池袋の永井格税理士事務所      ながい いたる の心の通う ブログです             

 池袋で事務所を開いて18年。経営者の皆様と心の通ったおつきあい。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

決算書はだれのもの?銀行のもの?税務署のもの?それとも・・・

2014年06月08日 13時54分16秒 | 仕事のこと

 飛び込みのお客様が見えました。

「とりあえず決会社の決算書を作ってください。申告期限は明後日です。

どうせ赤字だから、適当に・・・。」と仰るのですが、少し困ってしまいます。

「赤字」というのは感覚的なもので、「手許資金がないから赤字」とお考えの

場合でも、法人税などが課税されることが少なくありません。

 決算書は、会社の1年間の財務内容の総まとめで、来期からの

事業計画の基礎になるものです。

 決算書はだれのもの?とあらためて聞かれると困りますが、

決算書は、結局経営者自身のものでしょう。

 決算書を作るのは、会社のため、経営者のためで、税務署のためでも

銀行のためでもありません。

バランスシートには会社の財産がたくさん載っています。

売掛金、棚卸資産、固定資産・・・。財産が載っているという意味では

バランスシートは預金通帳とおなじです。

 自分の会社をかわいがって大事にしてくださいね。自分を大事に。

自分を大切にする人ほど決算書をきちんと作るような気がします。

 

起業するみなさまへ → 無料相談随時OK! 

この記事に関するご相談やご質問は → ながい いたる税理士事務所

  

コメント