

だれもが持ったものでした。

 それが今ではどうでしょう。消費税は

がんじがらめで、課税も徴収もこれほど

厳しく運用されているものはありません。

 

 マイナンバーを書かなくてもよいのは

おそらく今のうちだけしょう。

 いずれマイナンバーを提出しなければ

送金すらできない時代が来るかも

知れません。

 そうなったら、きっとタンス預金が

膨大な額になるでしょうね。

 国民の財産のうち半分がタンス預金に

なったら日本経済はどうなるのでしょう。

本当にマイナンバーは恐ろしい!!

 

 無料相談随時OK! 

ご相談やご質問は、ながい いたる税理士事務所

 

 

 

 

  

 

 

コメント