経済破局は来るのか?

経済破局がいつくるのかを、金貸し支配を読み解きながら、追及しています。

世界のコロナ対策1400兆円、金融市場に向かいバブル経済に

2021年02月11日 22時08分05秒 | 日記
リンク

バブル崩壊で打撃を受けたは間違いで、バブルがあったから日本は先進国に成れた。
バブル前の日本は汲み取り便所とデコボコ道の国でしかなかった

世界大戦以来最大の支出

日本政府は2020年だけで57兆円、アメリカは200兆円を使い21年も既にこの半額の支出を決めている。
ここから想像して全世界のコロナ対策で使った金額は約500兆円くらいかなと想像していました。
2021年も同規模とすると約1000兆円になるが、現実はこれを上回る1400兆円に達しようとしていた。

米ロイター通信によると国際通貨基金や各国政府への取材で、財政支出や金融支援の合計は1400兆円規模に達するのが分かったという。
日銀は20年春ごろからコロナ対策として企業への金融支援をしていて、総額はすでに140兆円を超えている。(20年11月)
日銀の支援は上限約20兆円のCP・社債等.買入れと上限約120兆円規模の「新型コロナ対応特別オペ」となっています。
特別オペ120兆円は上限で実際には20年10月に約48兆円で、現在はもっと増えていると考えられる。
特別オペの中身は金融機関に無利子でお金を貸すことで、金融機関を通じて企業に緊急支援を行いました。
日銀が資金供給することで増えるお金の量をマネタリーベースと言い、今までは年間80兆円を上限としていた。

だがコロナ支援によって20年9月以降は年80兆円を上回るペースで推移している。
日本政府と日銀のコロナ支援を合計すると2020年は100兆円を上回り、21年も同程度になるでしょう。
すると全世界のコロナ支援1400兆円のうち1割以上を日本が占め、アメリカが2割以上を占めるでしょう。

第二次大戦と比較すると日本の支出は当時のGDP(GNP)の33倍、国家予算の280倍も使っている。
アメリカはGDP比3.2倍しか使っていないので、日米の経済力が10倍は違っていたことになる。
日本政府が2020年と同じコロナ支出を4年間続けたとしてもGDP比0.8倍、それでも大戦後では最大の支出になる。

日本が大戦の4年間で支出したGDP比33倍は「無駄な支出」とされるが、この無限の支出は数年後に高度経済成長を引き起こしました。
日本の自動車産業は航空機や軍用車両から、電機や機械産業も軍事産業から発達しました。
日産のGTRもトヨタ2000GTも、元をたどると戦時中に戦闘機開発していた技術からきています。

日本が先進国になったのはバブルの2年間のおかげ

経済とは結局のところ「政府が使った金額」で決まるところがあり、たくさんお金を使う日米経済が有利になる。
経済界では早くも、2021年は第二のバブル経済になるとか日本経済大復活の年になるという予想がされている。

少なくとも計算上は世界平均より日本は株価上昇率が高い筈で、GDP成長率も30数年ぶりに世界平均を上回るかも知れません。

2020年は世界でコロナが拡大したのに株価が上昇したが、これは100%各国政府のコロナ対策費のせいでした。
コロナが拡大する限り日米政府は巨額支出を続けるが、コロナが終息したらばら撒いた金を回収し始めます。
日銀はコロナで企業に10兆円以上も貸し付けたが、コロナが収まると「貸した金返せよ」と言い始めます。

財務省も麻生大臣が「財政悪化したから消費増税だ」と言い始め、2009年の再現になりかねません。
もし政府が大増税や金融引き締めに走ったら、デフレ不況や大恐慌レベルの不況になりかねない。
逆説的だが経済の専門家は「なるべく長くコロナに続いて欲しい」と考えていて、コロナが続けば日経バブル更新もあり得ると見ている。

日経平均株価の最高値は1989年12月29日の38,957円だが、この数字は突出していて日本株の実態と乖離していた。

日経平均の最高値は1980年にはたった7100円で1985年も1万3千円、1987年でも2万1000円でした。
それが1988年に3万円、1989年は3万8000円で急上昇したのは僅か2年弱でした。

バブル崩壊というが崩壊の2年前は日経平均2万円だったので、たった2年ほどで株価2倍になっていました。
これを例外とすると日本の実力はせいぜい日経1万円から2万円だったので、その当時の水準は超えています。
では日経最高値更新に意味が無いかというと、日本が「先進国」になったのはこの2年間の超高度成長のおかげでした。

それまでの日本はせいぜい2流の先進国でしかなくサミットでも数合わせのような存在でした。
1985年のプラザ合意では他の4か国は先に会合を済ませ、後から竹下蔵相が呼びつけられて「超円高」を命令されました。
日本は発言すら許されず一方的に命令されるだけというのが、当時の先進国首脳会議の実態でした。

