曖昧批評

調べないで書く適当な感想など

「軍師官兵衛」第27回「高松城水攻め」の感想

2014-07-06 23:45:18 | テレビ・映画
高松城の周りに長大な堤防を築く羽柴軍。握り飯を食べながら談笑するチーム黒田。長政も「これが水攻めかァ」などと言い、血を流さない戦いに納得してる様子。もこみちが「食い過ぎだ。齢を考えろ」と言われていたのが可笑しかった。

徳川家康初登場。信長より10歳くらい年下のはずだが、寺尾聰と江口洋介では、どう頑張ってもそうは見えないわけで。落ち着いた口調はいいんだが。


その家康に出した吸い物?の味が薄いと言って信長激怒。NHKは、鯛が腐ってて叱られた説を採用か、と思わせておいて違った。だが、この件で光秀は、さほど悩んでるようには見えなかった。少なくとも村重のときほどは。


それよりも、信長の「日の本に王は二人も要らん」のほうが効いたらしい。信長もいつになく第六天魔王っぽい表情でニヤニヤしていた。


後藤又兵衛(基次)が復帰。いつかはゆかしの彼だった。今日のところは、百戦錬磨の侍に成長する雰囲気のキャラではなかったが、まあ頑張ってくれ。


安国寺エケイと官兵衛で、清水宗治を織田に寝返らせる策を考えたが、本人が拒否。無駄に男らしい奴である。官兵衛、エケイ、秀吉らIQ高い系からすると。


なぜか青く怪しい雰囲気の小早川本部。

水攻めのほうは、まだそんなに困ってない感じ。小早川は、これでは戦にならんとか言ってたけど。

で、顔が湾曲するエフェクトとともに光秀が「ときは今 天が下しる五月哉」を詠んだ。あれは連歌の会で詠んだんだと思うが、それを祠で改めて口にしたということか。と、解釈しておこう。

おみくじが、何度引いても「凶」だった。

そして、このドラマ始まって以来最大の、わかっちゃいるけどゾクっとする台詞「敵は本能寺にあり!!!」で来週へ。
この記事についてブログを書く
« iPod touch 5thでHipstamatic... | トップ | Googleに忘れてもらえる権 »