juntarouじいじの日々是好日

保谷障害者福祉センターの卒業記念に「じいじにも出来るよ」と言われて始めたブログ、早いもので、もう14年目に入りました。

リハビリ麻雀

2017年01月24日 | 保谷障害者福祉センター


稀勢の里が優勝しました。19年ぶりの日本人横綱誕生ですね。14日目に逸ノ城に勝っても、「明日、白鵬にやられてしまうんじゃないか」と、思ったのは私だけではなかったようで、むくろじ仲間も昨日の陶芸教室でも今朝のデーサービスでも同じことを言っている人が沢山いました(*^_^*)
稀勢の里は土俵態度も相撲っぷりも良いし、安定感も抜群だし、これから益々強くなるんじゃないでしょうか。

日曜日にセンターで「むくろじの会」を開きました。参加者は11名。オリジン弁当へお昼を頼み各自近況報告。次にリハビリ麻雀の平成28年優勝者の表彰を行いました。参加者は総数15名でしたが若手のS・Dさんが後半走って逃げ切り、初優勝しました。みんなで拍手してトロフィを授与、本人も初優勝に嬉しそうでしたね。2位は一昨年優勝者のS・Mさんで、私が3位。昨年優勝者のF・Yさんは、どうしたことかビリッケ(*^_^*)
昨年後半から、ミセスSさんや、ミスターMさんが新たに加わったリハビリ麻雀、平成29年の熱い戦いがスタートしました。
この日は、稀勢の里・白鵬戦を見なくては、と言う人が多くて、何時もより少し早めに解散。稀勢の里、みなさん応援してたんですね。

昨日の午後、整形のS先生の定期検診に武蔵村山まで行って来ました。足の筋肉量と動きなどをチェックしてもらいました。やはり弱いのは大腿四頭筋や内転筋ですね。「コツコツやるしかないね」と、先生。地道にやるしかありませんが、それがなかなか出来なくて(*^_^*)
帰りに東久留米のイオンに寄って、上島珈琲で一服して来ました。
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« キーボードの不調 | トップ | 72代横綱誕生 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ひょっとしたら、ごようつつじ様までが (きゅりー婦人)
2017-01-27 09:29:10
S・Dさん優勝おめでとうございます。今年はF・Yさんの二の舞にならないようご注意下さい。またじいじ様も話題作りの役満ばかりを狙わないでそろそろ優勝も。
それにしても、じいじ様、この優勝トロフィーの写真はプロ級ですね。技術は言うに及ばずセンスも抜群です。これは天性のものと思いますが、日頃から美術館などで良いものを見ておられるせいもあるのでしょうね。所で、このコメントに対しじいじ様は、「いやいや」と謙遜されそうですが、それはやめて下さい。もしそうしたら、それはじいじ様が私のものを見る目が全くないと言っているのと同然だからです。ですから、じいじ様は素直に「私はプロ級なんだ」と気持ち良くなって貰うだけ良いのです。
ごようつつじ様も麻雀に興味があられたのですね。これもこのじいじ様のブログの好影響でしょうか。じいじ様、リハビリ麻雀会にもうお一人入れて貰えないかと言って来られる方が現れるかもしれませんよ。もしそうなったら嬉しいのですが。
稀勢の里は良い横綱になりそうですね。関東では珍しい横綱かと思ったら、貴乃花・若乃花兄弟も東京出身だったのですね。ちなみに、西東京市にもかって序二段まで行った力士(松浦)がいたそうです。
咲ーSaki (ごようつつじ)
2017-01-26 10:10:13
「キネマ旬報」と「スクリーン」で、2016年公開映画でベスト・ワンに選ばれた「ハドソン川の奇跡」がやっとレンタルDVDで出たので借りにいったら、「咲ーSaki」というのが出ていました。
小林立さんの漫画が原作の全国高校生麻雀大会を目指す女子高生の物語を描いたドラマです。その主人公が宮永咲という高校一年生。
金銭の絡むギャンブルとしての麻雀ではなく、一種の知的スポーツとしての認知を目指していると出ていたのに惹かれて、とりあえず第一巻を借りてきました。
美少女たちが麻雀に向かう姿はちょっと違和感もありますが新鮮でもありました。
来週には劇場版も公開されるようです。
そのうちリハビリ麻雀のドラマもできるかもしれませんね。

(ごようつつじは全国高校生麻雀大会というのがほんとうにあるのかと思ってしまいましたが、現実にはありません。全国麻雀選手権というのはあって、賞金は1000万円だそうです)

コメントを投稿