映画の話でコーヒーブレイク

映画の話を中心に、TVドラマや旅行の話などを綴ります

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

アントマン

2015-09-29 | 映画 あ行
ポール・ラッドを初めて見たのは1998年製作の「私の愛情の対象 The Object of My Affection」。
主演はジェニファー・アニストンで、ラッドはゲイの小学校教師の役どころでした。
     
その時、何と綺麗な目をした役者さんだろう~っと思ったのがラッドでした。
その後は、へんてこコメディへの出演が多くて今一つ彼の魅力が出ていなぁと残念に思ってました。
そんな中、やっとマーヴェルシリーズの主演です!ちっちゃいヒーロー「アントマン」。
う~ん、どうなの?っとちょっと懐疑的の気持ちのまま見に行ったのですが…
期待を大きく上回る非常に面白い作品でした


     *****************

           ア ン ト マ ン

     *****************

            
 < ストーリー >
刑期を終え出所したスコット・ラング。前科がばれてクビになり、養育費が払えず、
最愛の娘に会うのも間々ならない。進退窮まり、悪い仲間の話にのりある家に忍び込み、
逮捕されてしまう。留置所の彼のもとにス―ツが届き、小さい身体になり逃走。
謎の男ハンク・ピムから意外な仕事のオファーにのり、体長1.5センチになることができる
特殊スーツを着用し、「アントマン」になることに。崖っぷちのスコットはアントマンとなり、
娘のため、人生をやり直す戦いに挑む。


        

マーヴェルのヒーローものって、シリアスでちょっとダークなトーンのものが多い中、
本作はユーモアにあふれたビジュアルで、幅広い年齢層が楽しめます。
マーヴェルファンには常識のヒーローたちの関連性がわからなくても十分楽しめる仕上がり
にも満足です。「アイアンマン」も「アベンジャーズ」も2作目までで挫折したので、
各ヒーローの繋がりがよくわかりません。
        
ヒーローがミクロ化するという逆転の発想。
その結果、迫力が減るかと?といえばさにあらず。
普通サイズとミニサイズを使い分けることでスピード感が増し、
アリの大軍を率いて建物に侵入し戦う様は迫力満点。
子供部屋の模型電車を舞台に繰りひろげられる大迫力のアクションが、
一転、普通サイズの視点で見た時に大きな笑いを誘う。(このシーンはTVのCMで放映中)
突如大型化した機関車トーマスには爆笑しました。

 
     アントスーツを作ったハンク・ピム役でマイケル・ダグラスが健在ぶりを見せる。
 
       
          離れて暮す娘への愛がスコットをヒーローへと駆り立てる。
          この子がかわいい!

博士の娘ホープの今後や、エンドロールの後アントマンもアベンジャーズに加わる予告編が
ありましたが…もう私は付いて行けそうにないなぁ~。




 にほんブログ村 映画ブログへ



 ***** 見た 映画 *****

 9月23日 「アントマン」@TOHOシネマズ海老名

コメント (1)   トラックバック (19)   この記事についてブログを書く
« ヴィンセントが教えてくれた... | トップ | いつもの・・・江の島 by... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは! (ヒロ之)
2016-02-04 14:55:17
コメント&TBありがとうございました。
マーベルヒーロー映画は大人の娯楽という感じが強いですが、今回の「アントマン」はユーモア要素が多く、また昆虫でもある蟻が仲間でもあるので、小さなお子さんでも楽しめる内容だったように思えますね。
子供が大好きなトーマスがあんな事になっちゃったりと、爆笑ポイントが多かったのも好印象でした。
アントウマーン誕生の予感を残しての終わり方でしたので、アントマンとタッグを組んでの2作目も面白いかもしれません。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画 あ行」カテゴリの最新記事

