映画の話でコーヒーブレイク

映画の話を中心に、TVドラマや旅行の話などを綴ります

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

博士と彼女のセオリー  The theory of everything

2015-03-30 | 映画音楽
アメリカン・スナイパー」「ファックス・キャッチャー」「イミテ―ション・ゲーム」に次いで
今年のアカデミー賞関連作品4作目です。
ホーキング博士を演じた主演のエディ・レッドメインが主演男優賞受賞です。
「イミテーション・ゲーム」のカンバーバッチを抑えての主演男優賞受賞に、
カンバーバッチよりいいんでしょうね?どんだけ~っと思いつつ鑑賞しましたが…
健康体から発病し徐々に麻痺が進行していく過程、声の変化、最終的に車椅子で機械を使って
会話する姿はホーキング博士ご本人かと見紛うほどでした。
       
妻のジェーンを演じたフェリシティ・ジョーンズも、初々しくキュートな20代から、
夫の看病と子育てに追われ追い詰められていく姿、助けを得て心の余裕を取り戻した後、
三角関係に悩み戸惑う姿などなど、現在に至るまでを感情豊かに演じ主演女優賞にノミネートも
うなずけます。

演技では本作に軍配が上がりましたが、見終わった4作品の中では「イミテーション・ゲーム」が
一番見応えがありました。
この4作品はすべて実話に基づくストーリーなんですね!
来月早々アカデミー作品賞受賞の「バードマン」が公開されます。
マイケル・キートンの演技と作品賞受賞のストーリー、楽しみです。

   *************************

        博 士 と 彼 女 の セ オ リ ー
              The Theory of Everything

   ****************************

        
          ケンブリッジを自転車で疾走、発病する前、元気な博士(右) 
 < ストーリー >
スティーヴン・ホーキングはケンブリッジ大学大学院で将来を渇望される宇宙物理学専攻の学生だ。
ある日、同じ大学で文学を専攻するジェーンと出会い恋に落ちる。幸せの最中、不治の病ALSを発症し
余命2年と宣告される。躊躇うスティーブンだったがジェーンは彼を支える決意をしふたりは結婚。
長男を授かり博士号を取得するスティーブン。長女が生まれるころには車椅子に。
精力的に研究を進め、1974年新しい理論を発表し天才宇宙物理学者として名声を得るスティーブン。
一方、育児と介護でて一杯、自らの研究もままならず追い詰められるジェーン。
母の薦めで参加した教会の聖歌隊に参加。聖歌隊を指導するジョナサンは一家の状況を知り、介護の
手伝いを申し出る。パリのオペラに招かれたスティーブンは昏睡状態に陥り、命か声かの選択を
迫られたジェーンの決断で命を取り留めたスティーブンは声を失い、意思伝達に機械を使うようになる。
    
 
                  
映画を見終わって、ちょっと複雑な気分になりました。
「イミテーション・ゲーム」では偉業を認められることもなく、犯罪者として不遇の中
自らの命を絶ったチューリングに光を当て、名誉を回復し多くの人に彼の偉業を知らせる
意味深い映画だったと思います。
一方のホーキング博士は、誰もが知る天才宇宙物理学者として世界的に功成り名を遂げた
現役の学者さん。
見ておいて言うのもなんだけれど…敢えて彼の私生活を曝し「人間ホーキング」を描く
必要はあったのか?
今年のアカデミー賞唯一のラブストーリーとか、「ホーキング博士の愛の物語」という
フレーズが踊っているけれど、一般的にイメージするラブストーリーとは違います。
病気の夫を支える妻ジェーンさんの愛と献身は凄いものだけれど、そんなみんなが期待する
美談だけではなく、後半は事実にもとづく二つの三角関係を描く人間ドラマです。
見ているこちらが大丈夫なのか?っと心配してしまう展開でしたが、そこはさらりと
最終的に丸く収まって、よかった~よかった。
   
