経済破局は来るのか?

経済破局がいつくるのかを、金貸し支配を読み解きながら、追及しています。

世界金融危機は、どう決着するか(ビジネス知識源)-9負債半減でアメリカ経済浮上か?

2016年11月30日 12時16分06秒 | 日記
ビジネス知識源(吉田繁治氏)
リンク より転載。
----------------------------------
■7.賃金、金融資産、金融負債の変化は

米国の賃金や金融資産、金融負債はどうなるか?

通貨単位を切り下げる「デノミ」とは異なります。旧ドルで$5万/年の賃金は、新ドルでも$5万に維持するからです。

世帯の$30万の住宅ローンは? 新ドルでは、$15万に半減します。$8万の預金は? 新ドルでは、$4万位に減る。家計の純債務は、1月21日以前の[ローン負債$30-預金$8万=$22万]から、[ローン負債$15万-預金$4万=$11万]と、$5万の賃金に対し半分の重みに減ります。

これなら、$15兆(1500兆円)の負債を抱える米国の5000万世帯(世帯平均3000万円)も、ローンを返済できるでしょう。ローンが返済できないことが、今回の金融危機の根底にあった。これが、2:1の交換率の新ドル発行で解消します。

他方、金融資産を負債より多く持つ世帯は、損をします。民主党は、かつての日本社会党に似たところがあります。支持は、有色系とワーカー、インテリ層が多い。富裕者の優遇をしてきた共和党とは、異なる。

米国の政府債務1000兆円も、500兆円と半減します。

米国の世帯は、金融資産の最大は、預金でなく下がった株です。株はどうなるか。一旦はショックで暴落します。しかし、米国が対外借金から解放され、住宅ローンが支払われ、世帯も1500兆円(うち住宅ローンは1200兆円)の借金から解放されることが分かって経済は一転し、好転に向かうとなると、その後は、上げるでしょう。(注)2009年の最初は、金ドル交換停止のときのような混乱です。

企業にとっては、社債の負債2500兆円が、一挙に1250兆円に減ります。

【まとめ】
・米国の対外債務       2000兆円→1000兆円に減る
・米国世帯の借金       1500兆円→750兆円に減る
・米国企業の負債(主は社債) 2500兆円→1250兆円に減る
・米国政府の負債       1000兆円→500兆円に減る
・米国GDP         1170兆円→1170兆円で変わらない

賃金は1:1で新ドルになるので、賃金が80%部分を決める物価もさほど変わらない。賃金で買う小売りや車の売上も維持されます。企業の借金も半分に減ります。

金融機関の債務超過も、資産より、借金の過多です。2:1の交換率の新ドル発行で、過去の債権・債務が、同時に半分になれば、救われます。借金(国債)が500兆円と半分になった米国政府が、その後、ふんだんに国債を発行し、そのマネーで資本注入ができます。行うのは、大統領令の発布だけです。

【円との関係】
円との関係はどうなるか? 米国が2000兆円の対外債務から解放される。米国企業と世帯が[徳政令]再興するとなると、旧ドルは$1=50円になっても、新ドルは$=100円付近で落ち着くかもしれない。

【対米輸出価格は?】
日本や中国の輸出価格は、新ドルで売ることになって、米国の新ドルの賃金では価格が変わらない。輸出はできる。米国の輸入価格は新ドルになって、変わらない。

以上のように、負債を半分に減らす徳政令が、旧2:新1の交換率での新ドル発行です。



匿名希望
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 世界金融危機は、どう決着す... | トップ | 世界金融危機は、どう決着す... »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ライター依頼の件 (ITOYAMA)
2016-11-30 14:05:01
初めまして、サイトを拝見いたしました。WEBメディアを運営している糸山と申します。

現在、弊社ではライターを募集しております。宜しければ、そのライティングの能力を買わせて頂けませんか。堅苦しくなく、副業感覚で構いません。

簡単ですが、以下が詳細です。

-------------------------------
■1記事あたり

報酬:1000円~2000円

条件:1500文字~

期限:なし

納品:メール
-------------------------------

報酬は要望や質に応じて柔軟に対応いたします。必ずしも1000円からのスタートというわけではありませんので、お話合いの上で決めさせて頂ければ幸いです。


まずは1記事からでも構いません。全て柔軟に対応いたします。空いた時間で結構ですので、興味をお持ちになられたらお気軽にご連絡くださいませ。

是非とも宜しくお願いいたします。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事