映画の話でコーヒーブレイク

映画の話を中心に、TVドラマや旅行の話などを綴ります

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

別離

2012-05-24 | 映画 は行
アカデミー外国語映画賞、 ベルリン国際映画祭で金熊賞・銀熊賞を受賞
その他、世界中の映画祭で賞を総なめしているイラン映画です。
かなり期待をして見に行きましたが、期待に違わぬ見応えのある作品でした。

緊迫した雰囲気の中、思わぬ展開にスクリーンに釘付け。
少しずつ明らかになる事実。
その度に、驚き、ため息がでました。

イランの女優さんの美しさにもため息ですわ。



      * * * * * * * * * * *

               別   離

      * * * * * * * * * * * 


  < ストーリー >
ナデルとシミンは結婚14年。11歳の娘テルメーとナデルの父と共にテヘランで暮らしている。
娘の将来を考えシンミは国外移住の手続きをし許可を得たが、ナデルはアルツハイマー病を患う
父を残して国外に出ることに反対する。そこでシミンは家庭裁判所に離婚を申請するが認められず
一旦家を出て実家に帰る。
そこでナデルは父の介護と家事のためにラジエーという敬虔で貧しい女性を雇う。
ラジエーは無職で短気な夫に無断で、生活のためこの仕事を引き受けていた。
ある日、ナデルとテルメーが帰宅するとラジエーの姿はなく、腕をベッドに縛られ、床に落ち、
意識不明の父をで発見する。激昂したナデルは、帰ってきたラジエーをなじり、アパートの玄関から
押い出すと、ラジエーは階段に倒れ込み、その夜、流産してしまう。
ラジエーと夫はナデルに責任があるとして「殺人罪」で告訴し、裁判が始まる。


以前見たイラン映画と言えば・・・「彼女が消えた浜辺」。これ同じ監督さんなんですね~。
アスガル・ファルハーディー監督は「彼女が消えた浜辺」でもベルリン国際映画祭で銀熊賞受賞
だったのですね

イランって、核開発疑惑や石油をめぐる問題などで話題になる、距離的にも心情的にも遠い国という
イメージが強く、そこで暮らしている人たちの日常がどんなものなのか?がなかなか想像できないのです。
前回「彼女が消えた…」でも書きましたが、ファルハーディー監督が描くイラン人の日常を見ていると
子供の教育や親の介護、夫婦間の意見の食い違いや社会格差など日本人の日常と大して変わらない
気がします。
勿論宗教戒律の厳しい国なので事件に対する対応など理解しがたいこともありますが、
本作で発端になる出来事そのものは、イランでなくても、私たちの身近でも起こりうる不慮の事故。
良かれと思ってしたことが裏目に出たり、
ちょっとした嘘や秘密が取り返しのつかないことになったり、
あんなことさえなかったらと人を責めたり、
なんともやりきれません。

一番かわいそうなのは11歳の娘テルメー。
信じていた父の嘘や母の行動、二人の諍い、裁判での証言、そして父と母のどちらを選ぶかの選択。
11歳の子供にはあまりにも重く辛い。

文化や宗教が違うとそんなことがあるのかと驚きつつも、
自分がナデルだったら…、ラジエーだったら…、テルメーだったら…と思わずにはいられません。

人の運命って、ほんの些細なことで翻弄されてゆく可能性を秘めているんですねぇ~。


寝不足気味だったのですが、最後まで目が離せず2時間が短く感じられました。
最後、テルメーの決断は?  気になる~!

今年一押しの作品です。是非!




にほんブログ村 映画ブログへ




  ***** 見た 映画 *****

 5月22日 「ファミリー・ツリー」@TOHOシネマズ海老名 

 5月23日 「別離」@川崎チネチッタ
 
       「ザ・マペッツ」@TOHOシネマズ川崎

コメント (2)   トラックバック (16)   この記事についてブログを書く
« 金環日食@横浜 | トップ | ザ・マペッツ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (セレンディピティ)
2012-05-24 13:43:21
サスペンスのような展開で、どきどきしましたね。
ラジエー夫妻との交渉での最後のどんでんがえしがみごとでした。
イランという国を少し身近に感じることもできて
考えさせられるけれど、見応えのある作品でしたね。

↓ 曇り空でしたが、雲が薄くなるとグラスごしに見ることができましたよ。
Unknown (セレンさんへ(ryoko))
2012-05-26 01:22:48
やっと川崎で見てきました。
最後までドキドキでした。
いろいろ考えさせられる話でした。
テルメーの決断は?・・・嘘を言った父、偽証を促した父を許し一緒に住むことは難しいんではないでしょうか?
裁判での証言、父と母のどちらかを選ぶという選択を迫られたテルメー、彼女の心の痛みを考えると私まで胸が痛いです。

