経済破局は来るのか?

経済破局がいつくるのかを、金貸し支配を読み解きながら、追及しています。

キルギス共和国~チューリップ革命のドキュメンタリー(1)警察隊の職場放棄

2013年09月30日 11時07分04秒 | 日記
 1991年にソビエト連邦から独立を果たしたキルギス共和国が2005年に「チューリップ革命」を起こした時の革命→暴動のドキュメンタリーを、ロシア人(キルギス国籍)の女性と国際結婚した日本人男性の方がブログに詳細に記述していたので紹介します。

 そこには、旧政府を倒すための革命が、暴動になり、大統領が行方をくらますと警察官もあっという間に仕事をしなくなり、軍隊も無能化する様子が書かれています。

 これはキルギス特有の現象ではなく、社会が混乱し、貧困への不安と日頃からの格差への不満を抱えている国では共通ではないでしょうか。
*****************************************************************

全部をコピペすると長くなるので、日本人男性がキルギス共和国(2005年)に入国した時の様子と、デモ隊に巻き込まれそうになった時に知り合いの警官に助けられた時の様子は、以下リンク先から読んで下さい。

■因果鉄道999 第76駅『夜襲』
「警官隊とデモ隊の衝突」:街はかなり危険な状態リンク
■因果鉄道999 第77駅『騒乱』
「警察隊劣勢」:火器をもたない警察隊リンク
■因果鉄道999 第78駅『再会』
「危機一髪」:知り合いの警官に助けられるリンク

■因果鉄道999 第79駅『暗転』
「大統領行方不明」:警官も職場放棄リンク
以下転載**********************************************************
3月某日 19時。

デモがいよいよ本格化する中、警官の護衛と言うVIP(?)待遇で自宅へ戻った僕。
とにもかくにも、テレビでニュースを見ようとすると、ものの見事に壊れていました。

画像が乱れるとかそういうレベルではありません。
ウンともスンとも言わず、挙句の果てにダイヤル式のチャンネルがポロリと落ちる始末。

ちなみにテレビはロシア製。
“さすが冥土 IN ロシア!”と妙に感心しているうちに今度は猛烈な空腹を感じました。

それもそのはずで、キルギスに来た昨晩以来、お酒以外ほとんど口にしていないのです。
しかし、昼間ですらあれだけの騒動が起きていた外へ夜間飛び出す勇気はもはやありません。

そんな訳で仕方なく、土産用にとロンドンの免税店で買ったビスケットを肴にお酒を飲んでいました。

ビービービー!!
インターフォンと言うには、おこがましいレトロなブザー音が鳴ります。

誰だろうとビクビクしながら、ドアを開けると、昼間窮地を救ってくれた家内の知人のご主人 警官のVさんです。

何と僕がロクなものを食べてなかろうと、わざわざペリメニ(ロシアの水餃子)とウオッカを持ってきてくれたのでした。

満面の笑みで礼を言う僕。
それに対し、Vさんの顔は陰鬱でした。

岩の様なゴツゴツした顔は、玄関の蛍光灯に照らされ、月面の様に冷たく無機質に光っています。

『もう警官隊じゃデモを抑えこめん。ガス弾の発砲すら禁止だし、軍隊も出動に制約があるから、話にならんよ。』

ホコリと汗に塗れた体をソファに横たえ、疲労困憊って感じで話を切り出しました。

『アカーエフ(大統領)は、いったいどこで何してるんや?』

『分からん。大統領の家族も含めて、どこで何をしているか、誰も知らんのだ。』

ぶっきらぼうに答え、ラッパ飲みしたウオッカのビンを乱暴にテーブルに置くと、
『実は、もう国外に逃亡したって噂すらあるんだ。』ボソリとつぶやきました。

僕は、驚いて、Vさんが持ってきてくれたペリメニを熱いままツルリと飲み込んでしまいました。
食道に焼け付く痛みが走りましたが、Vさんの一言に比べれば、大した衝撃ではありませんでした。

