映画の話でコーヒーブレイク

映画の話を中心に、TVドラマや旅行の話などを綴ります

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

インターステラー

2014-12-03 | 映画 あ行
短いTVスポット予告に登場するマシュー・マコノヒーが
フランネルのシャツを着てとうもろこし畑をバックに娘や息子といる姿と
宇宙服に身を包み宇宙船で悲壮な旅をしている姿という大きなギャップに
一体どんな映画なの?と興味をひかれ見てきました。


   ****************

         イ ン タ ー ス テ ラ ―

   ******************    

     
 < ストーリー >
近未来、食糧難と環境変化によって人類の滅亡の危機が迫る中、元宇宙飛行士の農夫クーパーは、
自宅の怪現象を基に解析したコードに従い、人類が移り住む星を秘かに探す元NASAの基地に
たどり着き宇宙飛行士として復帰するよう求められる。
地球に残していく娘に必ず帰ってくると約束し、前人未到の新天地を探し出すため宇宙を目指す。
果たして人類が住める場所を見つけ、帰還することができるのか?
  
       新天地の候補は三つ

前知識のないまま見たものだから、時代設定に戸惑いました。
近未来、砂嵐と疫病で作物が枯れ、人類が滅亡の危機に瀕しているという
ところからスタートです。
   
             トウモロコシ畑と荒涼たる未知の惑星

「スタートレック」や「宇宙家族ロビンソン」を見て育ったので、宇宙物は好きだし、
いま私たちが目にしている星の光は何光年・何万光年も前の輝きが遙かかなたから
届いたものだといった話にロマンを感じます
しかしながら、宇宙物理とか量子力学とか相対性理論とかは苦手です。
ブラックホールやワームホールなど理論上あるはずだとか、時間の流れが違うんだ
なんて話を聞いても、誰かが確かめたわけやなし、ホンマかいなぁ~っと
懐疑的になってしまうのです。
天体物理学者さん監修のもと練り上げられたストーリーという事で科学的な裏付けが
あると言われても、「時空を超える父娘の絆」というテーマの「時空を超える」部分に
どうしてもついていけませんでした。
「時間」と「空間」が「入れ子」になっていて、最初の気付きのきっかけを作った
のが実は自分って…ありなのかなぁ?
      娘は長じて宇宙学者に

            
そんなことを思っていたらBSでチャールトン・ヘストン主演の「猿の惑星」を放映して
いるのに気が付きました。懐かし~!初めて見た時、驚愕のエンディングにショックを
受けたっけっと後半の20分ほどを見て、そうだった彼も宇宙に飛び出し
時空を超えて未来の地球に帰還していたんだったと思い出しました。
彼にとっては一瞬でも、地球では何百年もの時が過ぎ、人類は下等動物に成り下がって
言葉もしゃべれなくなっていたんだった…。

同じく宇宙物理の理論に則ったストーリー。
「猿の惑星」は抵抗なくというか感動したのに、どうして「インターステラ―」には
違和感を感じてしまったんだろう?
ゼロ・グラビティー」でも同じような乗りきれない感想を持ちました。
これは、共にハッピーエンドな終わり方がご都合主義に思えてしまったからでしょうね。

娘を想う父親と父を想う娘の絆を描くヒューマンな家族の物語なんだけど
宇宙に関する知識の乏しい私は、とうもろこし畑に取り残されてしまった感じ。

ダラスバイヤーズ・クラブ」で別人のように痩せこけていたマシュー・マコノヒーが
元の体型(以前よりは痩せている?)に戻っていてよかった。ホッ。

思わぬ方々の登場に、ちょっとビックリ。
 エレン・バースティンとマットです。


 にほんブログ村 映画ブログへ


  ***** 見た 映画 *****

 11月28日 「インターステラ―」@109シネマズMM横浜

      「天才スピヴェット」@109シネマズMM横浜

コメント (2)   トラックバック (25)   この記事についてブログを書く
« 6才のボクが、大人になるま... | トップ | ブレスレットを作ってみました »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
伏線の収束を目撃 (iina)
2014-12-06 08:35:35
>テーマの「時空を超える」部分に どうしてもついていけませんでした。
前半の超常現象等の伏線を、次々に収束させ終盤で数式にヒントを与えて、ラストに宇宙の果てから帰還できたことを目撃することを通して当事者に引き込まれてますから あながち嘘っぱちでもなさそうだと思わされました。

Unknown (iinaさんへ(ryoko))
2014-12-09 01:24:50
iinaさん、お久しぶりです。
う~ん、皆さん「流石、クリストファー・ノーラン!」っと絶賛されているのですが・・・なんだか置いてけぼりになった気分。
専門家の方が監修していらっしゃるそうで、科学的に正しいらしいんですが、私の能力ではついていけませんでした。時間の流れって・・・?

