映画の話でコーヒーブレイク

映画の話を中心に、TVドラマや旅行の話などを綴ります

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

つぐない

2008-04-25 | 映画 た行
アカデミー賞7部門にノミネートされアカデミー作曲賞獲得、
キーラ・ナイトレイ出演作なのに、CMも少なくひっそり公開されているのは何故なのでしょう?

知り合いのYさんに関内の横浜シネマリンのチケットを頂き、
調べてみたら「つぐない」上映中!ということでダッシュ!

こんなことがあるのでしょうか?初めて行った小さな映画館のトイレで知人Iさんに遭遇!!!
同じ日の同じ時間に、数ある映画館の中で同じ場所、それもトイレで会う確率って、
めっちゃ低くない~?!
などとおバカなことを考えながら鑑賞。

***********************

   つぐない  ATONEMENT

***********************

原作はイギリスのブッカー賞作家イアン・マキューアンのベストセラー『贖罪』。

「贖罪」「つぐない」「あがない」「罪滅ぼし」「埋め合わせ」、
う~ん、やっぱりキリスト教的な意味を持つタイトルなんでしょうね?

第二次世界大戦前、夏のイングランド。
上流階級の娘で作家になることを夢見る13歳のブライオニー。
ケンブリッジ大学を卒業したばかりの姉セシーリア。
使用人の息子で幼なじみ、2人の父の援助を受け、ケンブリッジを卒業し医学を志すロビー。
  
以前からロビーに恋心を抱くブライオニー。
身分が違うとロビーと距離を置いていたセシーリアだが、ある出来事をきっかけに、
お互い惹かれていることに気付く。
それを見つめ、うろたえるブライオニー。
ロビーの手違いで、出すつもりの無いセシーリアへの手紙をたまたま目にし、二人の密会を目撃してしまうブライオニー。
好きな人が、自分ではなく姉と只ならぬ関係であることを知り、ショックを受ける。

彼女の歩き方、劇作家としていとこ達への演技指導する様、表情などから彼女の少女らしい一途な潔癖さがうかがえる。


まさにそんな時に事件が起こる。
夜、幼い双子の従兄弟が家に帰りたいと行方不明になり、懐中電灯を手に全員で暗闇の中を探す。
双子の姉が、レイプされているところに出くわしたブライオニーは「犯人を見た」と言い、
警察にロニーが犯人だと証言する。
行方不明の双子を見つけ出したにもかかわらず、ロニーは犯人として逮捕され刑務所へ。
その後刑務所から出る為に従軍する道を選びフランスの戦場へ。

ロニーと引き離されたセシーリアは家を出て看護婦になる。
出兵前にロニーと会い、「私のところへ、もどってきて」と海のそばの別荘の写真を渡す。

    

この後、映画は二つの構造になっています。
ブライオニーの書いた小説の話と年老いた彼女が語る真実と。
最後まで見て、観客は今まで見ていたのは現実に起こったことではなく、
ブライオニーの、セシリアとロニーへの
せめてもの「つぐない」として書いた小説であることがわかる。

幼さゆえの潔癖さと嫉妬が生んだ罪。
自分の一言がどんな結果を生むか想像できるはずもなく、
大人になって自分の言った嘘で二人の運命が大きく変わってしまったことを悔い、詫びるわけだけれど、
当時13歳の彼女がついた嘘は嫉妬による悪意のある嘘だったのか、
それともショッキングなシーンを目撃し、混乱し姉を守ろうという意識が働いたのか?
その両方が入り混じったものだったのか?