『大統領がおらんことが分かったら、集まったデモ隊はたがが外れるやろ。無政府状態になるやんケ。』

『今は何とも言えないけど、あの有様じゃその可能性は高いと思う。』

Vさんは、タバコに火を点け、盛大に煙を吐き出しながら、答えました。

煙は、部屋の中を亡霊の様にユラユラと舞います。
それは、キルギスのこれからを暗示する不吉なダンスに見えました。

僕は、しばらく無言で煙の舞いを眺めていました。

やがて、Vさんは、目だけをジロリとこちらへ動かし、ささやく様に言いました。

『ビシュケクには何日いるんだ?』

『1週間の予定。来週いったんロンドンに戻ってその後、日本。』

『駄目だ。事態はもっと悪くなる。便を前倒ししてもらうか、別の便で早く出国する方がいい。』
最後の台詞は、有無を言わせぬ命令口調でした。

『分かった。早速明日にでも航空会社に電話するわ。』
Vさんの異様な迫力に押され、僕は、聞き分けのよい幼児の様にコクコクとうなずきました。

やがて、僕もVさんも飲み続けたウオッカがジワジワと身体に回り、日付が変わる頃には、へべれけになりました。

もうろうとする意識の中、僕に付き合って泥酔するVさんを見てひとつだけはっきり確信したことがあります。

ここまで泥酔すると言うことは、もはやVさんは、明日真面目に勤務する気がないと言うことです。
つまり、法の番人である警官としての職務を放棄すると言うことでしょう。

警官隊の指揮官であるVさんでさえ、この有様です。
一般の警官は、大統領同様、既に逃げ出しているのかもしれません。

僕の予想以上に事態は深刻で、もはや警察もデモ隊を押さえつけられなくなっているのでしょう。

そして、それは、キルギスが治安無用の無政府状態に間もなく突入することを明確に示していました。

続く************************************************************

ギニュー特戦隊
コメント

市場縮小下で「公共圏」を維持するシステム(2)

2013年09月29日 11時04分34秒 | 日記
のつづき。「ヤスの備忘録 歴史と予言のあいだ 日本に関して3」リンクより引用
-----------------------------------------------------------------
経済成長という概念の不可能性

しかし、もっと根源的な問題がある。つまり、そもそも経済成長などということが、日本のみならず世界で可能なのかということだ。

(中略)

いま世界経済は金融機危機を克服し、成長軌道に再度戻る可能性も指摘され始めている。だがこれは、アメリカを始め、各国政府の巨額の経済刺激策によって、深刻な恐慌に突入してもおかしくない世界経済が下支えされているからに過ぎない。経済刺激策に息切れが出始めたとき、世界経済はコルマンがいう経済成長が不可能な現実に直面させられるのかもしれない。

もし、そうであるなら、有効な成長モデルを描くことができず、右往左往している現在の日本の姿こそ、世界の将来を先取りした姿かもしれないのだ。とするなら、もしわれわれが日本で公共圏を維持する根源的に新しいスタイルを見いだした場合、もしかしたらこれは世界をリードするシステムになる可能性すらある。

公共圏の低成長型地方分権的維持のシステム

ではどのようなシステムになるのだろうか?それはまだ分からない。だが、一つはっきりしていることは、高度経済成長を前提にした中央集権的なシステムでは公共圏の維持はもはや難しいということである。

少なくとも新しいシステムは、低成長か、または経済成長がほとんど期待できない状況においても、社会が生き残るベースとなる公共圏を安定的に維持できなければならないということだ。

はっきりしていることは、マニフェストで地域主権の強化を打ち出している民主党は、中央集権的システムの限界を理解しており、これを地方分権的システムへと分散化する方向で改革を推し進めようとしているということである。つまり、地方には使途の縛りがない財源を一括して与えるかわりに、公共圏を維持する責任を地方に委譲するというわけだ。

コミュニティー単位の公共圏

しかし、これを経済成長がほとんど期待できなくなった状態で実施するのである。当然、政府が地方に委譲する財源も大きくはないだろう。限定されたものにならざるを得ない。

すると、公共圏の維持の責任をまかされた地方自治体は、行政サービスをさらに下の市や町にまかせるという具合に、公共圏の維持の単位が最終的には地域コミュニティーまで降りて行くという結果になる可能性が大きい。

むろん、小さな地域コミュニティーに、すべての行政サービスを代行する力はない。とするなら、NPOなどを通して地域住民を積極的に巻き込んだ住民参加型のシステムに最終的にはならざるを得ない可能性が強い。

民主主義でしか機能しなくなるシステム

これはどういうことかというと、いままで政府が中央集権的に管理していた公共圏の維持が、行政サービスを受ける住民自らの参加で維持されるという、いわば地域コミュニティー全体が村落化したようなシステムになるということだ。おそらくこうしたシステムでは、意志の決定は住民参加の直接民主制になる可能性が大きいのではないだろうか。
-----------------------------------------------------------------
引用以上

