経済破局は来るのか?

経済破局がいつくるのかを、金貸し支配を読み解きながら、追及しています。

大衆と特権階級を繋いでいた、豊かさ期待という社会意志

2014年12月31日 18時02分29秒 | 日記
本日のテーマは「豊かさ期待は、どのような段階を経て消えていったのか?その段階ごとに、どのような新しい潮流が生起してきたのか?」。
このテーマを扱う理由をまず説明する。

最近の10年間で、我々の認識が大きく変化してきた。
認識転換の最初の契機となったのは、'01年小泉フィーバーに始まるマスコミの偏向・扇動報道、さらに自作自演であることがすぐに知れ渡った米9・11事件などである。
次に'08年リーマンショックに始まる金融危機。
我々も最初は経済法則に基づいて分析していたが、スイス・イタリア国境での10万ドル紙幣事件を契機に、この世界は経済理論ではなく、金貸しによって支配されており、その手先として特権階級(官僚・マスコミ)が動かしているという認識に至った。実際、追い詰められたデビッド・ロックフェラーと検察・官僚・マスコミの暴走が至る所で頻発し、そこから、近代は金貸しとその手先による騙し共認の時代であったと考えるべきであるという認識が生まれた。これが最も大きな認識転換である。

ところが、大衆は暴走する特権階級の動きには無関心である。そこから、大衆の世界と特権階級の世界は断絶してしまったのではないか? だとすれば暴走している特権階級はすでに断崖を飛び出て空中浮遊しており、あとは奈落の底に落ちるだけなのではないか、という見方が登場した。

だとしたら、これまで特権階級と大衆はどのようにして繋がっていたのか? 
ここで豊かさ期待説と私権意識説という二つの仮説が提起されたが、一見似たように見える、この二つの概念を厳密に整理する必要があるだろう。

戦後の大衆運動や学生運動を担った者たちの動機は、潜在意識では私権追求であるが、顕在意識では「大衆のため」というのがその動機であった。つまり、潜在意識では豊かさ期待の実現という社会的な期待に応えるという大義名分を以って闘っていたのである。豊かさ期待は社会の意志(ベクトル)であり、この中に大衆も特権階級も包摂されていた。その点では大衆も特権階級も一体であり、だからこそ両者は繋がっていたのである。この見方は、'70年豊かさが実現され、豊かさ期待が衰弱すると同時に大衆運動が衰弱したという流れとも合致している。

また、豊かさ期待は時代を貫く社会意志なので特権階級にも真正面からこれに応えるという姿勢が要求された。その代表が田中角栄であり、それを引き継いだのが小沢一郎である。逆に言うと、豊かさ期待がなくなると、それを良いことに好き放題やる連中が登場する。例えば、小泉~仙石といった連中だが、豊かさ期待があった時代はあのような輩が登場する可能性は全くなかったのである。

ここで、次のような仮説が生まれる。

現在は特権階級が暴走して社会をグチャグチャにしている。それに対する大衆的活動は、豊かさ期待に代わる新たな社会的期待(意志)が生起してはじめて登場するのではないか?

本日のテーマはここからスタートする。
「豊かさ期待は、どのような段階を経て消えていったのか? その段階ごとに、どのような新しい潮流が生起してきたのか?」

これを明らかにするためには、豊かさ期待の中心的な推進力であった私権意識に焦点を当て、そもそも私権意識とは何なのか?、その成立構造(発生過程)と衰弱構造を明らかにしておく必要がある。





冨田彰男
コメント

ロスチャイルド勢が仕組む虚と実の金操作

2014年12月30日 12時00分04秒 | 日記
近年の金(ゴールド)の需要の内訳の中で、“欧州投資家在庫への流入”という項目が急激に増え、2009年には世界の金の総需要の約3分の1を占めている。欧州勢が実物の金を精力的に集め始めているのはほぼ間違いなさそうだ。

鬼塚英明氏によれば、ロスチャイルド勢は、香港上海銀行(HBSC)やUBS、クレディ・スイス、ロンドン金市場協会(LBMA)といった配下の銀行・組織を使いながら、“虚”のゴールド(実物とは交換できないペーパー・ゴールド)によって金バブルを創りだし、一方で“実”のゴールドを着実に、大量に集め、近く金バブルを崩壊させる狙いだという。