元々、妻ジェーンさんの回顧録「Travelling to infinity:My life with Stephen」をもとに
した映画だとか。余命2年と聞いてもひるまず、博士を支え介護と育児に奔走したジェーンさん。
日本なら両家の両親も支えていくでしょうが、友人の台詞からもどうも彼女一人頑張った様子が
うかがわれました。命か声かの選択でもきっぱりと判断を下すジェーン。
なかなかできることじゃありません。
博士が研究に打ち込めたのはジェーンさんの内助の功があったればこそ。
そんなジェーン支えるジョナサンさんや最終的に博士を支えるエレインさんがいたからこそ。
人間だもの、一人で抱えきれない時は助けが必要です。
大きな意味での愛の物語。

この映画、博士ご本人はご覧になったのかしら?と気になったのですが、
映画製作に協力され、作品の出来に満足されていたそうです。



 にほんブログ村 映画ブログへ




 ***** 見た 映画 *****

 3月23日 「博士と彼女のセオリー」@TOHOシネマズシャンテ

 3月25日 「ナイトミュージアム/エジプト王の秘密」@TOHOシネマズ海老名
ジャンル:
海外
コメント   トラックバック (18)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イミテーション・ゲーム/エニ... | トップ | ナイトミュージアム /エジプ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画音楽」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