「ヤスの備忘録」によれば、上記のような経済システムは、Web bot(=ネットで使用される言語統計から未来を予測する試み211786 211787)が描く「広域自足経済圏」という自立可能な共同体のイメージに非常によく似ているという。Web botの予測では近い将来、現在の国民国家は国民の信頼を失い、また現在の資本主義システムに代わり、このような自給自足的な共同体(自己組織集団)が世界的に台頭してくるのだという。

そしてこれは、実現論が描く、共認統合体たる社会の原点として再生されるべき、『自分たちの生きる場を自分たちで築く』本源集団実現論4_7_02のイメージにも重なってくるように思う。

 
田中素
コメント

市場縮小下で「公共圏」を維持するシステム

2013年09月28日 21時01分57秒 | 日記
今後の日本において、小泉構造改革によって壊れた「公共圏」をどう再生・維持していくか、という「ヤスの備忘録」の記事が興味深い。

この記事では、日本を筆頭として今後、世界は自立的な経済成長が見込めなくなり、これは人類史5000年の歴史的転換になるのではないか、そして、経済が成長しない世界では、「公共圏」のあり方が従来の中央集権的な国家支配体制から地域コミュニティを主体とした住民参加型の直接民主制に近づくのではないか、と予測している。

以下、「ヤスの備忘録 歴史と予言のあいだ 日本に関して3」リンクより引用
-----------------------------------------------------------------
公共圏の高度経済成長型中央集権的維持のシステム

これまで公共圏の維持は、公共投資の配分によって地域経済を選択的に活性化し、そうすることによって所得を平均的に再配分するという中央集権的な方法を中心に行われてきた。政府の公共投資の配分は地域経済を活性化させるため、雇用が伸び、その分所得も伸びるというわけだ。

(中略)

しかし、こうした中央集権的なシステムがそもそも機能できたのは、政府に巨額の財源があったからにほかならない。高度経済成長が始まる1960年から、バブルが弾ける1991年まで、浮き沈みがあったものの日本経済の成長率は先進国でも抜きん出た高さを誇っていた。税収は毎年伸び、政府には確たる財源が保証されていた。

公共圏の中央集権的な維持のシステムは、このような高い経済成長に裏打ちされた余裕のある財源を前提にして初めて可能となるシステムであった。

困難となった成長モデル

90年代の失われた10年で明らかになったのは、低成長経済の元では、高い経済成長を前提にした公共圏の中央集権的なシステムはもはや維持することは不可能になったということだ。

ましてや、世界経済のシステムが中国などの新興国の勃興で根本的に変化したので、製造業の伸びを主軸にしたこれまでの日本型の成長モデルは成り立たなくなった状況ではなおさらである。これにともない、公共投資や地方財源の保証、さらに終身雇用など、これまで公共圏の維持を支えていたシステムを維持することは困難になった。

その後の小泉構造改革で、市場原理を導入して公共圏の維持を行おうとしたが、それは完全に失敗した。極端な格差と民営化利権という闇を生んで終わった。

今後も難しい経済成長

では日本は今後経済成長の軌道に戻ることは可能なのだろうか?難しいのではないかと思う。先週の日本版ニュースウィークなどは、説得力のある経済成長戦略が欠如しているとして民主党のマニフェストを批判しているが、今後の日本で高い経済成長がそもそも可能なのかどうかが問題なのだ。

(後略)
-----------------------------------------------------------------
つづく

田中素
コメント

国連はドルに替わる新世界通貨を望んでいる

2013年09月27日 20時10分10秒 | 日記
国連はドルに替わる新世界通貨を望んでいる

ROCKWAY EXPRESS からのリンク転載です。
リンク

ドルの運命は?

◆9月8日

 ドルが世界の準備通貨として今まで世界に君臨してきたが、そのドルが今回の金融危機で揺るぎ始めており、特にBRICsといわれる国々はドル離れを加速している。
 今回は国連の組織である国連貿易開発会議がその報告書の中で、このドルに変わる国際通貨制度に言及したということで画期的なことになった。
 これで世界の体勢がドルに替わる新基軸通貨創設、という動きに拍車がかかると言ってよいだろう。