以下、『金は暴落する!2011年の衝撃』(鬼塚英明著)より抜粋。
----------------------------------------------------------------
 ここで、ロスチャイルドと金融エリート集団の、金を使っての世界支配の方法が見えてくる。実物の金と、実物でない金を使って世界を支配する方法である。実物の金は、スイスのUBSとクレディ・スイスが管理する。HSBCは、先物市場と金ETFを管理する。
彼らはニューヨークに先物市場をつくり、金価格を自由自在に操ることを可能にした。しかし、COMEXだけでは金価格を上げるのには限度があった。そこで金ETFを創造し、実物の金塊を提示した。そこに彼らのドルが、ヘッジファンドを通して大量に流入した。この金ETFがロスチャイルドと金融エリート集団の自作自演の芝居であることを知らねばならない。
 HSBCに与えられた“任務”とは何か。それは、ペーパー・ゴールドを最大限に使い(時には偽ゴールドを金庫室に大量に展示し)、20兆ドル(08年度)をはるかに超える金デリバティブ市場を創造することであった。そのために世界中のメディアを利用し、「有事のドル」から「有事の金」への情報操作を続けた。そしてここ数年、金は「代替通貨」であるとの言説がにわかに氾濫しだしたのである。
 UBSとクレディ・スイスは実物の金を管理し、金鉱山からの金をほぼ独占し、金鉱山からの産出地金の量に沿って需要に対応している。このロスチャイルドと金融エリート集団の操作方法は、「正・反・合」の方式である。ヘーゲル哲学の悪しき応用なのである。
 HSBCは金価格を吊り上げるだけ吊り上げて、ズドンと落とすために動いている。UBSとクレディ・スイスは実物の金が精錬所の産むインゴッドの範囲内で需要に応じられるように動いている。この2銀行が、スイスの山中に秘匿されている金塊を売りに出した形跡はまったくない。LBMAは金の実物をいくらでも提供しえると宣伝している。
 ここまでくると、UBS、クレディ・スイス、LBMA、そしてHSBCが同一の目的のために動いているのが見えてくる。
「金を支配するものが世界を支配する」
 ロスチャイルドの最終目標は、金をもって世界を支配することである。ロスチャイルドと金融エリート集団は実と虚の両面から金操作の方法を発明したのである。世界中に溢れる金の99%は間違いなくペーパー・ゴールドである。虚が実を装っている。また、実が虚を装ってもいる。
----------------------------------------------------------------
抜粋引用以上。





田中素
コメント

預言と科学が同じ方向を示す怖さ

2014年12月29日 21時56分24秒 | 日記
日月神示のなかに世界が激変する直前の大きな兆候として「月は赤くなるぞ、日は黒くなるぞ」という預言があります。そしてヤスの備忘録にそれを裏付ける科学的な記述がありました。

それは、超新星爆発の残骸である星間雲(ガス)がある位置に太陽系が突入したとあります。
太陽と地球の間に星間雲(ガス)が横たわると光がさえぎられ太陽は暗くなることが予想されます。
地球の温度は?食料は?と想像をふくらませながらお読みください。


やはりこの夏になにかあるのか?19

ヤスの備忘録より転載です。

2010年9月17日

前々回の有料メルマガ
太陽系は約2億6000万年の周期で銀河系を公転している。太陽系は移動しているので、銀河系の異なったエリアを通過していることが知られている。

2009年12月23日、NASAは太陽系が、1億5000年前の超新星の爆発によって形成されたエネルギーの強い星間雲に突入しつつあることを発表した。突入すると、猛烈なプラズマエネルギーが太陽系に充満し、すべての惑星の活動が活性化するという。太陽は危険なレベルにまで活動的になるとしている。これは12月のブログの記事リンクでも紹介した。

今回、「プロジェクトキャメロット」をはじめ複数のサイトで、NASAに出向していたボーイング社の科学者がリークした情報が長文のレポートの形式で掲載された。この科学者の情報によると、太陽系は数カ月後に星間雲に突入する可能性があり、いまNASAの科学者は緊張状態にあるとした。

前々回はこのような内容を解説した。



前回の有料メルマガ
前回は米国防総省が2003年10月に当時のブッシュ政権に向けて発表した気象変動予測レポートの内容を詳しく紹介した。

この予測レポートの大まかな内容は、すでに2004年2月、英大手紙の「ガーディアン」がスクープしており、大まかな内容は紹介されている。しかし今回、報告書の発表から時間がたっているからだろうが、報告書の全文がペンタゴンのサイトで公開されているのを発見した。6年前の要約とは異なり、内容ははるかに驚愕すべきものであった。

