映画の話でコーヒーブレイク

映画の話を中心に、TVドラマや旅行の話などを綴ります

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ラースと、その彼女

2009-09-15 | 映画 ら行
劇場公開を見逃してしまった本作、やっとDVDで鑑賞しました。

「独身の男性が等身大の女性の人形を恋人といって連れ歩く」
これだけ聞くと、何だか怪しげな危ない映画?と誤解を生みそうなストーリー。
実は、心に傷を負った男性が、その傷を乗り越えて新たな一歩を踏み出す、
不思議な、でもあったか~く、切ないストーリーです


                        

    ラースと、その彼女
             LARS AND THE REAL GIRL

                        

 < ストーリー >

小さな田舎町に暮らすラースは、純粋で優しい青年で誰からも好かれている。
ずっと彼女がいないことを兄夫婦をはじめ、周りの人たちは心配していた。
そんなある日、ラースが「彼女を紹介する」と兄夫婦のもとに連れてきたのは、
ネットで注文した等身大のリアルドール、ビアンカだった!
兄夫婦や町の人たちは驚きながらも、ラースを傷つけないようにビアンカを受け入れはじめる。そして…。

    
       ビアンカが、キターーーー!

シャイで優しいごく普通の青年ラース。
執拗に食事に誘う兄嫁の過剰とも思える干渉と、何でリアルドール購入?!と少々戸惑いました。

雪深い小さなコミュニティー。
突然現れたビアンカに、兄夫婦の驚き、狼狽ぶりったら。
ふざけているとか、頭がおかしくなったしか思えないですよね~。
町の人たちも予想どうりの反応で、面白がったり、気味悪がったり。
でも以外にしっかり者?の兄嫁は、機転を利かせ心理学者でもあるという町の女医に連れて行く。
      

「偶像崇拝は神への冒涜」なんて爺ちゃんの発言には笑ってしまいました。
しかし「猫に服を着せてる妹」「UFOにはまってるあなたの甥」「手癖の悪い前の奥さん」とか、
おかしいといえばおかしい人なんて、世の中には一杯いる。
ペットに話しかける人・・・私も時々やってるかも?

「ありのままを受け入れなさい。ビアンカが来たのには理由がある」という女医。
女医さんとのカウンセリングで、
長年に渡りラースの心に罪悪感や孤独感があり、人との親密な関係を頑なに拒んでいることが
徐々に明らかになる。
自分を産んだことで母が命を落としたこと、
妻を亡くしたことで人嫌いとなった父、そんな父を嫌って家を出た兄。
お腹にいる時お母さんが編んだという毛布を「ライナスの毛布」みたいに、ずっと身に着けている。
義理の姉の妊娠で出産への恐怖が引き金となり、今まで心の奥底にしまってきた思いが、
抑えられなくなってしまったラース。

エルビス・プレスリーが双子だったって御存知ですか?
双子!であったことを聞いた時、じゃあそっくりなお顔のお兄さんはどうしていらっしゃるの?
と思いましたが・・・、30分早く生まれたお兄さんは死産だったそうです。
自分だけが生き残ったという罪悪感をエルビスも持っていたそうです。


元々ラースがとても心優しい、いい青年だったからでしょう、兄夫婦を始め、
周りの人たちも優しくラースを見守り、人形ビアンカを人間として、ラースの恋人として接し、
ビアンカをボランティア活動に連れ出したり、店で雇うようになる。
この女性達の対応が凄~くいいんです!優しいだけじゃなくて、厳しいことも言う。
ビアンカを通して、少しずつ周りの人たちと係わりを持ち出すラース。

「大人になっるってどういうこと?」と問うラースに、
「自分のためではなく、みんなのために正しいことをするのが大人だ。愛する人を裏切らず、
家族を大切にすること。自分の過ちを認めること」だと答える兄。
ビアンカと過ごした時間は、ラースが心の傷を乗り越え、大人になるための通過儀礼だったのですね。

そしてある決断を自ら下すラース。

可愛い同僚マーゴの存在も、ラースを現実の世界に引き戻す大きな力です。
マーゴのテディベアの心肺蘇生のシーンが超カワイイ

ラースを取り巻く人たちの優しさに、そっと抱きしめられるような映画でした。

それにしても、ラースのあのピンクの下着は・・・変!

主演のライアン・ゴズリング始め、どの役者さんもピッタリの配役でした。
ライアン・ゴズリングって、草刈正雄に似てません?

