池袋の永井格税理士事務所      ながい いたる の心の通う ブログです             

 池袋で事務所を開いて18年。経営者の皆様と心の通ったおつきあい。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

安倍さんて、いい人?悪い人?

2007年09月13日 13時23分08秒 | 仕事のこと
子  供: 安倍さん首相辞めたの?安倍さんていい人?悪い人?

お父さん: 安倍さんはいい人だよ。やさしいし、闘わないからね。

子  供: それなら何でみんな安倍さんのことを悪く言うの?

お父さん: 大事な仕事を放擲したからだよ。

子  供: ホウテキって?

お父さん: 放り出すことだよ。

子  供: 放り出すと何で悪いの?

お父さん: お前の学校の前の校長先生と同じだよ。勝手に辞めてみんなに
     迷惑をかけたからね。無責任だってみんな怒っているんだ。

子  供: でも辞めたら他の人が首相になるんでしょう?

お父さん: そうだよ。でも、もしお父さんが仕事でつらいことがあって
     社長を辞めたらどうなると思う。

子  供: どうなるの?

お父さん: 会社はつぶれて、後には借金だけが残るよ。
     この家も売らなければならないし、お母さんも働かなくては
     食べていけなくなる。

子  供: 安倍さんもそうなるの?

お父さん: 安倍さんはそうはならないよ。「ごめんなさい」って言えば
     いいんだ。

子  供: お父さんは「ごめんなさい」ではだめなの?

お父さん: だめだよ。お父さんは生活のすべてをかけて社長をしているからね。
     お父さんが辞めたら、お父さんもお母さんも、子供たちもみんな
     食べていけなくなる。
     「ごめんなさい」って言って病院に入っても、だれも助けてなんて
     くれないよ。来るのは債権者だけだよ。

子  供: 「サイケンシャ」って?

お父さん: 借金取りのことさ。

子  供: 結局、安倍さんはいい人;悪い人?

お父さん: いい人だよ。これはまちがいない。でも、経営者には向かない。
     だから国の経営もできなかった。
      いい人が全て経営者に向いているとは限らないんだ。これは大事な
     ことだよ。経営者に向かない人が経営をしている例は世の中に
     たくさんある。社員にとっても経営者自身にとっても、
     これはとても不幸なことだよ。

      安倍さんは、お坊さんになれば良いと思う。お父さんはきっと毎日
     会社の帰りに安倍さんのお説教を聞きにいくだろうね。
     

      この記事に対するお問い合わせは
      →http://www.ntata.com/永井格税理士事務所へどうぞ




コメント

台風は大気の安全弁?

2007年09月11日 14時17分16秒 | 仕事のこと
 毎年わが国に大きな爪痕を残して去ってゆく台風。
 被災地の方には申し訳ありませんが、子供の頃は、台風という非日常的な現象を胸躍る思いで心待ちにしていたものでした。 
 窓ガラスをたたく大粒の雨、父親が閉める雨戸の音、ろうそく、トランジスタラジオ・・・。 

 ************

 台風発生のメカニズムには諸説あって、必ずしも定説はありません。古くは台風は赤道前線上で発生すると言われていましたが、近年この説はあまり語られないようです。
 いずれにしても、台風は南洋の大気が含んでいる膨大な潜熱エネルギ-が、激しい対流不安定を引き起こすことによって発生することは間違いないようです。

 

 ところで、もしこの世に台風がなかったらどうでしょうか?原子爆弾の数万倍といわれる大気のエネルギ-は行き場を失い、とてつもなく膨張し、想像もつかない大災害をもたらすと言われています。
 台風が「大気の安全弁」と言われる所以です。

 安全弁が必要なのは大気ばかりではありません。原子力から家庭で使う圧力釜まで、そして私たち人間に対しても、安全弁は至る所で機能しています。

 苦しみや悲しみを心のせせらぎに流してしまう人がいるかと思えば、憎しみや怒りをを膨張させてついには刃傷沙汰をおこす人まで、人は実に様々です。

 家族への愛、奉仕、美しい風景・・・これらは私たちにとって、あるいは心の安全弁なのかも知れません。 
  
 この記事に対するお問い合わせは
 →http://www.ntata.com/永井格税理士事務所へどうぞ 
コメント

はじめてテニスをやった!

2007年09月05日 13時10分48秒 | ちょっと一息
 はじめてのテニス。正確に言うとこれまでの人生のうちで2度目のテニスです。確か高校生の頃、体育の授業で一度ラケットを握ったことがあったような…。



 先週の土曜日、子供2人を連れて近所のテニススク-ルの門をくぐりました。
時刻は午後7時、宵闇迫る中レッスン開始。この時間帯を選んだのは、いい年をしてみっともない姿を白日の下にさらしたくなかったから。

 気負ってコ-トに立ったけど、ボ-ルをラケットに当てるのが精一杯。やっと当たったボ-ルはなんとフェンスオ-バ-して場外ホ-ムラン。
 でも、ここでめげたらもう終わり。90分のレッスンの間、とにかくボ-ルを追い回してコ-トを走り回りました。



 今回は「体験レッスン」。良ければ正式入会となります。子供2人はやる気でいるから、親の私も入会します。
 来年の今頃は、子供たちと「華麗なるラリ-」を展開していることでしょう---請うご期待!
  
 
 
 
コメント