経済破局は来るのか?

経済破局がいつくるのかを、金貸し支配を読み解きながら、追及しています。

TPPとロスチャ

2015年05月22日 18時28分00秒 | 日記
TPPはロックと軍産側の策謀・主導と言われている。
しかし、

>オバマ大統領の、政策ブレーンとして、
TPP交渉を担当している人物が、ロスチャイルド一族の人間である事に、なぜか、「ロスチャイルドの陰謀論」が大好きな人々は言及しようとしない。リンク

交渉参加国にカナダ、オーストリア、シンガポールと明らかにロスチャの国が入っており、かつロックにそれらの国々を引き込む力は、とうてないはず・・・と考えると、ロスチャ側から、TPPの狙いを再考する必要がある。

ロスチャにとってTPPは、国債暴落・株式買占め後の、植民地諸国(旧大英帝国+日本)を企業統治することではないか?と思われる。(即ち東インド会社の太平洋版とも言える。)かつそれは、アメリカでの主導権を確立することができれば、自動的に転がり落ちてくる。

FRBのQE、そしてアベノミクスによる金融緩和は、国債暴落が不可避であることを示している。金貸しはそれだけ追い詰められており、金融から実物資産(株→企業による支配+資源確保)へと先祖がえりするしかなくなっている、・・・その一つがTPPではないか?

匿名希望
コメント   この記事についてブログを書く
« アベノミクスの本質は、米ド... | トップ | シェールガス、米社倒産で早... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事