義姉カリンを演じるエミリー・モーティマーのハスキーな声と表情に優しさが溢れてます。
              
   キュートなエミリー・モーティマ    美しいパトリシア・クラークソン
  
バーマン医師役のパトリシア・クラークソンは何て上品な美しさなのでしょう。
主役ではないけれど、ず~と前から気になる女優さんです。



にほんブログ村 映画ブログへ



 *****  見た 映画  *****

 9月12日 「いとしい人 THEN SHE FOUND ME」DVD ヘレン・ハント監督・主演
                    コリン・ファース、ベッド・ミドラー出演

        「賢く生きる恋のレシピ SMART PEOPLE」DVD デニス・クエイド、
                  サラ・ジェシカ・パーカー、エレン・ペイジ出演
        
 9月13日 「ハリウッド式恋のから騒ぎ THE DEAL」DVD 
             メグ・ライアン、ウイリアム・H・メイシー主演 

コメント (10)   トラックバック (31)   この記事についてブログを書く
« サブウェイ123 激突 | トップ | ココ・シャネル »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (keyakiya)
2009-09-19 08:19:48
ひとにはそれぞれに、大人というか、成長するためには苦しみがあり喜びがありますね。ラースの苦しみはかなり個人的ですがわかるような気がしました。

それにしてもまわりは優しい人たちばかり。ビアンカさんの表情もいかにも南国生まれのホットな雰囲気でした。
コメントありがとうございます。 (keyakiyaさんへ(ryoko))
2009-09-21 01:51:24
私もラースに共感するところ大でした。
周りの人たちの優しさに、私も癒されました。
ビアンカさん、ブラジル人で看護婦さんの免許ありでしたね。
ビアンカさんを含め、俳優さんたちも皆さんはまり役で良かったですね。
はじめまして♪ (猫人)
2009-09-21 09:13:06
こんにちは、ryokoさん☆
こちらこそご丁寧なコメント、感謝感激でございます!

本作は心温まるハートウォーミングなドラマでしたね~。
主人公ラースと周りの家族たちの関係、
そしてビアンカへの思いやりなど胸に響くものがたくさんありました。
出演者さんたちの演技もさることながら、
脚本勝ちとも言うべき作品だったと思います~♪

またお時間ある時にでも遊びにいらしてくださいね~(^^ゞ
コメントありがとうございます。 (猫人さんへ(ryoko))
2009-09-21 23:23:40

脚本はアカデミー賞にノミネートされてましたよね。
脚本といい出演者といい、非常に良かったです。見終わってほんわか、優しい気持ちになれる映画でした。

はい、また寄らせて頂きます。
こちらにもお越しくださいませ
はじめまして (チュチュ姫)
2009-10-08 22:31:59
他の方のブログから来ました。この映画は意外と良かったので、TBさせていただきます!
英国日記 (英国日記)
2009-10-12 02:08:36
近所の人達の対応がとっても優しくて、本当に受け入れてくれていて、その辺りがとてもよかったです。私までうれしい気持ちになりました。ほとんど期待せずに見たのですが、温かかったです。
Unknown (チュチュ姫さんへ(ryoko))
2009-10-12 23:56:00
はじめまして、コメントありがとうございます。
良かったですよねぇ。リアルドールを恋人という男って、それだけ聞くと妖しい映画かと思っちゃいますが、兄夫婦同様「あちゃぁ~、どうするよ、この状況」なんて視点で見つつ、どういう展開になるか興味深々、周りの人たちの優しさとラースの成長に私もやさしい気持ちになれました。




Unknown (英国日記さんへ(ryoko))
2009-10-13 00:01:23
公開当時、横浜で公開がなく川崎まで足を伸ばせず見逃してしまいました。
こういう映画こそ多くの映画館で公開し、多くの人に見ていただきたいと思いました。
見終って、私もやさしい気持ちになれました。
雪景色を見ながら、温かくなりましたね。
Unknown (セレンディピティ)
2012-05-31 18:57:55
こんにちは。
「ラースと、その彼女」思いがけなくすてきなお話で
私もとっても気に入りました。
ライアン・ゴズリングは、役によってがらりと雰囲気が変わるので、驚いてしまいますね。
くまちゃんの蘇生のシーン、かわいかった☆
ラースの優しさがあふれていて、私も大好きなシーンです。
町の人たちがみんな優しいのは、信仰に支えられているからなのでしょうね。
実際には難しいけれど… キリスト教における理想の社会を描いているのかな、と思いました。
Unknown (セレンさんへ(ryoko))
2012-06-01 22:39:12
こんばんは。
ビックリな設定ですが素敵なお話ですよね。
ラースを含め、町の人たちの優しさがあふれていて、こちらまで優しい気持ちになりました。
セレンさん、ゴズリング祭り~ですね。一人の役者さんに注目してみるもの、いろんな面が見れて面白いですね。
誰に注目しようかな~?

