juntarouじいじの日々是好日

保谷障害者福祉センターの卒業記念に「じいじにも出来るよ」と言われて始めたブログ、早いもので、もう15年目に入りました。

枇杷にメジロ

2020年02月14日 | 健康・病気


「N先生の‟梅にメジロ”に対抗している訳ではありません( ◠‿◠ ) 」とのコメントがついて、山じいじのWさんから「枇杷にメジロ」の写真が届きました。
前にもご紹介しましたがスーパーじいじのWさんは300坪もある畑で野菜作りもやっておられるんですよ。その畑の隅に今花を咲かせている高さ10mにもなる大きな枇杷の木が有って、この時期、この花のささやかな蜜を求めてメジロが良くやって来るのだそうです。畑には他の野鳥も多く飛んでくるようです。

実は、と、Wさん。小さい時から小鳥が大好きで高校生の頃にはメジロ、ウグイス、ヤマガラ、など多い時は10羽ほども飼っていたんだそうです。近くの山に捕りに行った事もあったと。そんな趣味があったなんて私も初めて知りました。私にとってはN先生に続いて2人目の「鳥博士」誕生です( ◠‿◠ )

写真がもう一枚。登山開始は4月からで今は冬眠中と仰るWさんですが、体力作りと言うか畑仕事とウオーキングは毎日欠かさずやっておられるみたいです。先日寒波が襲来した時に歩いていた途中の自然公園で目にした「凍った氷の上のチュウサギ」だそうです。「チュウサギ」ですと言われても私にはさっぱり。ダイサギ、チュウサギ、コサギ、と大きさで区別するようですが、私にはどれでも「シロサギ」ですね( ◠‿◠ )


今日午前の元気ジムでも午後のセンターでも、話題にはなりませんでしたが、今日はバレンタインデーでしたね。T君、R君、幾つ貰ってるかな。私も1個頂戴しました。何方から( ◠‿◠ )
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 梅にメジロ | トップ | 新型肺炎 »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
毎年毎年届くのでこのチェコは義理ではなく本命ですね。そのお年で羨ましい。 (きゅりー婦人)
2020-02-16 08:55:42
W様は枇杷にメジロが来ていたのによく気付かれましたね。でも、このような写真があると言うことは、前々から気付かれていてカメラで狙っておられたのでしょうね。前回のN先生同様この写真にはその苦労が滲み出ています。そう言えば、枇杷の花も梅の花同様に今頃咲くのでしたね。俳句の初冬の季語にもなっています。

W様のように山歩きをされる方は鳥や花もお好きな方が多いですね。でも、鳥を飼うまで好きになられる方は珍しいのでは。因みに、私はメジロを捕まえたら暴れて羽がモチだらけ、ウグイスを飼ったらシッポが凍って折れ、ニワトリを飼ったらネコに襲われ、鳥とは相性が良くありません。そうそう、最近は雨戸の戸袋に巣を作られたこともありました。

このように凍った氷の上のサギの写真は珍しいのではないでしょうか。凍ているのでエサも捕れず何か寂しそうです。また足が氷にくっ付き困っているようにも見えます。所で、サギは意外といい加減に区別されているのですね。ダイサギ、チュウサギ、コサギとは。また学生のように大高中小の高がないのは、コウサギとすると子ウサギと間違えられるからでしょうね?

コメントを投稿