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画 あ行」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

25 トラックバック

「インターステラー」 (セレンディピティ ダイアリー)
クリストファー・ノーラン監督の最新作、「インターステラー」(Interstell
インターステラー (映画と本の『たんぽぽ館』)
時空を超えた愛 * * * * * * * * * * 本作、3DではないけれどぜひともIMAXシアターで見ようと思っていたのです。 そこで張り切って劇場へ出かけたところ、 「本日機械の故障で、IMAXでの上映はすべて中止になりました」・・・と。 え~。聞いてな....
インターステラー / Interstellar (勝手に映画評)
『ダークナイト』『インセプション』のクリストファー・ノーラン監督の作品。 なるほど、そう来ましたか。一見、人類存亡の危機にあたり、人類が生き延びることが出来る惑星探査に行く・・・と言う話ですが、物語はそう簡単には行きません。って言うか、そう言う話なのか....
『インターステラー』 (2014) (相木悟の映画評)
壮大なるテンコ盛りSFラブ・ストーリー! 哲学っぽい内容ながら、普遍的な感動を呼ぶスペース・エンターテインメントであった。 本作は、ハリウッド気鋭のヒットメーカー、クリストファー・ノーラン監督作。『メメント』(00)というユニークな作品で世に出た監督ら....
インターステラー (だらだら無気力ブログ!)
もの凄く見応えのある内容で大満足。
インターステラー  監督/クリストファー・ノーラン (西京極 紫の館)
【出演】  マシュー・マコノヒー  アン・ハサウェイ  ジェシカ・チャステイン 【ストーリー】 近未来、地球規模の食糧難と環境変化によって人類の滅亡のカウントダウンが進んでいた。そんな状況で、あるミッションの遂行者に元エンジニアの男が大抜てきされる。そのミ...
「インターステラー」 時空を越え、人の想いを (はらやんの映画徒然草)
クリストファー・ノーランの最新作です。 例によって2時間半を超える長尺の作品です
「インターステラー」 (或る日の出来事)
あいかわらず、ノーランズ(ノーラン兄弟)、壮大だな~。
「インターステラー」その1 (事務職員へのこの1冊)
なにより、よくできたホームドラマである。それ以上に、およそ成立しない関係性を娯楽映画としてきちんと提供するために、とてつもない製作費と突拍子もない設定を用意した、というか。わたし、恥ずかしながらボロ泣きしてしまいました。わたしは一男一女の父親で、その...
映画:インターステラー Interstellar ノーランが切り開く 2001年宇宙の旅の先。SFもやっと21世紀を迎えた! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
この秋、話題の一作。 クリストファー・ノーランと言えば、出世作「メメント」、そして「ダークナイト」「インセプション」etc、かなりの手練れ。 その彼が、初めて本格的 S F に挑戦! いつものメンバー、マイケル・ケイン、アン・ハサウェイに加え、マシュー・マコ....
最新号の WIRED US はなんと! インターステラー特集、ていうか、ノーラン特集。ファンにはマストの出来! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
実は 前号から、既に怪しい動きはあった。 インターステラーのマニアックな記事が3pに渡って載っていた。 しかも、妙に テクニカル な内容(笑) で最新号。 今号の Guest Editor は、何とクリストファー・ノーラン Chrisotpher Nolan ! 既に表紙からして、ヤ....
インターステラー (映画的・絵画的・音楽的)
 『インターステラー』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)本作(注1)は、『ダラス・バイヤーズクラブ』でアカデミー賞主演男優賞を獲得したマシュー・マコノヒーが出演するというので、映画館に行ってきました。  本作の時代設定は近未来。  地球上の穀物は大砂嵐....
「インターステラー」その2 Interstellar (2014 ワーナー=パラマウント) (事務職員へのこの1冊)
その1はこちら。作品の基本線は、人類が生存できる環境を求めて星間(Interstellar)を飛翔するクルーのお話。「ゼロ・グラビティ」とは桁の違う距離を彼らは航行する。ワームホールが球体だったり、ブラックホールが絶対的な死の世界ではないなど、お勉強になります。....