地球の気候は、熱塩循環という深層海流によって維持されている。熱塩循環は1200年かかって世界を循環し、熱や溶解物資を運ぶ重要な役割を担っている。熱塩循環は、地球の温暖化か臨界点に達すると停止することが知られている。熱塩循環が停止すると、気候は一気に寒冷化へと向かうとされている。過去には12700年前と8200年前に同じ現象が起きているという。

ペンタゴンの報告書は、過去に起こった激烈な寒冷化が近いうちに発生し、激烈な気候変動が襲うとした予測である。報告書ではなんと2010年が温暖化の臨界点であるとし、翌年から急激な寒冷化がはじまり、食料や水、そして資源の欠乏から国家間の緊張と紛争が激化するとした。報告書は2030年までの具体的な予測のカレンダーが掲載されている。

前回はこのような内容を詳しく解説した。



今回の記事

2010年6月からこのブログでは、この夏になにか大きなことが起こる可能性があるのかどうか見てきた。夏もそろそろ終わりつつあるので、今回はこの夏を一度総括する。

また、ウェブボットの報告書、「未来の形0巻7号」の詳細要約が完成した。報告書では、今年の秋から地球は寒冷化の時期に突入するとしている。これを簡単に紹介する。

以下省略~

------------------------------------------------
日月神示(預言です)

7.2.1 [編集] 予兆

日月神示から 転載です。

灼熱の太陽。神示のなかに大峠や三千世界の大洗濯が来る直前の大きな兆候のひとつとして「月は赤くなるぞ、日は黒くなるぞ」という記述があり、この太陽が光を失い真っ黒に変色するのだという。国常立尊が語っている「世界国々所々に世の大洗濯知らす神柱現はしてあろが、これは皆この方の仕組ぢゃから皆仲良う手引き合ってやって呉れよ」の言葉で、預言者であり、この神柱の一人と思われる「ヨハネの黙示録」を書き記したこの著者もそのなかで、見せられた、この世が終焉していく前半の光景で「太陽は毛の粗い布地のように暗くなり、月は全体が血のようになった。」(『聖書』 新共同訳 共同訳聖書実行委員会 1988)(参17) と日月神示と全く同じ様相を書き記している。
上記の大峠や三千世界の大洗濯が来る直前にはいくつかの兆候があるのだと神示には書記されている。まず、天空に多くの異常が現れ本来ひとつのはずの「太陽」が複数個見られる様になるという。また「月」にも異常が現れ太陽はその色が「黒く」月は「赤く」なり、空も赤く染まるのだという。また、北から軍事攻撃されるのが[26]、その始まりになるとも書記されている。これらは次のように述べられている。「北から攻めて来るときが、この世の終り始めなり、天にお日様一つでないぞ、二つ三つ四つ出て来たら、この世の終りと思へかし、この世の終りは神国の始めと思へ臣民よ、神々様にも知らすぞよ。」(富士の巻第十六帖)、「月は赤くなるぞ、日は黒くなるぞ、空はち(血)の色となるぞ、流れもちぢゃ、人民四つん這ひやら、逆立ちやら、ノタウチに、一時はなるのであるぞ。」(紫金之巻第五帖)と書記されている。

天空の異変については、上記以外にも「宵の明星[27]が東へ廻ってゐたら、愈々(いよいよ)だぞ。天の異変気付けと、くどう申してあろがな。」(松の巻第十九帖)、更には「天の異変気付と申してあろが冬の次が春とは限らんと申してあろが。夏雪降ることもあるのざぞ。人民の邪気が凝りて、天にも地にも、わけの判らん虫わくぞ。」(夜明けの巻第三帖)、同様に「空に変りたこと現はれたならば地に変りたことがあると心得よ、いよいよとなりて来てゐるのざぞ」( 天つ巻第十三帖)と神示には複数の帖で書記されている。また、「八のつく日に気つけて呉れよ、だんだん近づいたから、辛酉(かのととり)はよき日、よき年ぞ。冬に桜咲いたら気つけて呉れよ。」(下つ巻第三十帖)などでも書記されており、冬に桜が咲いたり夏に雪が降ったりといった季節の異常なども大きな予兆になるのだという。

ヤスの備忘録も日月神示も省略していますので詳しくはサイトにアクセスしてください。






toraga
コメント

鬼塚、副島、ベンジャミンFらの「陰謀論」を考える

2014年12月28日 08時29分57秒 | 日記
『「陰謀論」をチョット真剣に考える』(人力でGO)リンクより転載します。
----------------------------------------------------------------
■ 金融危機を予見していたのは陰謀論者達 ■

