映画の話でコーヒーブレイク

映画の話を中心に、TVドラマや旅行の話などを綴ります

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

扉をたたく人  THE VISITER

2010-06-03 | 映画 た行
こんな映画があったこと、全く知りませんでした。
主演のリチャード・ジェンキンスが昨年のアカデミー主演男優賞にノミネートされていたことも、
昨年日本で公開されていたことも知りませんでした。

友人のMさんから「いい映画らしい」とお薦め頂き、レンタルビデオショップでやっと見つけました。
1年前も、ごくごく限られた少数館でのみの公開だったようですね。


   *****************

     扉をたたく人   THE VISITER

   ******************


 < ストーリー >
妻を亡くしてからコネチカットで孤独な日々を送る大学教授ウォルター(リチャード・ジェンキンス)は、
学会出席のため久しぶりにマンハッタンの自分のアパートに行き、見知らぬ外国人のカップルが
住んでいるのに遭遇する。二人はジャンベ奏者のシリア人タレクと、セネガル女性のゼイナブ。
騙されてウォルターの家を貸されたのだった。家が見つかるまで已む無く共同生活を始めたが、
ジャンベの演奏法を教わるうち次第に心を開くウォルター。
ところがタレクは不法滞在として当局に拘束される。助けようと奔走するウォルターの前に、
タレクの母モーナが現われ・・・。

     足に挟んでいるのがジャンベ



妻の死後、生きる気力を失い、誰とも関わらず心を閉ざし孤独な日々を送るウオルター。
袖振り合うも多生の縁。
枯れかかった花が水を得て息を吹き返すように、ひょんなことから出合った陽気な移民青年に
影響され、ジャンベという太鼓を習い、次第に生き生きし始める。
硬く閉ざされたウォルターの心の扉が少しづつ開いてゆく。

そんな中、9.11以降、外国人(特に中東出身者やイスラム教徒)に対し極めて厳しい対応するようになった
アメリカの現実、その理不尽な対応に奔走する中、彼の母モーナと打ち解けていく。
あれだけのことがあったわけだから、出入国手続きや移民への対応が厳しくなるのは仕方が無いけれど
実際に中東出身というだけで強制送還になった方が少なからずおり、家族はアメリカに残され
離れ離れになっているというドキュメンタリー番組を見たことがあります。
不法滞在は推して知るべし。法を守るのは当然ですが、手続き上の不備を覆せなかった
ウォルターの無力感、モーナの母としての自責の念が切ない。
地味で、何ともひっそりとした印象の映画ですが、じわぁ~と胸に響きます。

人は一人じゃつまらないし、誰かに必要とされることでエネルギーを発揮することができるんやなぁ~
と実感。

モーナを演じるヒアム・アッバス(「シリアの花嫁」の長女役)の凛とした佇まいが美しいです。
       


長年練習してもピアノは上手くならなかったウォルター。
やっぱり、体全体でリズムを刻む太鼓っていうか打楽器っていうのは、魂の楽器ですね。



にほんブログ村 映画ブログへ




 ***** 見た 映画 *****

 5月26日  「グレイズ・アナトミー シーズン5 ①」DVD

 5月27日 「グレイズ・アナトミー シーズン5 ②」DVD

 5月28日 「グレイズ・アナトミー シーズン5 ③」DVD

 5月30日  「扉をたたく人 The Visiter」 DVD 

 5月31日 「幸せのきずな」 DVD グレッグ・キニア主演
         フォード相手に新型ワイパー特許を争った1教授の実話に基く12年間 
        「ある愛の風景 2004」DVD デンマーク映画 スザンネ・ピア監督作品
          近日公開「マイ・ブラザー」のオリジナル

 6月 1日  「アフター・ウェディング」DVD デンマーク映画

 6月 2日 「グレイズ・アナトミー シーズン5 ④」DVD

コメント (4)   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
« ローラーガールズ・ダイアリ... | トップ | 歓びを歌にのせて »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
2009年BEST10 (海パンjoe)
2010-06-04 10:15:43
入ってるますよぉ。
日本でも口コミだけでロングランになりましたし、
おいちゃんたちも上映から2ヵ月後に観ましたよ。
それでも超満員でした。派手さはないけど、パンチが効いている、
心に染みる映画でしたね。
Unknown (海パンjoeさんへ(ryoko))
2010-06-15 01:24:01
流石~、海パンおいちゃんはやっぱりご覧になってましたね。
え~、超満員だったんですか?私は全くこの映画に気付いていませんでした。
地味~だけれど、じわっとくる映画でした。
ウォルターはまた孤独な日々に戻ってしまわないか心配です。
はじめまして (千葉直樹)
2010-06-18 10:55:04
はじめまして。

実はこのたび「多生の縁」をテーマに文章を書く関係で
このキーワードで検索しているうちに、
こちらを覗かせて頂くことができました。

勉強させて頂きました。

ありがとうございました。

このブログも多生の縁がテーマでしたが、
面白かったですよ。
 ↓↓↓↓↓↓
http://ameblo.jp/kiku-tan/
いらっしゃいませ。 (千葉直樹さんへ(ryoko))
2010-06-22 21:24:28

はじめまして。コメントありがとうございます。
「多生の縁」でヒットしたのですか?!これぞまさに「多生の縁」ですね。
ご紹介頂いたブログ、拝見しました。
こちらこそ、勉強させていただきました。

よかったら、またお越し下さいませ。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画 た行」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

6 トラックバック

扉をたたく人 (風に吹かれて)
心の扉を開けてくれたのは 不法滞在者だった 公式サイト http://www.tobira-movie.jp コネチカットの大学教授のウォルター(リチャード・ジェンキンス)は、妻の死後、心を閉ざし孤独
扉をたたく人 (LOVE Cinemas 調布)
初老の大学教授と不法滞在の移民青年との心の交流を描いた作品。監督は俳優のトム・マッカーシーで長編はこれが2作目。主演は本作でアカデミー賞主演男優賞ノミネートのリチャード・ジェンキンス。共演は名作『シリアの花嫁』のヒアム・アッバス。予告編の時から『シリア...
扉をたたく人 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『扉を閉ざしたニューヨーク─ 移民の青年との出会いと“ジャンベ”の響きが 孤独な大学教授の心の扉を開く。』  コチラの「扉をたたく人」は、「サンシャイン・クリーニング」同様たった4館での上映から、口コミで広がり6週目にして全米興行収入トップ10に入り、6...
扉をたたく人 (心のままに映画の風景)
大学教授ウォルター・ヴェイル(リチャード・ジェンキンス)は、妻に先立たれて以来、心を閉ざして生きてきた。 学会に出席するため久しぶ...
映画「扉をたたく人」 (Andre's Review)
the visitor アメリカ 2008 09年6月公開 DVD鑑賞 公開中から気になっていた1本。この手のミニシアター系作品はDVDリリースが早いですねぇとか思ってたらもう年末で、もうじき公開から半年なんですねぇ。早い。 主人公はウォルターはコネティカットの大学で教鞭...
扉をたたく人 (心のままに映画の風景)
大学教授ウォルター・ヴェイル(リチャード・ジェンキンス)は、妻に先立たれて以来、心を閉ざして生きてきた。 学会に出席するため久しぶ...