経済破局は来るのか?

経済破局がいつくるのかを、金貸し支配を読み解きながら、追及しています。

ビジネスアルマゲドンが始まった… : アメリカでは時間の経過と共に永続的な事業閉鎖が加速していることが明らかに。そして、日本を含む各国も集団自死的な経済の方向へと ②

2020年12月22日 18時48分25秒 | 日記
リンクより

◆強力なロックダウンを施行した世界の各国はさらに深刻な事態に

強力なロックダウンをおこなった世界の各国では、さらに深刻で、今年の 5月に、ヨーロッパのロックダウンによる経済への影響を以下リンクの記事で書かせていただいたことがありました。

この記事には以下のように書かれています。

>今の世界は全体がお互いに経済で影響し合っているために、本当の影響の数値は、今後時間の経過と共に出てくると思われます。つまり秋から冬にかけて大きくなり、その後、来年あるいは再来年とさらに影響が拡大しそうです。

ここには、> 今の世界は全体がお互いに経済で影響し合っていると書いてありますが、これを「国内」として言い換えれば、「異なる業種全体がお互いに経済で影響し合っている」ということになり、そして「本当の影響の数値は、今後時間の経過と共に出てくる」ということは同じだと思います。

景気というか、個々の仕事や生活は、時間と共に回復するのではなく、時間と共に影響が拡大すると考えるのが合理的ではないでしょうか。そのようなことを示すアメリカの最近の調査結果が、さまざまなメディアで報じられていましたので、ご紹介したいと思います。

これは、アメリカの「ビジネスの閉鎖状況」が時間と共に悪くなっていっていることが示されたものです。7月より、さらに 8月のほうが閉店、破綻、営業終了が増えているのです。

ここに出てくる Yelp というのは、アメリカ最大のビジネスレビューサイトのひとつで、 1ヵ月の訪問者が 1億人以上のサイトです。

米 NBC ニュースの報道です。

●『現在まで再開されずに閉鎖している事業のほぼ 60%が、その閉鎖が永続的なものになることを新しいデータは示した』NBC NEWS 2020/09/16

米ローカルビジネスレビューサイト Yelp は 9月16日、最新の経済レポートを発表した。レポートは、新型コロナウイルスの世界的流行の経済的犠牲の結果として、アメリカ中の事業閉鎖が拡大していることを明らかにした。

8月31日の時点で、16万 3,735の事業が閉鎖したことを Yelp に表明しており、これは 7月中旬から 23%増加している。Yelp はまた、閉鎖が恒久的になった(二度と再開されない)ビジネスを集計した。この数は過去 6か月間で着実に増加しており、現在は、9万 7,966に達している。これは、現在までに再開されていないビジネスの 60%に相当する。

Yelp のデータによると、全体として、ビジネスの閉鎖は増え続けており、7月中旬の前回のレポート以降、永続的な閉鎖は 34%増加した。Yelp は、ビジネス危機の始まりを今年 3月1日からと見なしており、約半年後の結果がこのようなものとなったことになる。

中小企業の多くが大きな打撃を受けたが、しかし、その中でも、造園業者、請負業者、弁護士などの家庭を対象とするサービスや専門家によるサービスは、衣料品店や家の装飾ビジネスなどよりも、閉鎖率がはるかに低くなっている。

●自動車に関するサービスも比較的低い閉鎖率だった。

過去 6か月間、パンデミックによる制限により、最も大きな打撃を受けたのは、レストラン、バー、ナイトライフ関係の事業だ。8月31日の時点で、3万 2,109軒のレストランが閉鎖されたままだ。完全な閉鎖を余儀なくされたレストランの数は、その中の 61%となっている。

Yelp の担当者は、今後数週間および数か月間のアメリカの政策変更と決定は、これらのビジネスの閉鎖が恒久的になるかどうかに影響を与える可能性があると指摘している。バーやナイトクラブも、パンデミックの影響を大きく受けている。恒久的な閉鎖の率は 7月以来 10%増加し、現在 54%だ。小売業は 7月以降、恒久的閉鎖の同様の増加を経験し、10%増加し、合計 58%となった。

また、このレポートは、美容ビジネスの恒久的閉鎖の月ごとの驚くべき増加を示していた。アメリカの美容ビジネスは、 7月より約 42%多く、そのビジネスを完全に閉鎖した。

●州によって閉鎖の度合いも異なる。

各州の閉鎖率を見ると、ハワイ州が最も大きな打撃を受けており、カリフォルニア州、ネバダ州、アリゾナ州、ワシントン州と続く。ハワイ州は観光に大きく依存しており、7月の失業率は 13%だった。最終的に、Yelpのデータは、非常に多くの部分のビジネスが、依然としてパンデミックの経済的影響を感じていることを示しており、多くの州やビジネスの分野で、すぐには回復が見られない可能性があることを示している。

ここまでです。

◆ハワイは今もなおロックダウン中

Yelp は、「事業の閉鎖が落ち着く時期を予測することはできない」と述べています。なお、この記事の中に「ハワイが最も閉鎖率が高い」とありますが、9月15日には、以下のようなタイトルの報道がありました。日本語の記事です。

・リンクハワイ:新型コロナの影響で人気レストラン50店舗以上が閉店 (My ハワイ 2020/09/15)

かなり大きな数だと思います。ところで、そのハワイ。「今もなおロックダウン中」であるということをご存じでしたか?
コメント   この記事についてブログを書く
« ビジネスアルマゲドンが始ま... | トップ | 「3つのバブル」が崩壊する瞬間... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事