 ~中略~

経済評論家やアナリストと呼ばれる人達には大別して3種類の人達が居る様です。

1) 金融機関のアナリスト 或いは 投資を生業としている方々

短期的な予測が多く、金融市場に資金を流入させる為、悲観的な予測は少ない。
悲観的予測は空売り勢力の個人投資家に多い

2)政治的立場から発言をする人々

政府を支持する勢力と、反対する勢力で予測が異なる
世界経済よりも国内経済的視点で語られる
予測というよりは「望み」を語る

3)暴き系の人々 

「陰謀論者」と言われる方々
「ロスチャイルドの陰謀」や「イルミナティーの陰謀」という視点が多い
  
少し単純に分類し過ぎたかもしれませんが、経済予測を語る方達を3タイプに分類してみました。さて、5年前の言説まで遡った時、現在の経済状況を在る程度正確に予測していたのは誰でしょう。

「結果」は正直です。「陰謀論者」達の予測が意外にも正確であった事は否定出来ない事実です。

■ いつも「陰謀論」に行き着いてしまう ■ 

 ~中略~

しかし金融危機後のアメリカの対応を仔細に観察していると、「アメリカがアメリカを崩壊に導いている」としか思えない政策が次々と打ち出され、単純に「利益」とは異なる「意志」が働いているとしか思えない状況に世界が陥るのを目の当たりしました。

そうした事態を調べ、いろいろなブログや記事に目を通していくと、新聞やTVのニュースは全く事態を予測出来ず、「陰謀論」と蔑まれている方々の予測の通りに世界が変化している事に気付きました。納得出来る回答は「陰謀論者」から提供されるのです。

■ GWに「陰謀論」を読んでみた ■

GWにこれら「陰謀論者」の本を読んでみようと思い、彼らの本を「丸善」で探したら、見事に「陰謀論」という棚に分類されていました。この棚の前に立つのは結構勇気が要りますし、さらに何冊かをレジに持って行くのはさらに勇気が要ります。

鬼塚氏や副島氏の本はBook-offで入手しました。

生まれて初めて「陰謀論者」の本を読んでみて感じたのは、「実にまとも」だという事。特に、鬼塚氏の「ロスチャイルドと中国共産党・・・・」は、データ分析も正確で出典も正確に記載されていて、信頼に足る書物である事が分かります。

副島氏の「ドル亡き後の世界」も、状況を見つめる視線は冷静です。

一方、ベンジャミン・フルフォード氏の「ステルス・ウォー」は読み物としては面白いですが、氏の収集した「噂話」の集積を、「イルミナティー陰謀論」で再構築した感が否めません。(でも、パパ・ブッシュの記述などは面白いです)

■ 陰謀論の段階 ■

全く先の読めない時代を生きる私達が自分達の資産や職や生命を守る為には、常識に縛られていては危険です。「結果」が正しければ陰謀論とて参考にしながら将来を予測する必要があります。

私は常々、「陰謀」とは「世界運営のロードマップ」であり、「陰謀論」はその計画を覆い隠す為に流される「デマ」だと考えます。

「デマ」には真実の断片が隠されていて、それを丹念に拾い集めるて、真実を再構築する作業をしている方々も含めて「陰謀論者」とレッテルを貼る事で、「陰謀」は巧みに世間から身を隠していると考えています。

陰謀論者を分類すれば

1) トンデモ陰謀論

世界は宇宙人やムー大陸の生き残り、爬虫類型宇宙人により支配されると説く。
「陰謀論」を低俗な論説に貶める為に、「陰謀サイド」が流す情報?

2) 陰謀サイドに利用される陰謀論者

ベンジャミン・フルフォード氏に代表されるようにファンも多い。
過去の分析は的を得たものがあるが、未来予測が「陰謀」に収束
常識的な一般人を陰謀論から遠ざける事で、「陰謀サイド」に結果的に加担

3) 「陰謀」の分析者

柔軟な思考で、現状を分析し、「陰謀」の断片を収集
「世界の経営」という陰謀の本質を明らかにする人々
     
強引な分析かも知れませんが、副島氏や鬼塚氏は第3の分類になるでしょう。

■ 鬼塚氏の「ロスチャイルドと中国共産党が・・」は必読 ■

世界経済を陰謀論的に読み解く上で、「ロスチャイルド家」は避けて通れません。彼らがいかにして「世界を経営」しているかが読めれば、私達は少なくとも半年後の世界を読み間違える事はありません。