後になって言っても詮無いことだけれど、
もしあの時噴水での二人の様子を目撃しなければ・・・
もしもう一通の手紙が届いていれば・・・
もし図書館に入らなければ・・・
もし双子が家出をしなければ・・・と思わずにはいられない。
人生の歯車は、些細なことで方向を変えられてしまうことがあるのですね~。
悲しいな~。


子供がついた嘘で周りの大人の運命が悲劇へと変わっていく映画といえば、
オードリー・ヘップバーン、シャーリー・マクレーン主演の白黒映画「噂の二人」。
原作はリリアン・ヘルマンの「子供の時間 CHILDREN'S HOUR」。
親友ふたりが営む私立女子寄宿学校で、先生に叱られた少女が嘘をつく。
ふたりの仲が怪しいという言葉に、子供がそんな嘘をつくはずが無いという大人の思い込みから、
悲劇の結末へ。
こちらで描かれるのは少女の「つぐない」ではなく、
子供の残酷さ、身勝手さ、「子供がそんな嘘をつくはずがない」という大人の思い込み、
広がった噂に翻弄され、集団による精神的暴力の怖さを描いている。

告発する時のこの少女の目とブライオニーの目がそっくりなのに驚きです!

ブライオニーを演じるシアーシャ・ローナンも撮影中は13歳、
迫真の演技でアカデミー助演女優賞にノミネートされましたが、
先週の「フィクサー」ティルダ・スウィントンのよりも、個人的にはこちらが受賞すべきだったのではと思います。

晩年のブライオニーを演じるのは、ヴァネッサ・レッドグレイヴ。
77歳になったブライオニーは作家になり21作目を発表する。
それはセシリアとロニーの物語。
病院で看護婦見習いを始めた時から書き始め、認知症初期と宣告され、やっとの思いで完成。
彼女にとっては処女作であり絶筆となる一作。
数十年を、彼女の人生を懸けて仕上げた作品だったということから、
彼女の悔恨と悲哀の、想像を絶する辛く暗い人生がうかがわれます。涙が・・・
セシリアとロニーのみならず、彼女も人生が変わってしまった。
誰一人幸せになっていないというのが、何とも切なく、悲しいなあ~。

とっても、文学的で、イギリスの美しい風景も楽しめる作品でした。


第二次世界大戦でフランスといえば、ノルマンディー上陸はよく知られていますが、
ダンケルクでチャーチル指揮のもと、
あらゆる船を動員した史上最大の撤退作戦があったなんて知りませんでした。
観覧車やメリーゴーランドが出てきて、何なのこれは?はて?状態でした。
   
 
タイプライターの音を使った音楽といえば、ルロイ・アンダーソンの「The typewriter」、
誰もが耳にしたことがある軽快で明るい音楽だけれど、
この映画では、タイプを打つ音が緊張感とこれから何かが起こるということを
暗示するように使われているのには驚きでした。

戦場のシーン(だったかな?)とつぜん流れたドビッシーの「月の光」もよかった~。

ロビー役のジェームズ・マカヴォイは前回見た「ラスト・キング・オブ・スコットランド」以来ですが、
ラッセル・クロウに似ていると感じているのは私だけ?
ちなみに、二人ともタイプじゃありません。(ファンの方、すみません~)

キーラ・ナイトレーは「ベッカムに恋して」とか、「パイレーツシリーズ」みたいな元気印の方が合っていると思うけどな~。
お姫様とか令嬢というのは・・・ちょっと
あくまで個人的な意見です。(石が飛んできそう、失礼しました)






***** 今週 見た 映画 *****

 4月21日  「リトル・チルドレン」 DVD

 4月22日  「あるスキャンダルの覚書」DVD ジュディー・デンチ、ケイト・ウインスレット

          「靴に恋して」 DVD スペイン映画

         「グレイズ・アナトミー」シーズン1①②③

 4月24日  「プロヴァンスの贈り物」DVD ラッセル・クロウ、マリオン・コティアール主演 
            「トスカーナの休日」男性版?

