池袋の永井格税理士事務所      ながい いたる の心の通う ブログです             

 池袋で事務所を開いて18年。経営者の皆様と心の通ったおつきあい。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

税理士報酬に端数がついたら、「クッシーナク」!

2013年01月07日 15時32分01秒 | 仕事のこと

 平成25年から源泉所得税に「復興特別所得税」が加算されます。

復興特別所得税は通常の所得税の2.1%ですから、今後は税理士や弁護士からの

請求書に端数がつくことになります。

 ただでさえ面倒な源泉徴収事務がいっそうややこしくなりそうで、経理担当の皆様方は

ご苦労の多いことと思います。

 さて、弁護士・税理士などから来た請求書に端数がついていたら、まず、請求金額を

0.9479で割ってみてください。消費税抜の本体価額になるはずです。

 報酬額が100万円までなら、ほとんどの場合この方法で本体価額が計算できるでしょう。

0.9479が覚えにくければ、この際「クッシーナク」と覚えましょう。

 かの有名な北海道屈斜路湖の未確認生物クッシーの登場で、今年の源泉徴収事務は

スムースに乗り切れそうです。

 

起業するみなさまへ → 無料相談随時OK! 

この記事に関するご相談やご質問は → ながい いたる税理士事務所

 

コメント