映画の話でコーヒーブレイク

映画の話を中心に、TVドラマや旅行の話などを綴ります

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

スター・トレック イントゥ・ダークネス

2013-09-01 | 映画 さ行
現在、懸案の断捨離を敢行中~!
毎年、夏と年末にスイッチオン! でも…なかなかスッキリ~とまでは至らず。
今年も、長年溜め込んだ本や雑誌・書類の整理を8月中に何とか!と、焦りました
「本当に要る物なのか?」大げさに言えば、自分のライフスタイルが問われます。
こんなに必要のない物に囲まれていたのか・・・贅肉同様、ついつい溜めちゃうんだなぁ。
昨日はブックオフへ行き、買い取っていただきましたが…こんだけ~っと悲しくなりました。

なかなか進まない「断捨離]ストレスを吹き飛ばすには、3Dの本作はうってつけ。
すっきり~、明日も頑張ろうという気になりました。


                  

      ス タ ー ・ ト レ ッ ク イントゥ・ダークネス 

                  


 < ストーリー >
西暦2259年。カーク率いるUSSエンタープライズは未開の惑星を調査中、危機を脱するために
重大な規則違反を犯す。無事に帰還すっるもカークは艦長の任を解かれ、スポックは別の艦へ。
そんな時、ロンドンの艦隊基地が爆破され、艦長・副艦長が揃う艦隊本部も襲撃される。
犯人は艦隊士官のジョン・ハリソン。クリンゴン帝国クロノスに逃げ込んだハリソンを追い、
艦長に復帰したカーク率いるエンタープライスはクリンゴンへ。一体、彼の目的は何なのか?
 

福島の原発事故によって、原子力は人間の手に余るものなのでは?という不安の中、
USSエンタープライズの動力機関が原子力というのはどうなんでしょう?
天使と悪魔」に出てきたような、よくわからないけどとんでもないパワーを秘めた「反物質」とやらにすればいいのに…。
放射能とか汚染・被ばく、制御不能とかという言葉にはやはり敏感になってしまいます。

未来の宇宙を舞台にしながらも、カークをはじめ人間はあまり変わっていない。
「情」のカーク VS 「論理・規則」のスポック。
艦長でありながらスポックへの友情から私情を挟み規則を逸脱し、艦長としての資質を問われるカーク。
個人的な感情を押さえ、時に薄情なほど非情にもなる冷静で論理的なスポック。
そんなスポックに愛情を抱きつつ、スポックの真情がわからず不満を感じるウフーラ。
      
              スポックとカーク
一人を助けるために大勢を危険にさらすのと、大勢の危険を避けるために一人を見捨てるのと、
リーダーたる人は悩むところよね~。まるでサンデル教授の「白熱教室 正義とは何か」みたい。
一人と大勢、両方助けられれば最善だけれど、それは結果オーライのラッキーなパターン。
士官学校とかって、こういうケーススタディするんですかね。
軍隊って、命令系統や規律がしっかり守られなければ維持できないから。
「この人に付いていきたい」と部下から信頼されるのは、やはり人間性なんでしょうね。
ギリギリの場面で決断を迫られるリーダー、辛いね~。
次々起こる危機の中で、冷静な判断を身に付けていくカークと
感情をあふれさせ「友情」に涙するスポック。カァーーーーク!

一方、遺伝子組み換えで超人になった300歳のカーン。
冷酷で圧倒的な強さを誇る不気味な謎の男をベネディクト・カンバーバッチが怪演。
この方、こんなに悪役がはまるとは思いませんでした。
   


安直なドンデン返しに、ちょっとアレレ~とは思いましたが、
これでもかと次々繰り出すアクションは、やっぱり3Dで迫力がありました。
そして…「スタートレック」はやっぱりあのテーマ曲が流れるとうれしいです。
タッタタ~、タタ、タッタタァ~ンタタタタァ~ン
1960年台当時の「いよいよ宇宙時代到来~」という明るい未来への憧れがストレートに表現された
名曲ね。 今の時代、こういうトーンの曲ってないですよね?

お馴染みのメンバーは今回も同じ役者さんで大活躍。
マーカス提督…どこかで見た俳優さん?
  「ロボコップ」のピーター・ウェラーじゃない!・・・老けました。

見終わって気になったのが・・・
あれっ、クリンゴン帝国は、あのままやられっぱなし?!
クリンゴンが攻めてきて、カーンと三つ巴の戦いかと心配しちゃったよ。



2009年公開の1作目はこちら → 「スタートレック



 にほんブログ村 映画ブログへ
 


 ***** 見た 映画 *****

 8月26日 「ルパン」DVD アルセーヌ・ルパンのフランス映画

 8月27日 「サンジャックへの道」DVD サンチャゴ・デ・コンポステーらを目指すフランス映画

 8月28日 「スター・トレック イントゥ・ダークネス」@TOHOシネマズ海老名

 

コメント (2)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« いつだってボナペティ! 料... | トップ | 愛さえあれば Love is all y... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (セレンディピティ)
2013-09-12 12:47:01
こんにちは。
スタートレック、私は今回がデビューでしたが、
(一応前作は見ておきました)おもしろかったです♪

カンバーバッチさん、よかったですね。
フィルモグラフィを見ると、結構出演作を見ているのに
全くマークしていませんでした。不覚だわ。(笑)
SHERLOCKも気になります。
Unknown (セレンさんへ(ryoko))
2013-09-27 15:37:40
こんにちは。週末実家に帰ったりでなかなかお返事できなくてすみません。

カンバーバッチさん、主役を食う悪役ぶり、期待以上でした。最後の空中戦は迫力でしたね~。

次回作が楽しみです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画 さ行」カテゴリの最新記事