         「グレイズ・アナトミー」シーズン1④⑤




 

コメント (16)   トラックバック (37)   この記事についてブログを書く
« フィクサー  MICHAEL CLAYTON | トップ | 大いなる陰謀 »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
コメントありがとうございます。 (バラサ☆バラサ)
2008-05-11 17:25:31
13歳の子、演技力半端でなかったですね。仰るとおり、彼女がアカデミー賞でよかったのでは。実は、「フィクサー」未見なんで、言い切れないのですが(笑)
Unknown (masako)
2008-05-20 00:52:03
こんばんは。
私もキーラはベッカムに恋してみたいな役の方があってると思います。令嬢っぽいイメージではないですよね~。

この映画、かなり暗いですが私はこういうの好きです。本当文学的ですよね。じんわりと心に響いてくる作品でした。
Unknown (masakoさんへ(ryoko))
2008-05-21 21:12:24
やっぱりキーラは元気印ですね。
私もこの映画好きです。
じんわり心に響くー同感です。
じわじわ、後を引くストーリーですね。
こんにちは♪ (ミチ)
2008-05-29 08:40:55
TBありがとうございました!
私も突然流れたドビュッシーの「月の光」にウットリしてました。
そしてそして、マカヴォイ氏のこと、ラッセル・クロウの灰汁が抜けた感じだな~とも思っていたのですよ(笑)
同じようなことを感じておられて嬉しくなりました。
Unknown (ミチさんへ(ryoko))
2008-05-30 01:29:03
コメントありがとうございます。
>灰汁が抜けた感じ
ピッタリですね。私も嬉しくなりました
償えるのか? (mezzotint)
2008-05-30 10:47:40
ryokoさん
コメントならびにTBありがとうございます。
一生かかって、この罪を償えるのか?さてどうなのでしょうね。彼女の中でそのことを消化できれば、少しは楽になるような気もしますが。でも起こしたことは、やはり現実として消えることはないのだと思います。まあ世の中には、それ以上に大きな罪を犯しても、それに対して意識のない方もいっぱいおられるのですから、ブライオニーが罪の重さを痛感していることだけでも救われるような気はしますね。何かまとまりの無いコメントで、すみませんm(__)m
Unknown (バサラ☆バサラさんへ(ryoko))
2008-05-31 01:00:40
コメント遅くなりすみません。
この子の上手さには驚かされますねぇ。
「フィクサー」はもうご覧にならないのですか?
Unknown (mezzotintさんへ(ryoko))
2008-05-31 01:05:16
こちらこそ、ありがとうございます。
たった一つの嘘で一生後悔し続ける…キツイですね。
彼女が自分を赦すことはないでしょう。
見ているこちらまで、胸が痛くなる気がしました。
おじゃまします (ピロEK)
2008-11-24 12:59:58
こちらにもおじゃまします。

>お姫様とか令嬢というのは・・・ちょっと

私の場合、キーラは今回のような役の方が似合ってると思うんですけどね。
「パイレーツ・オブ・カリビアン」でも、二作目以降の活発な彼女よりも、一作目のお姫様な彼女。他では「プライドと偏見」とかがキレイだと思います。「ドミノ」なんかだと無理してる感じもして。
…どちらが一般的な意見なのですかねぇ(?)

では、また来させていただきます。今後ともよろしくお願いいたします。
こんばんは (David Gilmour)
2008-12-04 22:57:38
トラバ・エコーありがとうございました。

そうですね、この映画ではタイプ音を使った音楽が印象に残りました。それと、ノルマンディー上陸作戦のシーン。観覧車やメリー・ゴーランドの焼け跡が残る場面が戦争の悲惨さを上手に表現している、と思いました。

それでは、またよろしくです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画 た行」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

