映画の話でコーヒーブレイク

映画の話を中心に、TVドラマや旅行の話などを綴ります

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

未来を生きる君たちへ  IN A BETTER WORLD

2011-09-19 | 映画 ま行
アカデミー賞、ゴールデングローブ賞の最優秀外国語映画をW受賞したデンマーク映画です。
こういう映画は東京の単館での公開が多く、横浜に来たとしても数ヶ月遅れですぐに終ってしまいます。

震災時、ひとり有楽町で心細い思いをして以来、ひとりで東京まで行くのがためらわれ、
半年が経ってしまいました。
震災以来、初めてひとりで有楽町に行ってきました。
「動揺しながらあの道を歩いたなぁ~」「あそこで新幹線が停止していたっけ」
「あの避雷針が激しく揺れてたなぁ」などと、あの日を思い出しつつちょっと心乱れました。


   ********************

      未 来 を 生 き る 君 た ち へ

   ********************

 < ストーリー >
スエーデン人の医師のアントンは家族をデンマークに残し、アフリカで医療活動を行っている。
彼の息子エリアスは学校で執拗ないじめを受けている。そこに母を癌で失ったクリスチャンが
英国から転校してくる。ある日、エリアスをいじめていた少年をクリスチャンは殴り倒す。
一時帰国したアントンと、エリアス、クリスチャンで出かけた折、いわれの無い暴力を受けるアントン。
暴力の無意味を説くアントンだが、クリスチャンは怒りを押さえきれず、エリアスを巻き込んで
ある計画を立てる。

監督は「しあわせな孤独」「アフター・ウェディング」や、ハリウッドで「マイ・ブラザー」として
リメイクされた「ある愛の風景」のスサンネ・ビア。
この監督さんは、日常に潜む思いもしない出来事に巻き込まれた人たちの葛藤を描き、
どれも見応えのある作品ばかりです

日常に潜む誰にでも起こりうる出来事という点で、もしこんなことが自分の身に降りかかったら?
っと考えると、背中を冷たいものが流れます。

子供の世界ではイジメ。
大人の世界でも様々な要因で起こる差別や諍い。果ては暴動に戦争。

暴力による報復は憎しみの連鎖を生むという事はわかっているけれど、
なかなかガンジーやキング牧師のように非暴力を貫くということは困難です。
大人がそうなのだから、「暴力は何の解決にもならない」といっても、
それを子供に教えるということは非常に難しい。特に男の子には・・・。
「弱いからイジメられる」というのは「やり返せ」という暴力を肯定することになってしまう。

母の死は父に責任があると心に怒りを抱えるクリスチャン。
アントンの浮気を赦せずエリアスら二人の子供を連れて別居をえらんだ妻。
アントンを巡るデンマークでの暴力と、力が絶対のアフリカ難民キャンプでのやりきれない暴力。

暴力に訴えることの愚かさを、身をもって子供たちに示したアントンだったが、
怒りを抱えたクリスチャンには届かず、
アントン自身、アフリカでの暴力に怒りを抑えることができなかった。
間に入って揺れ動く心優しいエリアスと、クリスチャンの暴走の行方は?
後半、怒りが暴走する展開に息が詰まり、結末にホッとすると共に色んな事を考えさせられました。

登場人物は、皆な孤独、怒りや憎しみの感情を抱え、互いを思いやる余裕がない。
大人も子供も、こういった感情を
どうやって昇華し、許しへと心を切り替えることができるのか?課題は大きいです。

原題の「HÆVNEN」の意味はわかりませんが、
英題の「IN A BETTER WORLD  より良い世界で」や邦題の「未来を生きる君たちへ」に
込められた思いが、少しでも叶えられるように祈らずにはいられません。
(原題の「HÆVNEN」の意味は「復讐」だそうです)

映画の中で、大人も子供もスウェーデン人に対するデンマーク人の差別発言がありました。
どちらも私にとっては遠い国なので両国の関係がどうなのか?よくわかりませんが、
知人に聞いたところ「どこでも、近隣国家というのは仲が悪いもんですよ」という言葉に
妙に納得してしまいました。


怒りを増幅していくクリスチャンと、揺れ動き悩むエリアスを演じる子役二人が上手いです。



にほんブログ村 映画ブログへ

コメント   トラックバック (19)   この記事についてブログを書く
« 「僕たちは世界を変えること... | トップ | ミケランジェロの暗号  Mei... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画 ま行」カテゴリの最新記事

