エヌエスアイ フリーク

パソコン・FA制御・IT・プログラムのネタをあれこれ紹介。
色々と日々の困ったと解決法なども・・・。

基板コンピュータ

2013-11-22 19:55:17 | 組み込み

本日、社内の倉庫である部材を探していたときに、少しホコリの被った箱を見つけました。
箱には、「MITSUBISHI MICROCOMPUTER MELCS 85」と印刷されており、
側面には型式がそれぞれ印刷され、日本語マニュアルも付属しておりました。

Img_0156

上段:左から、PCA8506Aマニュアル、PCA8501A G04G05共通マニュアル。
下段:上から、PCA8506APCA8501A G04PCA8501A G05

調べてみると、PCA8501A G04G05は、
8ビットマイクロプロセッサ M5L8085AP2Kバイト メモリと入出力インタフェース回路を
実装した汎用基板コンピュータです。

PCA8501A G04G05の違いは、
G05のみ、バッテリでメモリの内容を保持することが可能です。
(バッテリバックアップ機能付きですが、バッテリは別売り。)

PCA8506Aは、PCA8501A用拡張基板です。
12Kバイト メモリ、パラレル入出力ポート、タイマが実装されています。

おっ!これは、合体させたらスゴいのではないかと考え、PCA8501A G04G05PCA8506A
ドッキングさせようと思いましたが、キズが付くと嫌なので止めておきました。()

もし、この記事をご覧になり興味を持たれた方が、おられましたら弊社まで、ご連絡ください。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« べんぞうくん??? | トップ | 大規模データのXYZ図作成 »