37 トラックバック

つぐない (映画三昧、活字中毒)
■ テアトルダイヤにて鑑賞つぐない/ATONEMENT 2007年/イギリス/123分 監督: ジョー・ライト 出演: キーラ・ナイトレイ/ジェームズ・マカ...
★「つぐない」 (ひらりん的映画ブログ)
今週公開作は・・・ 「フィクサー」「王妃の紋章」「ブラックサイト」「ヒットマン」など・・・ 見たい作品が目白押しだけど・・・ やはり、キーラ・ナイトレイが出てる本作を初日のレイトショウで。
Atonement 「つぐない」 (表参道 high&low)
格式高いアカデミー会員が好きそうな英国産の悲恋物語がAtonement(つぐない)。 シーンの導入部分にタイプライターの音がオーバーラップする懐かしい構成と光を上手く使った映像が印象に残る秀作です。イギリス郊外のディナージャケットとシルクと煙草が残るお屋敷で、K...
『つぐない』 (2007) / イギリス (NiceOne!!)
原題:ATONEMENT監督:ジョー・ライト原作:イアン・マキューアン出演:キーラ・ナイトレイ、ジェイムズ・マカヴォイ、シーアシャ・ローナン、ロモーラ・ガライ、ヴァネッサ・レッドグレイヴ、ブレンダ・ブレッシン鑑賞劇場 : TOHOシネマズららぽーと横浜公式サイトは....
『つぐない』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「つぐない」□監督 ジョー・ライト □原作 イアン・マキューアン「贖罪(新潮社刊)」 □脚本 クリストファー・ハンプトン □キャスト キーラ・ナイトレイ、ジェームズ・マカヴォイ、ロモーラ・ガライ、シーアシャ・ローナン、ブレン...
つぐない (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
公式サイト。イアン・マキューアン原作、ジョー・ライト監督、ジェームズ・マカヴォイ、キーラ・ナイトレイ。「つぐない」をテーマにした映画としては、「君のためなら千回でも」があるけれど、あちらはかなり身勝手な贖罪であったのに対し、こちらは償い自体が叶わぬもの...
つぐない/ キーラ・ナイトレイ (カノンな日々)
「プライドと偏見」のジョー・ライト監督が再びキーラをヒロインに起用しイギリスのイアン・マキューアンのベストセラー小説「贖罪」を映画化した作品です。「シルク」はハズレな予感があってスルーしちゃったから私にとっては久しぶりのキーラ・ナイトレイ作品です。 ...
映画「つぐない」を完成披露試写で鑑賞 (masalaの辛口映画館)
 「つぐない」完成披露試写@スペースFS汐留 映画の話 1930年代、戦火が忍び寄るイギリス。政府官僚の長女セシーリア(キーラ・ナイトレイ)は、兄妹のように育てられた使用人の息子、ロビー(ジェームズ・マカヴォイ)と思いを通わせ合うようになる。しかし、小説家...
★つぐない(2007)★ (CinemaCollection)
ATONEMENT一生をかけて償わなければならない罪があった。命をかけて信じ合う恋人たちがいた。 上映時間123分製作国イギリス公開情報劇場公開(東宝東和)初公開年月2008/04/12ジャンルドラマ/戦争/ロマンス映倫PG-12【解説】英国を代表する作家の一人、イアン・マキュー....
黒い嘘、白い嘘。『つぐない』 (水曜日のシネマ日記)
嘘をついた少女が罪の重さを背負って生きる物語です。
映画 『つぐない』 (きららのきらきら生活)
  ☆公式サイト☆ブッカー賞作家イアン・マキューアンのベストセラー小説を、『プライドと偏見』のジョー・ライト監督が映画化。幼く多感な少女のうそによって引き裂かれた男女が運命の波に翻弄(ほんろう)される姿と、うそをついた罪の重さを背負って生きる少女の姿が...
『つぐない』 (Sweet*Days**)
監督:ジョー・ライト CAST:キーラ・ナイトレイ、ジェームズ・マカヴォイ、シアーシャ・ローナン 他 ゴールデングローブ賞 作品賞、...
「 つぐない / Atonement (2008) 」 (MoonDreamWorks★Fc2)
