映画の話でコーヒーブレイク

映画の話を中心に、TVドラマや旅行の話などを綴ります

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

フォックスキャッチャー

2015-02-19 | 映画 は行
何を隠そう(以前から公言していますが)、私はスティーヴ・カレルのファンです。
と言っても、日本での知名度は低いので「だれ?」っとお思いの方も多いでしょう。

     ダンディでしょ?ポスターの中央が同一人物とは思えない。
「ブルース・オールマイティ」スピンオフの「エバン・オールマイティ」「40歳の童貞男」
「リトル・ミス・サンシャイン」「ラブ・アゲイン」ゲット・スマート」など、
出演作はほぼコメディ。それも真面目に演じているところが面白いというちょっとユニークな
俳優さんです。
そんな彼が、見た目も変え、病的な主人公を寡黙に、不気味に演じ、アカデミー主演男優賞に
ノミネートされています。コメディ俳優さんが悪役を演じると、意外にはまります。
「マルサの女」の伊東四郎さんしかり、「ストーカー」「インソムニア」のロビン・ウイリアムズしかり。
両氏の悪役は非常に怖かったです。コメディとのギャップに恐ろしさが増す気がします。

1997年、デュポン財閥の御曹司ジョン・デュポンが起こした殺人事件とその背景を描く、実話に基づく
ストーリー。最近実話に基づくストーリーって多くないですか?
ビッグ・アイズ」もそうだったし、今年のアカデミー賞にノミネートされている「アメリカン・スナイパー」
「イミテーション・ゲーム」「博士と彼女のセオリー」「SELMA」もそう。
「事実は小説よりも奇なり」かな?


     ************************

           フ ォ ッ ク ス キ ャ ッ チ ャ ー

     ************************

 < ストーリー >
マークはLAオリンピックの金メダリストでありながら、練習もままならない苦しい生活を送っている。
ある日デュポン財閥の御曹司ジョン・デュポンから次期ソウルオリンピックで金メダル獲得を目指した
レスリングチーム「フォックスキャッチャー」に好条件で勧誘される。同じく金メダリストの兄デイヴ
からの自立を願うマークは申し出を受けデュポンの屋敷に移り住む。次第にデュポンのペースに巻き
込まれペースを乱すマイク。そんな中、デュポンに熱望され兄デイヴもチームに参加するのだが…。
           

ほんの18年ほど前の事件ですが、こんなことがあったとは全く知りませんでした。
オリンピックで金メダルを獲得しても生活は安定せず、練習環境は厳しいのですね。
日本では「人類最強の女性」連勝を続ける吉田沙保里さんのお蔭でレスリングはメジャーな
スポーツですが、やはりアマチュアスポーツの世界は厳しいのでしょうね。
伊調姉妹の如く兄弟で金メダリストのシュルツ兄弟ですが、兄に頭が上がらない弟マーク。
兄の庇護から抜け出して頼ったところが、マザコンで心に闇を抱えたジョン・デュポンとは。
   
    マークを演じるのはチャニング・テイタム。兄デイブを演じるマーク・ラファロ。
            
                    マークとコーチとなったデュポン。

本作のキャッチフレーズは「なぜ大富豪の御曹司は、オリンピックの金メダリストを殺したのか?」。
その答えを求めてジョンの奇行やコンプレックス、性格をマークとデイブとの関わりの中で描きだします。
     
         こういう人に銃器を持たしたら危険です!   
名家に生まれ経済的に恵まれた環境ではあったけれど、母のコントロールに縛られ、自尊心を
持てなかったジョン。鳥類学者で、切手蒐集家、慈善事業にスポーツ支援と様々な活動をするも
すべてお金があったればこそ。
本作によると、彼は皆から慕われ頼られる真の指導者・リーダーになりたかったのでしょう。
そして、彼の理想を体現するマークの兄デイブに激しい嫉妬を抱いた結果の悲しい悲劇だったようです。
狂気の人間に、罪のない人が命を奪われるのはなんとも…。
取り巻きの人たちは彼の異常な行動に気が付いていなかったのか?
なにせ莫大な財産を持っているから…なにも言えなかったんでしょうかねぇ?

本作では音楽が少ないのですが、劇中流れた曲の日本語字幕「名声が人を狂気に駆り立てる」みたいな
歌詞が本作にピッタリだなぁと、エンドロールで確認したらデビット・ボーイの「フェイム Fame」
という曲だったようです。

スティーブ・カレルは果たしてアカデミー主演男優賞をとれるのか?
アカデミーは女優賞に関しては特殊メイクが好きだけどね。
他のノミネート作品を見ていないから何とも・・・下馬評ではマイケル・キートンが有力のようですね。



 
 にほんブログ村 映画ブログへ


 ***** 見た 映画 *****

2月18日 「フォックスキャッチャ―」@横浜ブルク13

コメント   この記事についてブログを書く
« おじいちゃんの里帰り  Alm... | トップ | ラブストーリーズ コナーの... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画 は行」カテゴリの最新記事