映画の話でコーヒーブレイク

映画の話を中心に、TVドラマや旅行の話などを綴ります

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ウェイヴ  THE WAVE

2010-12-19 | 映画 あ行
先日テレビの番組で集団真理の一つである「傍観者効果」を検証する実験を見ました。
人は自分以外に目撃者(傍観者)がいる時には行動を起こさないという心理です。
誰かが荷物を沢山持って落としたとき、自分一人が目撃者の場合82%の人が助けるのに、
2人、3人と目撃者が増えると、助ける人が急激に減り、6人になると誰も助けないという結果でした。

それを見て、学生時代に心理実験に参加したことを思い出しました。
衝立の向こうにいる人とゲームをして、勝ったら相手に電気ショックを与えるというものでした。
最初は遠慮しつつ一番小さなショックを与えるが、相手が自分に大きなショックをもたらした時、
ショックの度合いがどうなるか?といったものだったと思います。

なんともねぇ~、人間性を試されている感じです。


     ******************

          ウェイヴ  THE WAVE

     ******************

 < ストーリー >
高校教師ベンガーは「独裁制」について学ぶ特別授業を受け持つ。水球部のコーチでもあるベンガーは
独裁制を体験させようとある提案をする。授業中に自分を指導者として独裁制を行うというもの。
大して乗り気でなかった生徒たちだったが、ルールに従ううち、その一体感に興奮し、のめりこんでいく。
グループを「ウェイヴ」と名乗り、ロゴを作り、ポーズを決め、従わないものたちを排除をするようになり
みんなの行動が過激になってゆき…思わぬ事件へと突き進む。

60年代、実際にアメリカ・カリフォルニア州パロアルトで起こった出来事を基に作られたドイツ映画です。
ドイツ→独裁者とくれば、当然ヒットラーを連想しますわねぇ。
ナチスについての歴史の授業で、「何故ドイツ人はナチスを止められなかったのか」
「自分だったらこのような行為には絶対反対する」と言う生徒たちに、集団が生み出す力を探るべく一日だけ
独自のルールに従って行動するという実験を行ったものだったらしい。
この映画のタイトル「ウェーブ」の名の下、活動は瞬く間に学校中に広がり、暴力沙汰にまで至ってしまった。

ドイツ戦後教育では反省に立った指導がかなりなされているようで、「独裁」についての授業と聞いて
「また?」「ドイツではもう独裁はありえない」と文句たらたらの生徒たち。
ドイツでなくても、どこでも、青い空に輝く太陽のカリフォルニアでも簡単に起こりうることなのに
敢えて、アメリカ映画でなくドイツ映画ってところが、皮肉にも説得力を持ってしまう・・・。

しかしまぁ、ドイツの高校生ってイメージが湧かなかったけれど、アメリカと同じで結構乱れてますねぇ。

     

民主主義の長所を学ぶ為に「独裁制」と「無政府主義」の二つの実習が始まる。
「無政府主義」を教えたかった教師は生徒の無関心ぶりに、1週間の「独裁制」体験授業を始める。
・指導者を決め(教師のベンガー)「様」を付けて呼ぶ。
・発言する時は指導者の許可を取リ、立って発言する。
・グループ名を「ウェイヴ」とする。
・全員が白いシャツにジーンズを着る。
・ロゴを作る。
・団結をあらわすポーズを決める。
たまたまこのクラスを選択したというだけの集団が、たったこれだけのルールに従ってゆく中で
結束力・集団への帰属意識を強めていく。    
            
集団に自分の居場所を見つけのめり込む者、
この集団に批判的な者を排斥することで繋がりあう者など、
集団の一体感で生まれる高揚感に過激な行動へと暴走していく。
集団の狂気は身近な存在なのだということを、今さらながらに痛感させられます。

日本だと「場の空気」でしょうか。責任の所在が曖昧なまま集団の総意ではない方向に流れ、
何故そのようなことになったのかわからないな~んてことが間々起こります。

同窓、同郷、同じ会社、同じコミュニティー、同じ趣味で繋がるグループなど、
誰しも何らかの集団に所属するわけですが、些細なことがきっかけでおかしなことになる可能性はゼロではないということを心に留め置きましょう。
こわ~いなぁ


先日「勝海舟」の人物像を黒鉄ヒロシさんが中学生に語るテレビ番組を見ました。
勝海舟は「自己実現に向けたマズローの欲求5段階説」の3番目「社会的欲求(帰属への欲求とか所属と愛の欲求とも言う)」の段階でドロップしたことで、幕臣でありながら徳川幕府存続という狭い視野でなく、世界の中の日本という大きな視野に立って行動することができた人だと語っておられました。
小沢派だ反小沢派だの、民主党だの自民党だのに囚われない、視座の高い人物の登場を切望します。

集団に囚われすぎることなく、しがみつくことなく、自分というものをしっかり持ちたいもんです。


次はスタンフォードの監獄実験を基にした映画「es(エス)原題はDas Experiment」を見てみようと
思っています。閉鎖的な環境下における、権威者の指示に従う人間の心理状況を実験したもの(ミルグラム実験)だそうです。
これまた人間の心理をえぐり出すストーリーですね。
そして、これまたアメリカの実験を基にしたドイツ映画って・・・?
ちょっと怖い~。


にほんブログ村 映画ブログへ


はっと気づけば・・・・今週映画を見ていません。
やっと昨日から面白そうな映画が続々公開なので、今週は行くぞ~!

