エヌエスアイ フリーク

パソコン・FA制御・IT・プログラムのネタをあれこれ紹介。
色々と日々の困ったと解決法なども・・・。

Windows Server 2003 のサポート終了について

2013-10-11 18:58:18 | インポート

先回は、Windows Xp Office 2003のサポート終了について書きましたが、今回はその続きで、Windows Server 2003 のサポート終了について書きたいと思います。

表1    各Windows Server のサポート期限

OS名 ライフ
サイクル
開始日
メイン
ストリーム
サポート
終了日
延長
サポート
終了日
Windows
Server
2003
2003/05/28 2010/07/13 2015/07/14
Windows
Server
2003 R2
2006/03/05 2010/07/13 2015/07/14
Windows
Storage
Server
2003
2003/05/05 2011/10/11 2016/10/09
Windows
Storage
Server
2003 R2
2006/03/05 2011/10/11 2016/10/09
Windows
Server
2008
2008/05/06 2015/01/13 2020/01/14
Windows
Server
2008 R2
2009/10/22 2015/01/13 2020/01/14
Windows
Storage
Server
2008
2009/07/19 2015/01/13 2020/01/14
Windows
Storage
Server
2008 R2
2010/12/20 2015/01/13 2020/01/14
Windows
Server
2012
2012/10/30 2018/01/09 2023/01/10
Windows
Storage
Server
2012
2012/10/30 2018/01/09 2023/01/10

Windows Server 2003 及び Windows Server 2003 R2延長サポートが、2015714日に、終了します。

多くの企業や組織・団体に導入されたのではないでしょうか。
サーバーOSの場合、ネットワーク経由での利用が前提なので、セキュリティの問題は無視できません。
マイクロソフト社からセキュリティパッチの提供が終了した段階で、Windows Xp同様、セキュリティリスクを伴うことになるのは確実と思われます。
しかし現実的には、アプリケーションの互換性やコスト的な理由などから、新しい サーバーOS環境への移行が先延ばしされるケースがあります。
それが長期化されると、テクノロジーやアーキテクチャの違いに差が生じ、低コストで容易な移行は難しくなり、システムのリプレースという、よりコストと手間のかかる移行が必要になります。
また、テクノロジーの格差は、アプリケーションの互換性問題の解決も困難にすることでしょう。

ですので、できるだけ時間的な余裕を持って、新しい サーバーOSへの移行を進めることをお勧め致します。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Windows Xp & Office 2003 ... | トップ | べんぞうくん??? »