19 トラックバック

アントマン (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3,5点】(11) 人生崖っぷちの男のサクセス・ストーリーでいいの?
アントマン (映画好きパパの鑑賞日記)
 アメコミ原作作品は基本的に苦手なのですが、コメディ寄りのものは好きなので、見に行くことにしました。アベンジャーがいる世界での物語ですが、アベンジャーを見ていない僕でも楽しめる程度の関わりなので助かりました。虫が苦手な人以外だったら楽しめるのではないで...
アントマン  監督/ペイトン・リード (西京極 紫の館)
【出演】  ポール・ラッド  マイケル・ダグラス  エヴァンジェリン・リリー 【ストーリー】 仕事や人間関係がうまくいかず、頑張ろうとすればするほど空回りしてしまうスコット・ラング。別れた妻が引き取った娘の養育費も用意することができず、人生の崖っぷちに立た...
劇場鑑賞「アントマン」 (日々“是”精進! ver.F)
小さき者が、ヒーローに… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201509200000/ [CD]O.S.T. サウンドトラック/ANT-MAN【輸入盤】価格:1,727円(税込、送料別) ポップ! 『アントマン』アントマン[ファンコ]《09月仮予...
「アントマン」 (或る日の出来事)
わりとユーモアのあるところがよい。
アントマン (だらだら無気力ブログ!)
アベンジャーズシリーズと同じ世界観だったのか!
『アントマン』(2015) (【徒然なるままに・・・】)
<マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)>の12本目で、『アイアンマン3』から始まる<フェーズ2>の最後を飾る作品。前科者で仕事も妻も娘も喪ったスコット・ラング、その前に一人の男が現れやり直すチャンスを与えようと申し出る。その謎の男=ハンク・ピム博士...
アントマン (Ant-Man) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ペイトン・リード 主演 ポール・ラッド 2015年 アメリカ映画 117分 アクション 採点★★★ キャラクターの宝庫だけあって次から次へと映画化してきますねぇ、マーベルは。それでいて、娯楽作品としての一定のレベルを維持し続けてるってのも凄い。こうなると...
アントマン(2D 字幕版) (タケヤと愉快な仲間達)
監督:ペイトン・リード 出演:ポール・ラッド、マイケル・ダグラス、エヴァンジェリン・リリー、コリー・ストール、ボビー・カナヴェイル、マイケル・ペーニャ、ティップ・“T.I.”・ハリス、ウッド・ハリス、ジュディ・グリア、アビー・ライダー・フォートソン、デヴィ...
アントマン (風に吹かれて)
ダメおやじの最小しヒーロー 公式サイト http://marvel.disney.co.jp/movie/antman 監督: ペイトン・リード  「恋は邪魔者」 「イエスマン “YES”は人生のパス
『アントマン』 (こねたみっくす)
身長1.5cm。職業:元泥棒、現ヒーロー。それがアントマンだ! これぞヒーロー映画のお手本です。もうエイリアンとか人工知能とかを相手にする作品を見るよりも、こういう分かり易い ...
「アントマン」子供時代の憧れてんこ盛り (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
アメコミ物もそろそろお腹いっぱい感があったし、ことさら格好良いようにも思えないし、特別イケメンでもないし・・・と、やや冷めた目で遠巻きにしていたけれど~~ 子供の頃に誰もが憧れた世界を全て実現してくれたこの映画。 評判通りの面白さだったわ!!
アントマン (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【ANT-MAN】 2015/09/19公開 アメリカ 117分監督:ペイトン・リード出演:ポール・ラッド、マイケル・ダグラス、エヴァンジェリン・リリー、コリー・ストール、ボビー・カナヴェイル、マイケル・ペーニャ、ティップ・“T.I.”・ハリス、ウッド・ハリス、ジュデ....
アントマン (miaのmovie★DIARY)
【Ant-Man】 制作国:アメリカ  制作年:2015年 仕事や人間関係がうまくいかず、頑張ろうとすればするほど 空回りしてしまうスコット・ラング(ポール・ラッド)。別れた妻が 引き取った娘の養育費も用意することができず、人生の崖っ ぷちに立たされた彼のもと...
アントマン (映画的・絵画的・音楽的)
 『アントマン』を新宿ピカデリーで見ました。 (1)風邪による体調不良で一週間近く映画館に行けませんでしたが、このほどようやく回復し、それなら気軽に見ることができるものをと思って映画館に行ってきました。  ただ、病み上がりでボーッと見ていたこともあって、今...
アントマン (いやいやえん)
【概略】 仕事も家庭も失ったスコットが、最愛の娘のために身長わずか1.5cmになれるスーツを着用し、正義のヒーロー“アントマン”になるための特訓を開始する。 アクション 普通の男、しかし最小最強のヒーロー やる気も能力もあるのに、なぜか空回りばかりの...
アントマン (銀幕大帝α)
ANT-MAN 2015年 アメリカ 117分 アクション/SF/ヒーロー 劇場公開(2015/09/19) 監督: ペイトン・リード 『イエスマン “YES”は人生のパスワード』 製作総指揮: エドガー・ライト スタン・リー 原案: エドガー・ライト 脚本: エドガー・ライト 出演:...
「アントマン」 ミクロ世界のスケール感 (はらやんの映画徒然草)
マーベル・シネマティック・ユニバースのPhase2のラストを飾るのは、新ヒーロー
アントマン(2015) (のほほん便り)
期待が薄かったせいか、想像以上に楽しめて、お得感…。最初は、「小さくなって、ヒーローになれるの?」と素朴な疑問だったけれど、実は金庫破りの囚人で、その手腕をかわれて白......