【つぐない】2008年4月12日(土)公開 監督 : ジョー・ライ...
つぐない (映画通の部屋)
「つぐない」ATONEMENT/製作:2007年、イギリス 123分 PG-12
映画「つぐない」を観ました。2008年42本目 (Aspiring Bobby-dazzler Starlet)
ジャンル : ドラマ 製作年 : 2007年 製作国 : イギリス 主演;キーラナイトレイ 第2次大戦直前のイギリス。官僚の娘で13歳のブライオニーは将来作家になることを夢見ていた。 姉のセシーリアと使用人の息子との関係に不信感を持ったブライアンは、ある夜起こった事件...
『つぐない』 (千の天使がバスケットボールする)
予告編ですっかりその映像に魅せられて、指おり数えて公開を待っていた映画『つぐない』。 それは、期待以上の極上の恋愛映画だった。 1935年の夏の盛り、英国の田園地帯にある政府官僚の屋敷。ケンブリッジ大学を卒業して帰省したセシーリア(キーラ・ナイトレイ)は...
つぐない (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★★  ”無邪気な悪意”が招いた運命の贖い  
つぐない (Akira's VOICE)
思い込みの嘘は自分を苦しめる。  
つぐない (心のままに映画の風景)
1935年、イングランドの政府官僚ジャック・タリスの屋敷。 小説家を夢見る13歳のブライオニー(シアーシャ・ローナン)は、 夏の休暇で帰省...
『つぐない』 (めでぃあみっくす)
タイプライターを叩く音を効果的に用いた音楽、13歳の少女の無垢なるゆえに犯した一つの過ちによって引き裂かれた恋人たち、そしてその過ちに生涯苦しみ続ける一人の女性の半生。上映中2時間椅子が軋む雑音さえこの映画に対して失礼だと思えるくらいに美しく、切なく、そ...
つぐない (サムソン・H・トマトマスバーガーの限りなく映画)
[[attached(1,center)]] 1930年代、戦火が忍び寄るイギリス。 政府官僚の長女セシーリア(キーラ・ナイトレイ)は、兄妹のように育てられた使用人の息子、ロビー(ジェームズ・マカヴォイ)と想いを通わせ合うようになる。 しかしながら、小説家を目指す多感な妹...
真・映画日記『つぐない』 (          )
JUGEMテーマ:映画 4月14日(月)◆775日目◆ 毎月14日は「TOHOの日」。 東宝系の映画館は1000円で映画が見られる。 となると、シネコンの「TOHOシネマズ」のみで適応だと思っている人が多いだろう。 この「TOHOの日」のサービスは日比谷の「シャンテシネ」でも...
つぐない (ダイターンクラッシュ!!)
5月9日(金) 19:00~ キネカ大森2 料金:0円(キネカ大森ポイント使用) パンフレット:800円 『つぐない』公式サイト 第二次大戦頃。イギリスの上流家庭の姉妹、そこの家政婦の息子の青年の物語。青年と姉は良い仲になるが、妹の誤解というか嫉妬で、離れ離れに...
『つぐない』 (・*・ etoile ・*・)
'08.04.19 『つぐない』@テアトルタイムズスクエア 「第二次大戦中のイギリス。政府高官の娘ブライオニーは小説を書くのが好きな夢見がちな少女。家政婦の息子ロビーと密かに愛し合う美しい姉セシーリア。ブライオニーは2人の仲を衝撃的な形で知ってしまう。そして彼女...
『つぐない』 @シャンテシネ (映画な日々。読書な日々。)
第二次世界大戦前夜、夏のイングランド。政府官僚の娘で未来の大作家を自負する13歳のブライオニーは、大学を卒業したばかりの姉セシーリアと使用人の息子で幼なじみのロビーのただならぬ関係を察知し、ロビーへの警戒心を抱く。そして事件は起きる。ブライオニーの嘘の証...
少女は嘘を吐いたのか? (CINECHANの映画感想)
107「つぐない」(イギリス)  1935年夏、イングランド。政府官僚ジャック・タリスの屋敷では小説家を夢見る末娘ブライオニーが、休暇で帰省する兄と友人を自作の劇で歓待しようと準備に追われていた。一方大学卒業後の身の振り方が定まらず鬱屈した日々を送る姉...
