映画の話でコーヒーブレイク

映画の話を中心に、TVドラマや旅行の話などを綴ります

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

チェコの映画 「プラハ」と「英国王 給仕人に乾杯!」

2009-02-02 | 複数の映画
先週、たまたま2本のチェコの映画を見ました。

チェコと聞いて何を思い浮かべるでしょうか?
私は1964年の東京オリンピック、女子体操のベラ・チャスラフスカさんです。
というか、他に何も思いつかないほど、
チェコ共和国(1993年にスロバキアと分離)やチェコスロバキアのことを知らないのでした。
彼女は当時22歳、お若かったんですね~。もっと年上かと・・・
美しかったこと、金メダルを獲得されたことだけ記憶に残っています。
次の1968年メキシコオリンピックは、まさに民主化運動「プラハの春」を抑える為に
ソビエトがワルシャワ条約機構の国々とともチェコスロヴァキアに戦車で侵攻した直後、
出場し金メダルを獲得するも、民主化を押していた彼女にとって
帰国後は過酷な人生であったようです。


鑑賞した2作は
 ・「プラハ! REBELOVE」2001年製作 2006年公開 DVD
 ・「英国王 給仕人に乾杯!」@日比谷シャンテシネ2  です。

「プラハ」はレトロでポップ、キュートでカラフルな青春ミュージカル。
予告編を何度か見て「見たい!」と思っていましたがかなわず、DVDも近所の店では入荷せず・・・。
横浜のレンタル店で発見!早速鑑賞

        
 高校生には見えん!美人です。

< ストーリー >
高校卒業間近の女子高校生テレザ、ブギナ、ユルチャの3人は、恋愛の話題で持ち切り。
そんな時、自由を求めてアメリカへ亡命しようと軍隊を脱走した3人の若者シモン、ボブ、エマンに出会う。
国境越えの貨物列車を待っているのだが、テレザとシモンは、一目で恋に落ちてしまう。
3組で楽しいデートを重ねるが、脱走は重罪で警察の追っ手が迫る。
そんな時、ソビエトの軍事介入が起こる。彼らの運命は・・・?

1968年「プラハの春」といわれる民主化の中、社会主義国とはいえ自由でのどかな雰囲気。
眩しい弾けるような若さを「恋のダウンタウン」「花のサンフランシスコ」などの曲に乗せ歌い踊る。
「雨に歌えば」や「パリのアメリカ人」のようなレトロでポップな衣装に演出。
古い町並みとのコントラストが素敵です。

ソ連の軍事介入でのどかな町に突如侵入する戦車。
それまでのムードは一変し、テレザとシモンの淡い恋は引き裂かれ、
チェコスロバキアは密告が横行する警察国家となる。
1989年の「ビロード革命」によって共産党体制が崩壊するまでの約20年、
どのような人生を歩んだのかに思いを馳せると胸が痛む。

テレザのお父さんがイイおとうちゃんなんです。
男手一つで育てた娘を信頼し、彼女が選んだ男なら間違いないと。
この俳優さんはどこかマシュー・マコノヒーに似てなかなかダンディーです。



もう一本の「英国王 給仕人に乾杯!」は
ヤンという一人の男の波乱万丈の人生をユーモアを交えて描く。

   
       若いヤン                 年老いたヤン
国境を越えれば隣の国、言葉も人種も宗教も違うという緊張感は、
国境を接することがない島国である日本人にはなかなかピンとこないけれど、
ポーランドやチェコの歴史を見てみると、大国の思惑で人の運命も簡単に変わってしまう
怖さを実感。

第一次大戦後チェコスロバキア建国から第二次大戦までのよき時代を経て、
ヒトラーによるズデーテン侵攻、ドイツの保護国となり地図から消え、戦後国の復活、
共産主義となり・・・という国家の変遷に彼の運命も翻弄される。
「幸運には不運が、不運には幸運が、いつもドンデン返しで待っていた」というナレーション通り、
一貫して給仕という仕事ながら、
ユダヤ系の行商人の「お前は小さな男、小さな国の人間、それがお前の血だ。
それを忘れなければ人生は美しくなる!」という教えに従い長年の夢を叶える。
しかし、時代の流れの何と残酷なこと・・・。

この映画も
豪華な建物や調度品に、
スローで切手が画面一杯舞ったり、
ドイツ人の保養所でのプールのシーンなど、他の国の映画にはない独特の雰囲気がある。

タイトルは、戦争中ドイツ人に屈することなく毅然とした態度で臨んだ、
ヤンの尊敬する「ホテル・パリ」の名給仕長への賛辞です。
    左の方が尊敬する給仕長



時代の大きな流れの前では、人の幸せなんて儚いもんですねぇ。
どちらもそれを爽やかに、歌と踊り、そしてユーモアでさらりと描いているところがいいです。
この2本の映画で、ちょこっとチェコの歴史がわかるようになりました。


チェコは、どうも人形劇が有名らしい。
そういえば先週見た「チェブラーシュカ」はロシアの人形劇、
昔々に見たロシアの「森は生きている」も人形劇だったような、
社会主義・共産主義の国は人形劇がお得意なんでしょうか?




にほんブログ村 映画ブログへ




 ***** 今週 見た 映画 *****

 1月28日「英国王 給仕人に乾杯!」@日比谷シャンテシネ2

 1月30日「プラハ」DVD
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
« 007 慰めの報酬 QUANTUM... | トップ | レボリューショナリーロード... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

複数の映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

4 トラックバック

髪型 ボブ (髪型 ボブ)
髪型をボブにしてイメチェンをする人が多いですね。今まで長かった髪を、ボブぐらいまで短くすると、印象がかなりかわります。基本的に髪型をボブにするとかわいらくしくなり、若くなった印象を与えます。
英国王給仕人に乾杯! (Art- Mill  )
英国王給仕人に乾杯 HP http://www.bowjapan.com/iservedtheking/ 「小は大より美し、、、、。」 「全世界が絶賛、笑いと愛のメンツェル映画の最高傑作」 とあるが、笑うに笑えないシニカ
英国王給仕人に乾杯!■鏡に映るもの (映画と出会う・世界が変わる)
アイリス・インに始まり、アイリス・アウトに終わるというなんとも古典的な構成の中に、チャップリンなどサイレント喜劇の演出も交えて、まるで映画のおもちゃ箱のようだ。そんな中で、現在の主人公が、一人で何枚もの鏡に向かって過去の自分と向き合う場面は悲痛でもある...
英国王給仕人に乾杯!■状況に流された人々によって時代は作られる (映画と出会う・世界が変わる)
この映画は給仕人をつとめてきた一人の男を通してチェコの現代史を描いたという作品であるが、このように一人の人間を通してある国の歴史を描くとなると、どうしても善良な一市民となりがちなところ、この映画は決してそうではなく狡賢く、女好きでもありという性格の人物...