19 トラックバック

未来を生きる君たちへ (試写会) (風に吹かれて)
LOVE PEACE公式サイト http://www.mirai-ikiru.jp8月13日公開米アカデミー賞とゴールデングローブ賞の最優秀外国語映画賞受賞作監督: スサンネ・ビア  「ある愛の風景」
『未来を生きる君たちへ』 デンマークが生んだあの人のことを考えよう (映画のブログ)
 世の中には、大小様々な暴力が溢れている。  私は前回の記事(『スーパー!』 私たちが好きなものの正体)で、人間は暴力を振るう生き物なのだと書いた。  では私たちは、暴力を振るい振るわれ生きていく...
映画 「未来を生きる君たちへ」 (ようこそMr.G)
映画 「未来を生きる君たちへ」
2011年8月4日 『未来を生きる君たちへ』 サイエンスホール  (気ままな映画生活)
今日は、『未来を生きる君たちへ』 を試写会で鑑賞です。 本質の違う人物像が描かれているので、共感できる人がいると思います。 【ストーリー】  医師アントン(ミカエル・ペルスブラント)は、デンマークとアフリカの難民キャンプを行き来する生活を送っていた。長男...
未来を生きる君たちへ (映画的・絵画的・音楽的)
 『未来を生きる君たちへ』を日比谷のTOHOシネマズシャンテで見てきました。 (1)デンマーク映画としては、『光のほうへ』を見たばかりながら、評判が高そうなので、映画館に行ってきました。  映画では、少年のエリアスとクリスチャンとの関係、2人とクラスメイトとの...
『未来を生きる君たちへ』 (こねたみっくす)
人は憎しみの連鎖から逃れることが出来るのだろうか。 第83回アカデミー賞で外国語映画賞を見事に受賞したこの作品は、現代に生きる全ての大人が見るべき映画です。未来ある子供で ...
「未来を生きる君たちへ」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Hævnen」…aka「In a Better World」2010 デンマーク/スエーデン 監督、原案に「しあわせな孤独/2002」「ある愛の風景/2004」「アフター・ウエディング/2006」「悲しみが乾くまで/2008」のスザンネ・ビア。 アントンにミカエル・パーシュブラント。 妻マリ...
未来を生きる君たちへ (食はすべての源なり。)
未来を生きる君たちへ ★★★★★(★満点!) 殴られた。だから殴った。 戦争はそうやって始まるんだ。 2010年アカデミー賞&ゴールデン・グローブ賞 最優秀外国語映画賞受賞のデンマーク作品。 原題の意味は「復讐」。 アフリカの内乱紛争の中で医者として働く父...
未来を生きる君たちへ (Memoirs_of_dai)
暴力の根底 【Story】 難民キャンプを行き来する生活を送っている医師アントン(ミカエル・ペルスブラント)の長男エリアス(マークス・リーゴード)は学校で執拗ないじめを受けていたが、ある日彼のク...
未来を生きる君たちへ (LOVE Cinemas 調布)
第83回アカデミー賞外国語映画賞作品。2組の家族、特に父と息子の関係を軸に世の中に満ちている憎しみや暴力をどのように受け止めるのかを描き出した感動作だ。出演はミカエル・パーシュブラント、ウルリク・トムセンといったスウェーデンやデンマークを代表する俳優...
*『未来を生きる君たちへ』* (~青いそよ風が吹く街角~)
2010年:デンマーク+スウェーデン合作映画、スサンネ・ビア監督、ミカエル・バーシュブラント、トリーネ・ディアホルム、ウルリク・トムセン、ヴィリアム・ユンク・ニールセン、マークス・リーゴード出演。
映画:未来を生きる君たちへ In a Better World 現状、今年のベスト・ワン候補。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
目前、理不尽かつ強力な「暴力」と対峙を余儀なくされた時、どう立ち回るか。 (それも大人も子供も関係なく) あるいは、ねじれた熟年夫婦の今後の関係。 離婚?それとも?! または母親を失った父と子供。 この微妙な関係を回復するどころか、さらに。。。 ざっと挙...
未来を生きる君たちへ / HAEVEN / IN A BETTER WORLD (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 「ある愛の風景」や「アフター・ウェディング」のスサンネ・ビア監督最新作で、 今年のアカデミー外国語映画賞と、ゴールデングローブ賞をW受賞で話題のデンマーク映画 脚本は、これまでの他の作品も手がけてい...
よりよき世界に~『未来を生きる君たちへ』 (真紅のthinkingdays)
 Hævnen  IN A BETTER WORLD  デンマーク郊外に住む少年エリアス(マルクス・リゴード)は、学校でいじめ に遭っている。エリアスの父アントン(ミカエル・パーシュブラント)はアフ...
未来を生きる君たちへ (心のままに映画の風景)
医師のアントン(ミカエル・ペルスブラント)は、デンマークとアフリカの難民キャンプを行き来する生活を送っていた。 長男エリアス(マークス・リーゴード)は学校でいじめを受けていたが、ある日、転校して...
『未来を生きる君たちへ』’10・丁・瑞 (虎団Jr. 虎ックバック専用機)
あらすじ医師アントンは、デンマークとアフリカの難民キャンプを行き来する生活を送っ
未来を生きる君たちへ (とりあえず、コメントです)
今年のアカデミー賞とゴールデングローブ賞の外国語映画賞を受賞した人間ドラマです。 賞レースで話題になっていた時から公開を楽しみにしていました。 暴力に対する強い心や、復讐の連鎖を断ち切る気持ちの大切さを考えさせられる作品でした。
映画『未来を生きる君たちへ』を観て (kintyre's Diary 新館)
11-54.未来を生きる君たちへ■原題:Hævnen(英題:In A Better World)■製作年・国:2010年、デンマーク・スウェーデン■上映時間:118分■鑑賞日:9月1日、新宿武蔵野館(新宿)■料金:1,000円□監督・原案:スサンネ・ビア□脚本・原案:アナ...
未来を生きる君たちへ (映画とライトノベルな日常自販機)
この映画では、人を許すことの難しさ、理由のない暴力やそれに対する報復による不幸の連鎖、夫婦・親子・友人の気持ちのすれ違いなどが二組の家族を中心に描かれています。 いくつかのエピソードごとに感想を書いてみます。 【すれ違う父と子】  クリスチャンは父親から...