池袋の永井格税理士事務所      ながい いたる の心の通う ブログです             

 池袋で事務所を開いて18年。経営者の皆様と心の通ったおつきあい。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

3月決算より12月決算を!

2012年05月03日 16時24分45秒 | 仕事のこと

 5月の連休は良いのだけど、3月決算の会社の税務申告期限が集中する

5月はまさに繁忙期。

 連休中は従業員が来ないから仕事ができません。だからかえって連休は

ありがた迷惑?と言うのは少し言いすぎかも・・・。

 3月決算が多いのは、国や地方公共団体の予算編成期間が4月~3月に

なっていることや、学生の卒業が3月だったりすることが理由のようですが、

これはどうも日本だけの現象のようで、3月決算というのはやってみると

意外とやりにくいのです。

 社員の給料計算や年末調整は1月~12月で計算するのに、会社の事業年度が

4月~3月だと、どうにもチグハグで決算事務に手間がかかってしょうがないのです。

外国では圧倒的に12月決算が多いそうですし、昨年私が作った社団法人も

12月決算です。 

 特に官公庁と特別な取引でもない限り、3月決算より12月決算がお勧めです。

 

You Tubeはこちら → http://youtu.be/s3dtz23k8nI

この記事に関するご相談やご質問は → 豊島区池袋の永井格税理士事務所まで    

コメント