映画の話でコーヒーブレイク

映画の話を中心に、TVドラマや旅行の話などを綴ります

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

KATAGAMI STYLE @丸の内 三菱一号館美術館

2012-05-18 | 展覧会
ずっと行きたかった「KATAGAMI STYLE 世界が愛した日本のデザイン」展。
やっと東京丸の内の三菱一号館美術館へ見に行ってきました。
東京駅丸の内南口から徒歩で探しながら歩いて10分ほど。
丸の内ってビジネス街のイメージがありましたが、再開発ですっかり様変わりです。
道行くマダムのグループが「銀座より素敵よね~」と話しておられるのを小耳に挟みました。
 
      エントランス          通りの反対側から、近代的な高層ビルとのコントラストが面白い。

 ***********************

      世界が愛した日本のデザイン
          Paper Stencils and Japonisme 

***********************


この展覧会は日本の染めの型紙に表されたデザインが19世紀の欧米の芸術に与えた影響を
分かりやすく展示しています。
染めの型紙や、型紙を使って染めた日本の着物が、どのように絵画、家具、ファブリック、カーペット、
装飾品、陶磁器、ガラス工芸などに取り入れられているのか。
19世紀に海を渡った型紙の100年ぶりの里帰り。
当時の職人技の日用品が海外でアートとして芸術家に影響を与え融合し、
アール・ヌーボーやアール・デコを生んだわけですね。

「型紙」は絹や綿に模様を染め付けるための道具。
紙を「柿渋」で加工し、「菊花」「千鳥」「流水」「縞」など多種多様なデザインがあります。
当時は反物を染める消耗品として、傷んだら捨てていたようですがその精緻なこと!
作る過程をビデオで見れるのですが、もう気の遠くなるような細かい作業を何度も繰り返して
作ります。必要な彫刻刀も職人さんが自ら鉄を打った手作りで、切れ味を保つために何度も砥ぐのです。

型紙をずらしてパターンを繰り返していく精緻なデザインを見ていて、
イスラムのモザイク文様を思い出しました。似てますよね。
日本のデザインは植物や動物、水の流れなど、
イスラムのデザインは数学的な図形や植物をモチーフに繰り返されます。

以前見たエッシャー展で、イスラムの影響があるという解説を見ましたが、
今回の展示を見て日本の「型紙」の影響もあったんじゃないだろうか?と思いました。

     
                              館内はレトロな雰囲気 

名もなき職人の、日用品である着物を作るための、消耗品である道具「型紙」。
小紋のような細かい柄もありますが、当時の着物の大胆でポップなこと。
自然に目を向け、細かく描写しデザイン化する当時の日本人の美的センスは凄いわぁと、
感銘を受けました。

型紙の制作と、型紙を使って繰り返される染めの工程の多さに、着物のお値段が高いのも納得です。
めっちゃ手が掛ってますものね~。溜息がでます。

この美術館はカフェ/レストランも併設しています。
しか~し、残念ながら大盛況のようで多くの方が並んでおられたのであきらめました。
建物の裏には都会の真ん中とは思えないような空間があり、多くの人が寛いでおられました。
  
   

     
       このあたりの古地図が通りにありました。この辺りは各地の松平家が集中していたようです。

帰りがけ、東京駅構内を歩いていたら・・・姜尚中さんとすれ違いました。
「あっ、テレビのまんま」っと思った瞬間、足早に去って行かれました。


*今月27日日曜日までの開催ですので、ご興味のある方はお急ぎください。


にほんブログ村 映画ブログへ





 ***** 見た 映画 *****

 5月16日 「ロボット」@横浜ブルク13

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« マーガレットと素敵な何か | トップ | ロボット »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
教科書ネタになりました。 (みやのこ)
2012-05-24 19:40:13
はじめまして、
この三菱一号館の先代の建物は明治27(1894)年に建てられ、昭和43(1968)年に惜しまれつつ解体・撤去されてしまいましたけど、この先代建物(大正期に街区改正で東9号館と改称)は富士電機など一流企業のテナントが入居しており、昭和30~40年代の中学・高校生向けの日本史の教科書に、明治期の代表的な建築として写真入りで、この先代建物のことが紹介されてました。
再建した建物とは言うものの、それでも窓ガラスとかをじっくり見ると、解体された先代新丸ビルの発生品を流用(景色が歪んで見える古いタイプ)しているので、廊下や部屋そして照明の雰囲気にマッチング出来てイイと思います。
それでは、この辺で失礼します。
Unknown (みやのこさんへ(ryoko))
2012-05-26 01:34:41
はじめまして!
ようこそお越しくださいました。
コメント残していただき、ありがとうございました
そんな歴史があったのですね。教科書に出ていたのですね。
はい、非常に趣のある、重厚な建物でした。
確かに窓ガラスに少し歪みがあったように思います。
展示室から次の展示室に行く中庭よりの廊下から中庭を見ると、とても東京駅から歩いて10~15分とは思えませんね。
次回は是非カフェでランチをと思っています。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

展覧会」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事