18 トラックバック

博士と彼女のセオリー (風に吹かれて)
スティーヴンとジェーンの“時間” 公式サイト http://hakase.link 原作はジェーン・ホーキングの回顧録「Travelling to Infinity: My Life with Ste
「博士と彼女のセオリー」 (セレンディピティ ダイアリー)
エディ・レッドメインが理論物理学者のスティーヴン・ホーキング博士を演じる伝記映画
博士と彼女のセオリー ★★★★ (パピとママ映画のblog)
車椅子の物理学者スティーヴン・ホーキング博士の半生を描いた人間ドラマ。将来を嘱望されながらも若くして難病ALS(筋萎縮性側索硬化症)を発症した彼が、妻ジェーンの献身的な支えを得て、一緒に数々の困難に立ち向かっていくさまをつづる。監督は、第81回アカデミー賞....
博士と彼女のセオリー 観ました。 (まぜごはん)
今日は天気も悪いのにちょっと遠出して博士と彼女のセオリー(公式HPへ) を観てきました。 車椅子の天才物理学者スティーヴィン・ホーキング博士の半生+妻ジェーンとのラブストーリー。 1963年。ケンブリッジ大学で物理学を研究するスティーヴィンはパーティで...
博士と彼女のセオリー / The Theory of Everything (勝手に映画評)
実話を下にした作品。 『車いすの天才物理学者』スティーブン・ホーキング博士の若かりし頃の姿と、ALSが侵攻していく最中、最愛の人を見つけ、立ち向かっていく姿を描きます。 この作品は、ラブストーリーですね。原題が『The Theory of Everything』と言うことで、ホ....
博士と彼女のセオリー~愛のホーキング放射 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。イギリス映画。原題:The Theory of Everything。ジェーン・ホーキング原作、ジェームズ・マーシュ監督。エディ・レッドメイン、フェリシティ・ジョーンズ、チャーリー・コック ...
『博士と彼女のセオリー』 (2014) (相木悟の映画評)
個人レベルから宇宙規模へ、深遠なるラブ・ストーリー! 導き出すのは、ひとつのセオリー。一筋縄ではいかない恋愛感情を知的に切りとった珠玉の一品であった。 量子宇宙論の形成に多大な影響を及ぼした理論物理学者スティーヴン・ホーキング博士。若くして難病ALS(筋...
「博士と彼女のセオリー」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「The Theory of Everything」2014 UK 1963年、英国。ケンブリッジ大学大学院で理論物理を研究するスティーヴン・ホーキングは、ある日パーティで中世スペイン詩を学ぶ魅力的なジェーンと出会う。ユーモアのセンスを持った彼女は才女でもあった。やがてあっという間...
最善を尽くした二人の物語~『博士と彼女のセオリー』 (真紅のthinkingdays)
 THE THEORY OF EVERYTHING  1963年。ケンブリッジ大学院で理論宇宙物理学を研究するスティーヴン・ ホーキング(エディ・レッドメイン)は、あるパーティで文学専攻のジェーン(フェ リシティ・ジョーンズ)と出逢う。  『ホーキング、宇宙を語...
映画:博士と彼女のセオリー The Theory of Everything 秀逸な日本タイトルと共に、捨て置けない出来! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
理論物理学者 スティーヴン・ホーキング博士の若き日々~先 を描く。 学生時代からはじまり、この映画のメイン・テ―マに直ちに突入。 それは、ホーキングとその妻になるジェーンの恋愛。 関係が深まったところで、ホーキングに悲劇が・・・ 彼は身体を蝕んでいく病の...
博士と彼女のセオリー (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
博士と彼女のセオリー '14:イギリス ◆原題:THE THEORY OF EVERYTHING ◆監督:ジェームズ・マーシュ「シャドー・ダンサー」「キング 罪の王」 ◆出演:エディ・レッドメイン、フェリシティ・ジョーンズ、チャーリー・コックス、エミリー・ワトソン、サイモン・マ...
博士と彼女のセオリー (映画的・絵画的・音楽的)
 3月末の拙エントリの冒頭で申し上げましたように、映画館が満員で見逃してしまった『博士と彼女のセオリー』を、ようやっと日比谷のTOHOシネマズシャンテで見ました。 (1)本作(注1)は、アカデミー賞作品賞にノミネートされた作品ということで、映画館に行ってきた次....
博士と彼女のセオリー(The Theory of Everything) (田舎に住んでる映画ヲタク)
 ALS(筋萎縮性側索硬化症)という難病を抱えながらも最先端の研究に励み、現代の宇宙論に多大な影響を与える車椅子の天才科学者スティーブン・ホーキング博士の半生と、博士を支え続ける妻ジェーンとの愛情を描き、ホーキング博士を演じたエディ・レッドメインが第87....
博士と彼女のセオリー  (心のままに映画の風景)
1963年、イギリス。 天才物理学者として将来を期待されるスティーヴン・ホーキング(エディ・レッドメイン)は、ケンブリッジ大学大学院に在籍中、詩について勉強していたジェーン(フェリシティ・ジョーンズ)と出会い、恋に落ちる。 その頃から体調に異変が起き始め...
博士と彼女の関係、そして (笑う社会人の生活)
18日のことですが、映画「博士と彼女のセオリー」を鑑賞しました。 物理学者として将来を期待されるスティーブン・ホーキングは大学時に詩を学ぶ女性ジェーンと恋に落ちる。しかし直後にスティーブンはALSを発症 余命2年の宣告を受けてるが それでもジェーンはスティーブ...
博士と彼女のセオリー (チケット持って、おさんぽ行こう)
THE THEORY OF EVERYTHING(2014) メディア: 映画 上映時間: 124分 製作国: イギリス 公開情報: 劇場公開(東宝東和) 初公開年月: 2015/03/13 ジャンル: ドラマ/ロマンス/伝記 映倫: G 車椅子の天才物理学者ホーキング博士。その知られざる愛の...
博士と彼女のセオリー (いやいやえん)
宇宙理論に大きな貢献を果たしたホーキング博士と、その妻であったジェーンとの愛と絆を描く。 さすがに名前だけは知っていますよ、ホーキング博士。余命2年と宣告されたそうですが、今もご存命で研究をつづけてい
博士と彼女のセオリー (のほほん便り)
まずは、スティーヴン・ホーキング博士を演じたエディ・レッドメインの演技力にも感服しましたが、(アカデミー賞受賞も納得です) 学生時代に出会い、難病と知り、余命2年と知って余計に恋が燃え上がり、結婚した妻ジェーンも素晴らしく、 決してキレイキレイなば...