だが超バブルの2年間で日本はアメリカに匹敵する富裕国になり、イギリスやフランスより格上の国になった。
その後30年かけて落ちぶれたが、まだ主要先進国の地位に留まっている。
もうそろそろ場外ホームランでも打たない事には、本当にサミットのメンバーから外されてしまう
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 緊急事態宣言 飲食業は大丈... | トップ | 日本の電力不足が極めて深刻... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
「日本国憲法は我ら日本国民主権者国民勤労国王が天地神明に誓った詔勅である」 (豊岳正彦)
2021-02-12 11:27:18
首相官邸とホワイトハウスへ令和3年2月12日送信済み
【日本国憲法は主権者国民勤労国王が永久に世界平和を守ることを天地神明に誓った詔勅である】
blog.goo.ne.jp/hougakumasahiko6th/e/f131e4d6e235f50391b9b9c8192dcefe
【ぼくらの国会・第105回】ニュースの尻尾「また外務省!日英2+2資料から『中国海警法』が消えた!」
青山繁晴チャンネル・ぼくらの国会2021/02/11
youtube.com/watch?v=eXCJcS3FGHw
豊岳正彦1 秒前

青山さんの言う通り。
外務省官僚文書は憲法9条違反外患罪及び憲法99条違反内乱罪現行犯である。
青山さん憲法41条国権の最高機関国会で直ちに外務省官僚と内閣法制局の官僚を2つの憲法違反で弾劾し特別公務員汚職罪で告発する緊急動議と緊急告発を出してください。
日本国憲法99条公務員はすべて日本国憲法を尊重し擁護する「神聖な責務」を負っているのです。
日本国憲法はすべての憲法15条公務員に対して、
主権者国民が統治する「戦争放棄永久平和宣誓日本国」に対する反乱や外国通牒を決して許さないと、
明確に公明正大に世界中の万国民に対して誓っているのですから。
日本国憲法前文で。
hougakumasahiko.muragon.com/entry/9.html

さらに国に対して職権乱用汚職で内乱外患誘致反逆する国内官僚を現に輩出している東大の教育は、
日本学術会議法というそもそも憲法41条違反違憲立法に基づいて行われています。
青山さんは国会で菅総理に対して直ちに41条違反違憲立法の日本学術会議法を首相の職務権限で即時に廃止するよう緊急命令してください。
国会議員は内閣総理大臣より強い最上位の国権の執行権限を憲法41条によって主権者国民勤労国王から付与されているのです。
手紙: (豊岳正彦)
2021-02-14 10:22:32
首相官邸ホワイトハウスインターネットメディア02/14/2021
菅義偉殿侍史
梶山静六公のご信条は「愛郷無限」なり。
貴殿は昨年上杉鷹山公と同じ国の司となられた。
上杉鷹山公の御誓文は「民の父母」と「伝国の辞」と「参姫への手紙」なり。
「受け継ぎて国の司と成れる身の忘るまじきは民の父母」
「一、国家は先祖より子孫へ伝え候国家にして我私すべき物にはこれ無く候
一、人民は国家に属したる人民にして我私すべき物にはこれ無く候
一、国家人民の為に立たる君にして君の為に立たる国家人民にはこれ無く候
右三条御遺念有間敷候事
天明五巳年二月七日  治憲 花押
治広殿  机前」
「参姫への手紙」
hougakumasahiko.cocolog-nifty.com/blog/2019/03/post-68af.html
梶山静六公の恩師田中角栄公の愛郷無限が「日本列島改造論」なり。
blog.goo.ne.jp/hougakumasahiko6th/e/51d7792271c0ca1705e2fb8cf211b8b9
2011年3月11日戦後人類史上未曽有の大津波大震災の母国郷土に刻まれた深い傷の癒える暇なく次々と大災害と大人災が続いて10年になんなんとする直前の再びの母国郷土へ深い傷を与える震度7強の福島沖大地震である。
民の父母たる母国郷土の国の司総理大臣がなぜ直ちに地震対策本部を緊急設置し国務大臣全員緊急招集して不眠不休で母国の人々を救恤しないのか。
「愛郷無限」恩師梶山静六公に顔向けができるのか。
報恩を知る日本人ならば直ちに消費税を総理大臣職権で全廃して「民のかまど3年間」を緊急施行せよ。
主権者国民勤労する日本国国王が公僕総理大臣と内閣行政府公務員全員に厳命を下す。
慎んで王命を受け速やかに施行せよ。
さもなくば主権在民日本国憲法の王権を以て処罰する。
「民のかまど3年間」
hougakumasahiko.cocolog-nifty.com/blog/2018/09/post-e4fb.html

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事