コメント (4)   トラックバック (7)   この記事についてブログを書く
« ロシュフォールの恋人たち 1967 | トップ | 武士の家計簿 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
es(エス) (海パンJoe)
2010-12-20 00:01:46
初めて見たときは凄い衝撃でしたよ。
その後、類似作も登場してるけど、ウェイブはかなり好き。
心頭してしまう子が怖すぎると感じましたね。

あと、あまり関係ないかもしれませんが、日本でも
「ポケモン」の大ヒットは集団心理の影響が大きいと
自分達の仕事ではよくいいます。“みんながやってるから”という
、個性よりも集団が生活には必要になってしまったと。
Unknown (海パンjoeさんへ(ryoko))
2010-12-27 00:37:41
衝撃的ですよね。
実話に基いていると知り、益々怖くなりました。
人間の心理は奥が深くて面白~い。

「ポケモン」ブームも集団心理の一環ですか!子供の台詞で「みんなやっている」とか「みんな持っている」っていうのがよくありますが、「じゃぁ、誰がやっているのか言ってごらん」というとなかなか名前が出ない。「みんな」というのがキーワードですね。
心理学を巧みに使ったマーケッティングに繰られないように注意せねば。
ぜひ「es」を・・・・。 (mezzotint)
2011-02-04 21:26:02
今晩は☆彡
お久しぶりです!
TBありがとうございました。ぜひ「es」を
観て下さい。この作品より遥かに凄いです。
そういえば、ハリウッドがリメイクした、
「エクスぺリメント」が最近公開されました。
もう終わったかな?でもやっぱりオリジナル版
が一番かもしれませんね。
反応が遅くて申し訳ありません。 (mezzotintさんへ(ryoko))
2011-03-02 01:23:29
まだ「es」見れてなくて・・・。
この作品より凄いって、ちょっと見るのが怖いですね。
先月銅版画基礎トライアル講座を受けてみました。
mezzotintって、銅版画の技法をハンドルネームになさっていることにいま気が付きました。銅版画は工房で薬品や機械を使わないとできないので、トライアルで終りそうです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画 あ行」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

7 トラックバック

映画「THE WAVE ウェイヴ」 (Andre's Review)
die welle ドイツ 2008 2009年11月公開 DVD鑑賞 劇場公開されているときにとーっても観たかったんですが、過去に劇場で観た「es」が結構トラウマになっているので、なかなか勇気が出なかった1本です。 高校の夏の特別実習で教師のベンガーは「独裁」を扱うこと...
ウェイヴ (Die Welle) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 デニス・ガンゼル 主演 ユルゲン・フォーゲル 2008年 ドイツ映画 108分 ドラマ 採点★★★★ 高い失業率から来る将来への不安や社会への不満、外国人に対する嫌悪や恐怖、極端な右翼化とと左翼化。そんなのがグチャグチャに混じり合った重たい空気漂う状況に...
THE WAVE◆◇ ウェイヴ あるクラスの暴走 (銅版画制作の日々)
揺れる高校生たちの心を支配したものとは? ドイツ全土を席巻! 240万を動員! ドイツ国内映画興行成績第1位! 京都みなみ会館にて鑑賞。3月4日~10日の1週間限定上映ということもあって、多くのお客さんでした。さてこの話は実際に起きた事件を基に、ドイツで...
ドイツ映画祭2008...「ウェイヴ あるクラスの暴走」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Die Welle」...aka「The Wave 」2008 ドイツ 高校教師ライナー・ヴェンガーにユルゲン・フォーゲル。 ティムにフレデリック・ラウ。 マルコにマックス・リーメルト。 カロに「みえない雲/2006」のジェニファー・ウルリッヒ。 監督、脚本はデニス・ガンゼル。 ...
mini review 10482「ウェイブ」★★★★★★★☆☆☆ (サーカスな日々)
独裁政治を学ぶ体験授業をきっかけに洗脳されていく高校生たちの姿を描き、ドイツで大ヒットを記録した心理スリラー。アメリカで起こった実話をドイツの高校に置き換え、『エリート養成機関 ナポラ』のデニス・ガンゼルがメガホンを取った。主演には『エーミールと探偵た....
ウェイヴ (だらだら無気力ブログ)
独裁政治を学ぶ体験授業をきっかけに洗脳されていく高校生たちの姿を描き、 ドイツで大ヒットを記録した心理スリラー。アメリカで起こった実話を ドイツの高校に置き換え、『エリート養成機関 ナポラ』のデニス・ガンゼル がメガホンを取った。主演には『エーミールと探...
THE WAVE ウェイヴ (銀幕大帝α)
DIE WELLE/08年/独/107分/サスペンス/PG12/劇場公開 監督:デニス・ガンゼル 原作:モートン・ルー『ザ・ウェーブ』 脚本:デニス・ガンゼル 出演:ユルゲン・フォーゲル、フレデリック・ラウ、マックス・リーメルト <ストーリー> やる気のない生徒たちに...