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画 ら行」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

31 トラックバック

ラースと、その彼女 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:LARS AND THE REAL GIRL 。クレイグ・ギレスピー監督、ライアン・ゴズリング、エミリー・モーティマー、ポール・シュナイダー、ケリ・ガーナー、パトリシア・クラークソン。セックスドールが恋人なんて、かなりアブなそうな雰囲気なのだけれど、違和感の...
ラースと、その彼女△▼彼女は雪のある日、彼の元に・・・・。 (銅版画制作の日々)
彼女は雪のある日、ラースの元にやって来た。名前はビアンカ。 12月26日、「リダクデッド」の前に、この作品を鑑賞しました。同じく京都シネマにて。 ラース(ライアン・ゴズリング)は、アメリカ中西部の小さな田舎町で暮らしている。仕事は事務職。兄のガス(...
ラースと、その彼女 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『彼が恋に落ちたのは… 等身大のリアルドール!』  コチラの「ラースと、その彼女」は、雪が降り積もる小さな田舎町で”Mr.サンシャイン”とみんなに慕われる心優しい青年が、”リアルドール”いわゆる”ラブドール”に恋してしまう姿を描いた12/20公開のハートフ...
ラースと、その彼女 (to Heart)
彼が恋に落ちたのは…等身大のリアルドール! 原題 LARS AND THE REAL GIRL 製作年度 2007年 上映時間 106分 脚本 ナンシー・オリヴァー 監督 クレイグ・ギレスピー 出演 ライアン・ゴズリング/エミリー・モーティマー/ポール・シュナイダー/ケリ・ガーナー/パトリシア...
ラースと、その彼女 (だらだら無気力ブログ)
等身大のリアルドールとの恋愛関係になった青年とそんな彼に当惑しつつも 彼を見守る周囲の人々との関係を描いたハートフルコメディ。小さな田舎町の片隅で暮らしている青年ラース。彼は心優しいが極端に シャイで女性とまともに会話ができない。そんなラースを日頃から...
ラースと、その彼女 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
『きみに読む物語』『16歳の合衆国』の若き演技派ライアン・ゴズリングが主演を務めた本作は、内気な青年とその周りの人々を温かく描くハートフルドラマ。 アカデミー脚本賞にノミネートされた。監督はこれが2作目となるCM作家出身のクレイグ・ギレスビー。 物語:ア...
『ラースと、その彼女』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ラースと、その彼女」□監督 クレイグ・ギレスピー□脚本 ナンシー・オリヴァー□キャスト ライアン・ゴズリング、エミリー・モーティマー、ポール・シュナイダー、ケリ・ガーナー、パトリシア・クラークソン■鑑賞日 12月21日(日)...
ラースと、その彼女 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価★★★ ビアンカが手のひらサイズのフィギュアだったら・・・。
「ラースと、その彼女」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
人間の温かさが良く出てた映画だったなぁ。笑って、そしてホロリ
ラースと、その彼女 (迷宮映画館)
アメリカ映画の空気じゃない・・・と思ったら、やっぱり
「ラースと、その彼女」 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画  ちょうど去年の秋頃、アメリカに留学していた友人が「面白かった!」と教えてくれたこの作品。アカデミー賞でも脚本賞にノミネートされ“とても良く出来たドラマ”と、前評判が高かったのですがインターネット上で予告編をみたときには、...
『ラースと、その彼女』@シネリーブル池袋 (映画な日々。読書な日々。)
アメリカ中西部の小さな町に暮らすラースは、優しくて純粋な青年で町の人気者だが、ずっと彼女がいないために兄のガス、義姉カリンらは心配していた。そんなある日、ラースが「彼女を紹介する」と兄夫婦のもとにやってくる。しかしラースが連れてきたのは、ビアンカと名づ...
172●ラースと、その彼女 (レザボアCATs)
人々の温かさが、しんみりと心に沁み込んで、いかにも泣かせようとするシーンは一切ないのに、泣けてしまって仕方がなかった。ハートフルな人間模様に打たれてしまった、そんな小さな良作。
『ラースと、その彼女』 (La.La.La)
JUGEMテーマ:映画 制作年:2007年  制作国:アメリカ  上映メディア:劇場公開  上映時間:106分  原題:LARS AND THE REAL GIRL  配給:ショウゲート  監督:クレイグ・ギレスピー  主演:ライアン・ゴズリング      エミリー・モーティマー   ...
「ラースと、その彼女」 (It's a wonderful cinema)
 2007年/アメリカ  監督/クレイグ・ギレスピー  出演/ライアン・ゴズリング      エミリー・モーティマー  とても観たかった映画。期待通り、面白くて温かい作品でした。  雪が降り積もる小さな田舎町。そこで暮らすラースはシャイで内気、でも純粋...