インターステラー/INTERSTELLAR (我想一個人映画美的女人blog)
 「ダークナイト」3部作、「インセプション」のクリストファー・ノーラン監督最新作 インターステラーとは、惑星間移動を意味する。 著名な理論物理学者キップ・ソーンの理論を基に、宇宙のワームホー ルを利用して惑星間を旅する人類の限界を超越した冒険を描く...
インターステラー (Akira's VOICE)
マシュー・マコノヒー最高!マット・デイモン最低!w  
惑星間移動/重力最強説~『インターステラー』 (真紅のthinkingdays)
 INTERSTELLAR  近未来。頻発する大砂嵐によって小麦やオクラが絶滅し、人類は存亡の危機 に瀕していた。元宇宙飛行士で、今は農夫をしているシングルファーザーのクー パー(マシュー・マコノヒー)は、政府が秘密裏に復活させていたNASAにより、人...
映画「インターステラー(字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『インターステラー(字幕版)』 (公式)を本日、劇場にて鑑賞。採点は ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら90点にします。 ざっくりストーリー 近未来、地球規模の食糧難と環境変化で地球の寿命が終わろうとしていた。元...
映画 インターステラー Interstellar を今年のナンバー1に押さなければいけない理由について (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
監督クリストファー・ノーランが、初めて挑戦した本格的 S F インターステラー。 タイトルのように、今年のナンバー1に押さなければいけないと考えている。 その理由を、未だ観賞していない方にネタバレにならないように注意しながら、説明したい! 映画のベース....
インターステラー (心のままに映画の風景)
近未来の地球。 環境は加速度的に悪化し、植物の激減と食糧難で人類滅亡の時は確実なものとして迫っていた。 居住可能な新たな惑星を求め、元テストパイロットで農夫のクーパー(マシュー・マコノヒー)、生物学者のアメリア(アン・ハサウェイ)らは、宇宙の彼方へと...
『インターステラー』 スピルバーグ版とのラストの違い (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  運動の第3法則: 前へ進むためには何かを後へ置いていかなければならない。  ラザロ計画――それはクリストファー・ノーラン監督の傑作『インターステラー』で描かれるプロジェクトの名前だ。そのネーミングには、複数の意味が込められている...
「インターステラー」 (ここなつ映画レビュー)
結局、2014年に最後に劇場で観た作品は、この「インターステラー」と相成りました。原作未読なので、疑問に思う部分も幾つかあり、観終わったあと息子達と、ああでもない、こうでもない、と、解説し合ったり議論し合ったりしたのがすごく面白かった。近未来、土壌の変化と...
圧倒的なスケールで (笑う社会人の生活)
6日のことですが、映画「インターステラー」を鑑賞しました。 IMAXにて見ました 近未来、食糧難と環境変化により人類滅亡のカウントダウンが進んでいた。そこで秘密裏に地球に代わる地に移住する計画があり 宇宙で新たに発見された未開地へ旅立つというミッションに元エ...
インターステラー (銀幕大帝α)
INTERSTELLAR 2014年 アメリカ 169分 SF/ドラマ 劇場公開(2014/11/22) 監督: クリストファー・ノーラン 『インセプション』 製作: クリストファー・ノーラン 脚本: クリストファー・ノーラン 出演: マシュー・マコノヒー:クーパー アン・ハサウェイ....
インターステラー (いやいやえん)
【概略】 地球の寿命は尽きかけていた。居住可能な新たな惑星を探すという人類の限界を超えたミッションに選ばれたのは、まだ幼い子供を持つ元エンジニアの男。彼を待っていたのは、未だかつて誰も見たことがない、衝撃の宇宙。はたして彼は人類の存続をかけたミッション...
インターステラー (Interstellar) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 クリストファー・ノーラン 主演 マシュー・マコノヒー 2014年 アメリカ/イギリス/カナダ映画 169分 SF 採点★★★★ 馬頭星雲やら木星の大赤斑、最近のお気に入りでもあるわし星雲なんかの画像をボーっと見ている時間が好きな私。ぱっと見静かで美しいそ...