映画の話でコーヒーブレイク

映画の話を中心に、TVドラマや旅行の話などを綴ります

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

マイティー・ソー  THOR

2012-02-22 | 映画 ま行
気にはなっていたけれど、スルーしていた「マイティ・ソー」。やっとDVDで鑑賞しました。
「マーヴェルコミックス」原作の映画って多いですね。
「ハルク」や「スパイダーマン」「アイアンマン」「Xーメン」「ファンタスティック・フォー」など、
独特の雰囲気と次々登場する新たなヒーローに、もうお腹い~っぱいなんて思ってしまって、
グズグズしているうちに公開終了。あらら・・・。

同じヒーローでも「バッドマン」はマーヴェルじゃないんですね。

アンソニー・ホプキンスにナタリー・ポートマン出演。
最近ハリウッド映画に出演が続いている浅野忠信氏も重要なキャラクターで出演。
ストーリーや役どころなど、どうなの~?




       *********************
  

           マ イ テ ィ ・ ソ ー   THOR

      ********************** 

 
 < ストーリー >
神の世界の王オーディン(アンソニー・ホプキンス)の息子ソーは、
伝説のハンマーを手にその力を誇っていた。しかし力を過信した傲慢さから、氷の巨人の国へ攻め込み
「アスガルド」を危機に陥れる。怒った父オーディンは王位継承権を剥奪し、ソーの力とハンマー奪って
地球へ追放する。
地球で目覚めたソーは、天文学者ジェーン(ナタリー・ポートマン)と出会い、慣れない人間生活を送り
ながら少しずつ分別と思いやりを身につけていく。
一方神の世界「アスガルド」では、弟ロキが陰謀を企て、父オーディンの身に危険が迫る。
「アスガルド」の戦士たちは、国家の危機をソーに伝えるため地球へ。しかしロキも地球に刺客を送り込む。
果たしてソーは力を取り戻し、神の世界を、父王を救うことができるのか?

        
           手に「魔法のハンマー」を持っています。

先日の日経「春秋」に「オリンパス」の経営陣逮捕に絡めて神話の話が出ていました。
いや、神話の話に絡めて「オリンパス」の話ですね。
そこで…そうか~!「オリンパス」って社名はギリシャ神話のオリンポスから来ているのか!と
初めて気が付きました。

ここからは日経コラム「春秋」より「神話」の部分の抜粋です。
 「神話」とは真実なのか作り話なのかわからない「おとぎ話」の響きがある。
  しかしその昔、神話はれっきとした「信仰」だった。古代ギリシャ人はオリンポスの山々に
  12の神々が住むと信じていた。最高神ゼウスを頂点に繰り広げられる物語は家族ドラマのようで
  騒々しい。感情をぶつけあい、だまし、だまされの権力闘争もある。
コラムはここまで。続きの「オリンパス」についての部分は日経でお読みください。

本作は、北欧神話(神トール(Thor)英語読みだと「ソー」)をベースとしており、
まさに日経「春秋」の指摘のごとく、騒々しい家族ドラマで、だましだまされの権力闘争の過程で、
神ソーが人間界へ降りてくるって話です。
そして、そこにもう一つくわえられるのが、「アーサー王伝説 王様の剣」じゃないですか?!
岩にガッツリ張り付いた魔法のハンマーは「王様の剣」のエクスカリバーと同じです。
「王様の剣」のワートは魔法使いマーリンの指導の下で修行をし、岩に刺さったエクスカリバーを抜き
アーサー王となる。

本作のソーは人間界でジェーンたちと触れ合う中で分別と思いやりを身に付けたことで、
ハンマーを抜き、力を取り戻す。
しかし、人間界で修業をする神様って・・・この神様、人間界で結構ボケます。笑えます。
でも、いい奴なんだ、これが。この人がいるだけで、場が明るくなる感じです。


前から気になっていたことなのですが・・・、
ハリウッドでは「神話」を題材にした映画が多いです。
(例えば「インモータルズ 神々の戦い」「ジェイソンとアルゴ探検隊の大冒険」など)
唯一絶対の神を信じる一神教徒にとって、ギリシャ神話の位置付けってどうなっているんでしょう?
「神話」は神さまのお話だけれど、神話に出てくる神様は『信仰』の対象ではなく
あくまで『おとぎ話』だからオッケーなんでしょうか?

日本の神話映画で記憶に残るのは、子供の頃に見た東映動画の「わんぱく王子の大蛇退治」。
            
「古事記」も「日本書紀」もちゃんと読んだことはなく、児童向けの抜粋や映画の知識しかないのですが
乱暴者のスサノヲノミコトが高天原を追放され八岐大蛇(やまたのおろち)を退治するって
本作のストーリーとちょっと似てませんか?
日本映画でも「高天原の神々の物語 マイティー・スサノヲ」製作しませんか?

                   
マーヴェルお約束のエンドロールのあとの予告。
今年3Dで公開されるらしい「アべンジャーズ」のラインナップはヒーロー大集合で豪華~。
楽しみです。
それまでに、「キャプテン・アメリカ」を見ておかないと・・・。


アンソニー・ホプキンスは流石の貫禄。

浅野忠信は今回寡黙な役どころ。今後のハリウッドでの活躍、期待しています。

ジェーンの指導者の博士を演じるステラン・スカルスガルド。この方、スエーデンの俳優さんです。
やっぱり北欧伝説を基にした映画ってことでの抜擢でしょうか?




 にほんブログ村 映画ブログへ



 ***** 見た 映画 *****

 2月22日 「タイム  IN TIME」@TOHOシネマズ海老名

コメント (2)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
« 今さらながら…試しました② | トップ | TIME/タイム   IN TIME »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (セレンディピティ)
2012-02-24 13:42:42
マイティ・ソー、私はアンソニー・ホプキンス、ナタリー・ポートマン、そして浅野忠信さんが出演している、ということで見ました。
お話がちょっと幼稚?ではありますが、単純に楽しめました。
ソーを演じたクリス・ヘムズワースは、天真爛漫な笑顔がかわいいですね。
Unknown (セレンさんへ(ryoko))
2012-02-27 22:07:51
楽しい映画でしたね。
ハンマーが岩に突き刺さって抜けないってところで、大好きな「王様の剣」や~とうれしくなりました。
主演のクリス・ヘムズワース、初めて見ました。カワイイ笑顔より、マッチョな体に驚きました。
西洋人は鍛えるととんでもなくムキムキになりますね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画 ま行」カテゴリの最新記事

3 トラックバック

マイティ・ソー (風に吹かれて)
雷小僧降臨 [E:typhoon] 公式サイト http://www.mighty-thor.jpマーベルコミックの映画化監督: ケネス・ブラナー神の世界アスガルド。王オーディン(アンソニー・ホプキン
マイティー・ソー  監督/ケネス・ブラナー (西京極 紫の館)
【出演】  クリス・ヘムズワース  ナタリー・ポートマン  アンソニー・ホプキンス 【ストーリー】 神々が暮らすアスガルドの国では、全能の王・オーディンの息子・ソーの戴冠式が行われていた。しかし、敵対する氷の王国・ヨトゥンヘイムの巨人が侵入し、式は中止にな...
「マイティ・ソー」 (セレンディピティ ダイアリー)
この週末に公開された映画、「マイティ・ソー」(原題:Thor)を見に行きました。