ラースと、その彼女 (Recommend Movies)
『ラースと、その彼女』 彼が恋に落ちたのは… 等身大のリアルドール! 【出演】 ライアン・ゴズリング、エミリー・モーティマー、 ポ...
ラースと、その彼女 (ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!)
ビアンキなら僕もほしいんだけど...。   ラースと、その彼女 (特別編) [DVD]posted with amazlet at 09.09.1720世紀フォックス・ホーム・エンターテイ...
映画『ラースと、その彼女』 (健康への長い道)
『青い鳥』を観て以来のシネリーブル梅田。12月20日から公開されていた『ラースと、その彼女』を観てきました。12:10からという昼飯時の上映だし、もうそんなにお客もいないだろうと思っていましたが、結構入ってました。 以下、ネタバレありです嶺。 Sto...
『ラースと、その彼女』-私はラーズを笑えません! (姫のお楽しみ袋 )
Lars and the Real Girl 俗に言う「引きこもり」の男がインターネットのアダルト・サイトで注文したダッチ・ワイフをガールフレンドにする、という...
ラースと、その彼女 (とつぜんブログ)
監督 グレイグ・ギレスビー 出演 ライアン・ゴズリング、“ビアンカ”、エミリー・モーティマー、ポール・シュナイダー、ケリ・ガーナー、パトリシア・クラークソン  忘れないうちに最初にいっておく。この映画は二重丸でお勧め。観て絶対に損はない。こんなに善意に...
映画「ラースと、その彼女」 (Andre's Review)
Lars and the real girl アメリカ 2007 2008年12月公開 DVD鑑賞 ちょっと前の話題作。劇場公開時から気になっていた1本です。 心優しく町の人々から愛されているラース青年は、人付き合いが苦手で、いつも一人で過ごしている。兄夫婦をはじめとして、町の人々が...
ラースと、その彼女 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
レンタルで鑑賞―【story】人付き合いが苦手なラース(ライアン・ゴズリング)が、ガールフレンドを連れて兄夫婦(エミリー・モーティマー、ポール・シュナイダー)と食事をすることに。しかし、ラースが連れて行ったガールフレンドとは、インターネットで注文した等身大...
DVD:「ラースと、その彼女」Lars and the Real Girl (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
昨日アップしたように、「超」がつく美女が何気に凄すぎたショックをかかえたまま、微妙に女性不審な状態で今日このDVDが届いて鑑賞(笑) 「リア充」という言葉がネット上で使われているようだが、こちらは「リアルドール」を現実の女の子として扱う男性の話。 これも一...
mini review 09422「ラースと、その彼女」★★★★★★★☆☆☆ (サーカスな日々)
アカデミー賞脚本賞にノミネートされた、ハートウォーミングな人間ドラマ。インターネットで注文した等身大のリアルドールとの恋愛関係に没頭する青年と、彼を取り巻く町の人々の人間模様が展開する。リアルドールに恋をする主人公ラースを演じるのは『きみに読む物語』の...
CMで復帰の沢尻エリカ 写真集も (沢尻エリカCMで復帰写真集も)
沢尻エリカ たかの友梨のCMで活動再開!写真集も!
女子大生がゼロ円で日本一周の旅(枕営業?) (ゼロ円で日本一周の女子大生の裏話)
0円で日本一周のトラベルアイドルの土井雪江がゴールイン!その裏には人に言えないような話も・・?
●「ラースと、その彼女」 (月影の舞)
火曜日。 池袋シネ・リーブルにて 「ラースと、その彼女」を観る。 2008年アカデミー賞オリジナル脚本賞ノミネート作品 なので、どんな脚本かがとても興味深かった。 小さな雪深い町に住む青年ラースは、 人づきあいは不器用だが、優しくて 街のみんな...
ラースと、その彼女 (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:ラースと、その彼女 制作:2007年・アメリカ 監督:クレイグ・ギレスピー 出演:ライアン・ゴズリング、エミリー・モーティマー、ポール・シュナイダー、ケリ・ガーナー、パトリシア・クラークソン あらすじ:幼いころのトラウマから人とのつなが...
「ラースと、その彼女」 (ドゥル的映画鑑賞ダイアリー)
お勧め度:★★★★☆ 製作年 : 2007年 製作国 : アメリカ 配給 : ショウゲート 上映時間 : 106分 監督 : クレイグ・ギレスピー 出演 : ライアン・ゴズリング 、 エミリー・モーティマー 、 ポール・シュナイダー 、 ケリ・ガーナー 、 パトリシア・クラークソン ...
映画『ラースと、その彼女』を観て (KINTYRE’SDIARY)
101.ラースと、その彼女■原題:LarsandtheRealGirl■製作年・国:2007年、アメリカ■上映時間:106分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:12月20日、シネクイント(渋谷)スタッフ・キ...
「きみに読む物語」「ラースと、その彼女」「ラブ・アゲイン」 (セレンディピティ ダイアリー)
最近、「ドライヴ」、「スーパー・チューズデー ~正義を売った日~」と続けて主演作