 この動きは当然ドルの価格の下落を意味するから、膨大なアメリカ国債を保有している中国、日本、あるいはアラブの石油産出国などの動きが重要な問題となってくるだろう。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●国連はドルに替わる新世界通貨を望んでいる
【9月7日 Telegraph.co.uk】
 国連は、第2次世界大戦以後の世界の通貨システムの最大の建て直しのため、ドルに替わる世界的通貨の導入を提案した。
 国連貿易開発会議(UNCTAD)での思い切った報告の中で、世界の経済を拘束する通貨と資本のシステムの規則は適切に稼動しておらず、金融・経済危機の責任の大部分を追うべき存在だ、と指摘した。
 これに加えて、ドルが世界の準備通貨となっている現在のシステムは全体的な見直しの対象となるべきだ、と指摘している。
 中国やロシアを含むその他の国々は世界の準備通貨としてのドルに替わるものを提案しているが、このUNCTADの提案は主要な国際機関としてこのような提案をした最初のケースとなった。
 ようするにこの報告書では、ブレトンウッズ式の国際的為替レートの新システムを提案している。これは中央銀行が、世界経済の動きに従って自国の通貨に対する介入措置を取るよう要請されることになる。
 この提案はまた、現行のシステムでは、イギリスやアメリカのような赤字国が再調整の負担を負う代わりに、中国やドイツのように黒字国が自国の不均衡を更にカットして経済を刺激するべきだとされている。
 「ドルを人工的通貨に替えることは、赤字国のポテンシャルに関する問題をいくつか解決するかもしれないし、安定化に寄与するだろう」とこの報告書の作成者の一人であるデトレフ・コッテ氏は語った。
 「しかしまた為替レートの管理システムが必要となる。諸国は実際のレートを保持し安定化に努めねばならない。中央銀行は介入することが必要となろう。しなければ国際通貨基金のような国際機関からそうするよう要請されることになるだろう」と語った。
 この提案は、UNCTADの年次貿易開発レポートの中にあり、世界の通貨システムの建て直しのためのおおいに急進的な提案をしている。
 多くのエコノミストたちは経済危機はブレトンウッズ体制後の機能不全により一層の責任があると指摘しているのだが、今に至るもG20を含む国際的機関が代替制度を提案するまでには至っていない。


●国連:新たな世界準備通貨の創設提言-為替相場管理で安定必要
【9月7日 ブルームバーグ】
 国連は7日発表した報告書で、新たな世界準備通貨を創設し、国際貿易でのドルの役割を軽減することで、新興国市場を金融の思惑的な「信頼感競争」から保護する必要があると提言した。
  ジュネーブに本部を置く国連貿易開発会議(UNCTAD)は報告書で、国連加盟国は新たに世界準備通貨銀行を創設し、同銀が通貨発行および加盟国が保有する通貨の為替水準を監視することに合意する必要があると呼び掛けた。 米住宅ローン市場の崩壊をきっかけに金融危機が発生したことを受け、中国やインド、ブラジル、ロシアは今年、ドルに替わる主要準備通貨が必要だと訴えた。世界最大規模のドル準備を有する中国は、国際通貨基金(IMF)のSDR(特別引き出し権)など超国家通貨が安定強化につながるだろうと主張している。
 報告書の共同執筆者で、UNCTADのディレクターであるハイナー・フラスベック氏は、ジュネーブからインタビューに応じ、「為替相場管理のための多国間合意に基づく枠組みで、より安定した為替水準を達成できる確率はかなり高い」との見方を示し、「ブレトン・ウッズ体制や欧州通貨制度(EMS)に相当する取り組みが必要だ」と述べた。

toraga 
コメント

私権闘争から形成された国家が市場へ資金を注入し続ける根本原因は?

2013年09月26日 21時57分20秒 | 日記
新聞やニュースを見ていると、
GDP!GDP!ってさかんに言ってるけどなんでそんなにこだわるの?
貧困を克服してるのにGDP成長率に固執するのはなぜ??(ーー;)
と思っていた。

* * * * * * * * * * * * * *

>もともと国家は、私権闘争を圧力源=活力源とする、力の序列原理に貫かれたその統合体として形成された。しかし、生涯固定の身分制度の下では、私権拡大の可能性は封鎖されて終う。そこで、私権闘争の抜け道としての市場が形成され、繁殖してきた。<

>③統合限界Ⅲ
同時に唯一の私権闘争の抜け道(可能性)であった市場も縮小し始める。そうなると、本当に私権闘争は終焉するので、国家の命運は尽きる(国家の統合限界Ⅲ)。だから国家は人工的に私権闘争⇒市場の延命を続ける。これが国家が借金漬けになって尚、市場への資金注入を止められない根本原因である。<

* * * * * * * * * * * * * * * 

以上の2つの記事を読んで、

国家はもともと私権闘争から形成されているから、その可能性である市場の終焉は国家の命運が尽きるのと同義(◎0◎)!!
だから市場は何としてでも延命させようと、ジャブジャブと資金注入をし続けてしまうというのが根本の問題!!

というのがわかってとってもスッキリした☆

三浦由衣
コメント