グラス越しに金環日食見れましたか~
うちの近くはほんの一瞬輝いた時だけグラスを通して見れました

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画 は行」カテゴリの最新記事

16 トラックバック

衝撃情報!沢尻エリカ休業は大麻中毒による失踪!週刊文春が報じる (沢尻エリカ休業は大麻中毒による失踪!週刊文春が報じる)
ヘルタースケルターPRをドタキャン休業の沢尻エリカ休業は大麻中毒による失踪!週刊文
「別離」 (セレンディピティ ダイアリー)
「彼女が消えた浜辺」のアスガー・ファルハディ監督によるイラン映画、「別離」(Na
「別離」:理解し合うことの難しさ (大江戸時夫の東京温度)
『別離』はアカデミー外国語映画賞にも輝いたイラン映画。確かに尊敬に値する作品です
別離/Jodaeiye Nader az Simin (LOVE Cinemas 調布)
『彼女が消えた浜辺』でベルリン国際映画祭の監督賞を獲ったイランのアスガー・ファルハディ監督作品。ベルリン国際映画祭で金熊賞を含む3冠を獲得、第84回アカデミー賞では外国語映画賞を授賞した。前作同様に現代イランの社会事情やそこに絡む宗教的な問題といった...
別離 (映画的・絵画的・音楽的)
 『別離』を渋谷のル・シネマで見ました。 (1)イラン映画で、昨年見て印象深かった『彼女が消えた浜辺』のアスガー・ファルハディ監督の作品であり、さらに様々の国際映画祭で受賞しているとのことでもあり、期待して見に行ってきましたが、マズマズの仕上がりではない....
『別離』 嘘つきは泥棒の始まり (映画のブログ)
 さすが『彼女が消えた浜辺』のアスガー・ファルハディ監督だ。新作『別離』も実に面白い映画である。  テヘランを舞台に描かれるのは、離婚や介護や失業等々、どこの国でも人々の頭を悩ませる問題だ。映画...
別離 (佐藤秀の徒然幻視録)
彼女が落ちた階段 公式サイト。原題:Jodaeiye Nader az Simin。英題:A Separation。アスガー・ファルハディ監督、レイラ・ハタミ、ペイマン・モアディ、シャハブ・ホセイニ、サレー・バヤト、 ...
ひとは何故、かくも悲しい生き物なのだろう~『別離』 (真紅のthinkingdays)
 JODAEIYE NADER AZ SIMIN  NADER AND SIMIN, A SEPARATION  「娘の教育のために」 海外移住を主張する妻・シミン(レイラ・ハタミ)と、ア ルツハイマーを発症した父を置いては行け...
『別離』 (2011) / イラン (Nice One!! @goo)
原題: JODAEIYE NADER AZ SIMIN/NADER AND SIMIN, A SEPARATION 監督: アスガー・ファルハディ 、マームード・カラリ 出演: レイラ・ハタミ 、ペイマン・モアディ 、シャハブ・ホセイニ 観賞劇場: ル・シネマ 公式サイトはこちら。 第84回アカデミー賞外国語...
別離  監督/アスガー・ファルハディ (西京極 紫の館)
【出演】  レイラ・ハタミ  ペイマン・モアディ  シャハブ・ホセイニ 【ストーリー】 シミンとナデルはテヘランに住む夫婦。娘のテルメーとナデルの父と4人で暮らしている。シミンは娘の将来を考え、家族揃っての国外移住を考えていたが、夫ナデルの父がアルツハイマ....
別離 / JODAEIYE NADER AZ SIMIN (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 本年度アカデミー賞&ゴールデン・グローブ賞で、外国語映画賞 W受賞達成のイラン映画。 ベルリン国際映画祭史上初の3冠!オスカー獲得で83冠目の映画賞に輝く話題作 2010年の外国語映画賞受賞作「瞳...
「別離」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Jodaeiye Nader az Simin」…aka「A Separation」 2011 イラン ナデルにペイマン・モアディ。 シミンにレイラ・ハタミ。 ホジャットにシャハブ・ホセイニ。 ラジエーにサレー・バヤト。 テルメーにサリナ・ファルファディ。 判事にババク・カリミ。 教師ギャー...
『別離』 今年必見の1本 (コナのシネマ・ホリデー)
アカデミー賞外国語映画賞受賞ほか、80冠を超える世界の映画賞を受賞したイラン映画。描かれているのは紛れもなくイラン国内の話だが、それは特別な国の話ではなく、私たちも共感しうる問題をはらんでいる。映画作品としての完成度の高さを含め、今年必見の1本だと思う
別離 (悠雅的生活)
ちいさな嘘。大きな犠牲。隠された本心。
『別離』お薦め映画 (名機ALPS(アルプス)MDプリンタ)
現代イランの社会問題がとことん盛り込まれていて、まるでニュース・ドキュメンタリーのよう。 なぜラジエーは望まぬ職に就いたのか? なぜシミンは夫と義父を捨ててまで国外移住したいのか? イランの社会状況を想像しながら疑問は膨らむばかりである。 イラン国内と...
2組の家族から (笑う社会人の生活)
17日のことですが、映画「別離」を鑑賞しました。 娘の教育のため海外移住を考えているシミン、父の介護のため反対のナデル シミンは家を出て 別居となり ナデルは介護人を雇うのだが・・・ アカデミー外国語映画賞を受賞もした本作 イラン映画だが ここに描かれている...