映画 【つぐない】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「つぐない」 イアン・マキューアンの小説「贖罪」を『プライドと偏見』のジョー・ライト監督が映画化。 おはなし:1930年代、戦火が忍び寄るイギリス。政府官僚の長女セシーリア(キーラ・ナイトレイ)は、兄妹のように育てられた使用人の息子、ロビー(ジェ...
つぐない:幼き少女の証言によって、二人の人生は狂う!! (銅版画制作の日々)
 一生をかけて、償わなければならない罪があった。 命をかけて信じあう恋人たちがいた・・・・・。   5月9日、「ハンティング・パーティ」 鑑賞後、「つぐない」を鑑賞しました。こちらは、女性客が9割くらい占めていました。やはり女性に人気があるようです...
つぐない (利用価値のない日々の雑学)
タイトル(邦題「つぐない」、原題atonement「償い・贖罪」)からして、どうなるか結末が見えてしまうのは上映以前に残念ではあるが、妹なりの始末の仕方には感動。このラストのために考えられたタイトルであるのなら可也凝っていると賞賛するし、同時に本作品は全編...
つぐない(2007年・英) (SCARECROW'SROOM)
★「罪」は誰が許すものなのでしょうか?★『嫉妬』という感情が何歳ぐらいで芽生えるか…ともすれば大人の専売特許のように思われがちなこの感情は(もちろん本人はそんな意識はないにしても)相当に幼い頃から持ち合わせる厄介な感情の一つじゃないかと思います。そして...
つぐない [監督:ジョー・ライト] (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
テクニックと戯れる映画作家の業。
【映画】つぐない…昼メロだなんて誤解していて申し訳ないm(__)m (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
{/kaeru_fine/} 最近「楽市楽座」のコマーシャルにスザンヌが出演しているのを発見{/ee_3/}したピロEKです。 実は今日の「つぐない」の記事、随分前に9割方書き終えていたのですが(「ハンコック」よりも前に)、鑑賞順でまず「ハンコック」の記事をアップ。で、その後...
「つぐない」 (シネマ・ワンダーランド)
第1作「プライドと偏見」(2005年)で世界の注目を集めた英国若手監督ジョー・ライト(1972年~)が07年、2作目としてイアン・マキューアンの小説「贖罪(しょくざい)」を映画化した大河ロマンス「つぐない」(英、123分、ユニバーサル映画配給)。この映...
映画「つぐない」 (Andre's Review)
atonement 2007年 イギリス・フランス マキューアンの原作を読んだときから(正確には読む前からですが)、ずっと観たかった映画版。時間がうまく合わなかったりで劇場公開を逃し、ようやく観ることができました。 時は1935年のイギリス。空想が好きで小説を書くのが...
mini review 08355「つぐない」★★★★★★★★☆☆ (サーカスな日々)
ブッカー賞作家イアン・マキューアンのベストセラー小説を、『プライドと偏見』のジョー・ライト監督が映画化。幼く多感な少女のうそによって引き裂かれた男女が運命の波に翻弄(ほんろう)される姿と、うそをついた罪の重さを背負って生きる少女の姿が描かれる。運命に翻...
『つぐない』 (『映画な日々』 cinema-days)
つぐない 妹が嫉妬から偽証で、姉の恋人を投獄 5年後、罪に気付き贖罪に奔走するが 時既に遅く、二人の時間を取り戻す事は出来なかった... ...
【DVD】つぐない (新!やさぐれ日記)
▼状況 レンタルDVDにて ▼動機 劇場鑑賞時に発作発生 ▼感想 事実を伝えることが本当のつぐない ▼満足度 ★★★★★☆☆ なかなか ▼あらすじ 1930年代、戦火が忍び寄るイギリス。政府官僚の長女セシーリア(キーラ・ナイトレイ)は、兄妹のように育てられた...