鬼塚氏は、「リーマンショックは1999年にゴールドマン・サックスが計画し、AIGを巻き込みながら周到に仕掛けられた「八百長」である事を丁寧に証明しています。FRBのグリンスパン議長も、金利操作によってバブルを発生させ、2008年に全ての崩壊が始まる事は避けられない「事実」となっていたと言うのです。

ロスチャイルドは2012年の世界秩序の再構築に向けて、ユダヤ系の銀行が、アメリカの土着の銀行である地銀やバンカメを淘汰しているのが、リーマンショック後の金融危機だ」と主張しています。これはヨーロッパでも同じ事が進行しています。

■ 「金」の復権と新世界秩序 ■

中国の意外な強さは「香港上海バンク(ロスチャ)が中国を後押しして、中国を覇権国家にしている」からだと説きます。現状は管理通貨で、世界通貨にはとうていなり得ない元を国際化する為に、ロスチャイルドは「金」を中国に持たせているようです。中国は民間も動員して金を世界から買い集めています。

そして、アメリカや先進諸国の中央銀行が所有する金は、金取引の為にロスチャ系銀行に貸し出され、金はスイスに集められていると予測しています。この金を利用して、金融の崩壊後にロスチャイルドが新たな通貨を発行するかもしれないと予測しています。

■ 一体化を余儀なくされる世界 ■

ギリシャ問題を見ていても世界の一体化は実現不可能に思えます。一つのヨーロッパは古いヨーロッパのエゴによって今まさに崩壊しつつ在る様に見えます。

しかし、壊滅的な危機が世界に訪れれば、「寄らば大樹の陰」とばかりに巨大な権力の元に世界が集約されるのも「自明の理」のように思われます。

「金」に裏打ちされて強い通貨によって、世界は事実上支配されるんかもしれません。

ベンジャミン氏が主張する様な、「イルミナティーによる2012年世界統一」は、世界国家の樹立の様な華々しいものでは無く、世界の国々が「ロスチャイルドの金」の下に従属するという、地味な世界統一かもせいれません。

「陰謀論」を否定する事は容易ですが、周囲にバカにされない程度に「陰謀論」に乗ってみると、意外と世界は合理的な動きをしている事が見えてきます。
-----------------------------------------------------------





猛獣王S
コメント

金貸し支配の後に来る期待・応合の共認充足社会

2014年12月27日 11時23分10秒 | 日記
約5500年前に同類闘争が始まって以来、世界を覆ってきた私権パラダイムの下で、性や土地(≒生産手段)を初めとするあらゆるものが所有の対象となり、その権利を獲得するための権威・権力に基づく私権共認が図られてきた。

その私権獲得の手段は当初は武力によって、やがて社会が序列統合化してくると騙しや脅しによってより巧妙になり人々の間に広まっていった。今日、その最先端の場こそが市場であり、国家に寄生しつつ肥え太っているのが、市場の申し子たる“金貸し”である。

彼らは元々、過去1千年間に亙り十字軍遠征や他国への植民地支配をけし掛け、多くの人命を奪い、冨を収奪し尽くした欧州貴族(大商人)の財テク担当者であり、更なる利鞘を掠め取るためにこれまで多くの災いをもたらしてきた。
国家間の戦争はもとより、政治家への脅し・暗殺、金融市場の操作、Co2による地球温暖化説のでっち上げ、縮まることのない南北問題など、その“類的罪業”を数え上げれば切がない。

そして今、その代表格であるロックフェラーとロスチャイルドをバックに、菅、小沢が与党民主党代表を争っている。どちらが勝とうが目糞鼻糞であり、金貸し支配に何ら違いはないという点では暗澹たる気分にさせられる。

しかし、この金貸し支配の構造を学んだサロン出席者の女性から「金を貸し付けるためにこんな複雑な事をやっていてはいつまでも続くわけがない」との感想が聞かれた。至極である。

生存圧力が低下し私権意識が希薄化する中で、パラダイム自体が転換しようとしているのだ。金貸し支配の余命は確実に縮まっている。その時計の針を少しでも進めようと思えば、まずは荒っぽいロックフェラーに退場願い、次いでロスチャイルドの3日天下の後にやってくる市場経済の破綻=私権社会崩壊の大波に備える必要がある。

つまり、新たな社会統合原理の構築である。
私権共認によって築かれた“何をするにもお金のいる社会”“所有・私有を争う社会”“自由や個人、権利といった近代思想に誑かされた社会”から、充足基調の共認統合社会に転換していく。
その為に、まずは身近な期待・応合の共認充足から拡げていこう。そして、みんなの未明課題へ、その先端的課題へと立ち向かって行こうではないか。





松岡隆
コメント